Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

こまめな手洗いで感染症対策 附属池田中に手洗い場を増設

 本学附属池田中学校に手洗い場を増設しました。これまで,同中学校の校舎には,各階の男女トイレの手洗いのほかには,屋外にしか手洗い場がなく,場合によっては雨の日にも濡れながら屋外の手洗い場を使用していた生徒も少なくありませんでした。今回,新型コロナウイルス感染症対策として適切に手洗いを実施するためにも,2階建ての校舎各階に合わせて5か所,それぞれに多人数で一度に使用できる手洗い場を増設したものです。
 増設は6月下旬に完了し,昼食前には新しい手洗い場を嬉しそうに使用する生徒たちの様子が見られるようになりました。生徒からは,「教室から近いところにできて,すごく便利になりました」「今まで校舎内にはトイレにしかなかったので,トイレ以外の場所に手洗い場が出来て嬉しいです」「手洗いができるので,新型コロナウイルス対策になるし安心です」などの感想が聞かれました。
 古川ルミ副校長は,「昼食前に手を洗うのが当たり前とされる学校現場で,これらの設備をきちんと整えたことは,子どもたちの安心・安全を守るための第一歩であると改めて実感しました。追加増設により,生徒たちはコロナ対策のための手洗いをこれまで以上に心掛けて実施しやすくなりました。学校は安全な場所であるという概念が崩れつつある現代社会において,いかに子どもたちの生命を守るべきなのか。今回のコロナ禍というような非日常的な事態に遭遇して初めて知ることも多いと思います。そのような中,今回の整備は,ただ単に手洗い場を増設したというだけではなく学校安全の原点を再認識させられる対策でありました」と語りました。引き続き下足場にも増設,7月初旬にも完了の予定です。

増設された手洗い場で利用する様子

(附属池田中学校)