•  
  •  
  •  
    駐大阪・神戸米国総領事館領事による「キャリアデザイン」の特別授業を実施
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

駐大阪・神戸米国総領事館領事による「キャリアデザイン」の特別授業を実施

 キャリア支援センター井上省三副センター長の講義,教養基礎科目「キャリアデザイン」の特別授業を,11月19日(火)に柏原キャンパスで実施しました。
 特別講師として,駐大阪・神戸米国総領事館より首席商務領事ジェイ・ビッグス氏,同商務アシスタント藤岡哲子氏が登壇し,学部生1,2回生を中心とした受講生約150人に向けて「米国総領事館・商務部におけるインターンシップのご紹介」と題して講義を行いました。
 ジェイ氏は,自身の日本留学経験やインターンシップ経験から,JETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業)で群馬県の中学校で英語教師をした際,担任の先生が問題を起こしがちな生徒に向き合い,結果,無事に中学校を卒業させたこと,その先生の仕事ぶりに大変感動したことなどのエピソードを振り返りながら,「そのような素晴らしい教育を受けることができる日本の学生はとてもラッキーだ」と話しました。学生からは,「外交官になるには何か資格,修了証,語学修了証など必要ですか?」「外国人との会話において,文化,政治など,センシティブな話題についてはどのように質問すればよいですか?」「(商務部が様々な商材・サービスの対日輸出促進を行うといった説明に対し)外交官は,それら産業すべての専門知識がないといけないのですか?」などの質問がありました。
 続けて,藤岡氏からの同領事館商務部インターンシップについての詳細説明と領事館学生インターンシップ生による,インターンシップ体験談があり,受講生からは「インターンシップを始める前と現在で変わったことは何ですか?」「実際にインターンシップに来ている学生の英語スコアの平均は?」「インターンが従事する仕事の内容は?」など,活発に質問が飛び交いました。
 キャリアデザインの授業では自分らしく生きるため,自身の個性・価値観,多様な働き方等を知り,そのために「今」大学ではどう過ごしていくのか,将来をどう過ごしていくのか,を考える機会を持つことを目的としています。井上副センター長は「今後も,様々な業界の方を特別講師としてお招きし,それぞれのお話を聞きながら,自身のキャリア形成について考える授業を行っていきたい」と抱負を語りました。

講演を行うジェイ氏
講義を行う藤岡氏

(学生支援課)