Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

グローバルセンターがオンラインで留学説明会を開催

 グローバルセンターが交換留学と短期留学に関する在学生向け説明会を7月15日(水)にオンライン実施し,留学に関心を持つ学生30人以上が参加しました。
 第一部では,グローバルセンターの中山あおい教授が,本学の交換留学制度に関する説明を行いました。また,欧米言語文化専攻(現英語コミュニケーションコース)の金田和也さんがフィンランドの協定校オーボ・アカデミー大学への留学について発表しました。金田さんは「目的意識を強く持ち,留学目的を明確にすることが大切だと思う」と留学成功の秘訣を話しました。台湾の協定校台湾師範大学に留学した芸術専攻(現芸術表現専攻)の油田珠子さんは,事前収録したインタビュー動画で登場し,台湾での生活の様子や自身の専門である書道における台湾と日本の教授法の違いなどについて語りました。
 第二部では,グローバルセンターで学生の海外派遣を担当する英語教育部門の橋本健一准教授が夏休みと春休みの短期海外研修について紹介しました。その後,教職大学院の首藤紗果さんがこの研修先のひとつであるスイス・ジュネーブ大学の観察実習に参加した体験について発表しました。
 オンライン開催ならではの試みとしては,オーストラリア・ブリスベンから,協定校クイーンズランド大学付属英語学校(ICTE-UQ)のIan Glidden(イアン グリデン)氏が参加し,夏休みと春休みに実施している同大学での語学研修及びコロナ禍における新たな様式であるオンライン研修プログラムについて紹介しました。
 参加した学生からは,「実際に交換留学した方の話が聞けてとても良かった」「より留学意欲が高まった」といった感想が寄せられました。
 グローバルセンターの橋本准教授は,「コロナ禍により,なかなか対面での留学相談等が実施できない状況ですが,グローバルセンターでは今後もICT等を活用し,留学や国際交流に関心を持つ学生への情報提供を行っていきます」と語りました。

グローバルセンターによる交換留学の説明の様子
オーストラリア・ブリスベンから参加したIan(イアン)氏

(グローバルセンター)