•  
  •  
  •  
    クロスアポイントメント制度始動 外部人材による研究活動と産学官連携推進へ
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

クロスアポイントメント制度始動 外部人材による研究活動と産学連携推進へ

 株式会社オージス総研とクロスアポイントメント制度に関する協定を締結し,同協定に基づき,令和2年7月1日付けで,安松健(やすまつ けん)氏を特任准教授として採用しました。
 クロスアポイントメント制度とは,研究者等が大学,公的研究機関,企業の中で,二つ以上の機関に雇用されつつ,一定の従事比率(エフォート)管理の下でそれぞれの機関における役割に応じて研究・開発及び教育に従事することを可能にする制度で,研究者等の人材が組織の壁を越えて活躍することを通じて,企業の研究や技術と大学の研究の橋渡し機能が強化されることが期待されるものです。本学においては,この制度で企業等から採用した人材が,所属する企業の最先端研究の知見を研究や講義などの学部・大学院教育で展開することで,専門性の強化とともに,教員養成大学としての産学連携の新たな可能性の追求にも資するものです。
 今回,本学で同制度において初めて採用した安松特任准教授は,理数情報教育系に所属し,主に「エビデンスに基づく教育手法・カリキュラム等の開発」の教育研究に従事します。また,附属学校改革に関わるプロジェクトのうち,データを活用した教育の質改善プロジェクト「教育分野へのAI活用可能性の探求」について,本学の取り組みを踏まえその更なる発展につとめ,附属学校にエビデンスに基づく新たな教育手法を獲得するための技術アドバイスも行う予定です。このほか,来年度からは,改組予定の大学院教育学研究科(修士課程)の授業も担当する方向で準備を進めており,今後の活躍が期待されます。
 安松特任准教授は,「AIは理数系だけのものではありません。誰しもがAIを使う時代,文系人材が,人文社会科学としてAI技術活用を学習することこそが必要です。そうした教育開発を協働実践していきたいと思います」と本学での教育研究活動に向けて抱負を述べました。

前列中央右が安松教授 左が栗林学長
懇親会の様子

(人事課)