Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室

連合教職大学院生が学術集会で実践課題研究の成果を発表

 本学連合教職大学院生らが,日本養護教諭教育学会第28回学術集会に参加し,実践課題研究の一部について成果を発表しました。
同学術集会は,10月10日(土)11日(日)にオンライン上で開催され,令和2年度援助ニーズ教育実践コースM2の現職養護教諭である藤嶋祥子さんと吉兼千尋さんが参加しました。
 複数に分かれていた一般演題発表会場のうち,院生らの会場には最大80名程度の方が参加されていました。スライドを用いた口頭発表後に行われた質疑応答では,現職養護教諭や学識者の参加者から,発表内容へのコメントをいただきました。また,現職教員ならではの実践研究の内容は,学術集会における別のプログラムでも話題となりました。
 学術集会終了後,同院生の指導を担当する高度教職開発部門の平井美幸講師は,「このように,連合教職大学院生が実践課題研究の一部を学術的に発表することは,とても困難なことです。お二人は,現職教員としての業務と連合教職大学院でのカリキュラムの課題等に加え,ひたむきに努力を積み重ねてこられました。本学連合教職大学院における実践課題研究は,2年間の学校実習を通じて学校教育活動の発展を目指し取り組むものですが,その成果は,全国各地の教育実践へとつながり,ひいては,学術的な知見をもたらす可能性もあると思います。」と,連合教職大学院生が取り組む研究的実践の価値を語られました。
 学術集会に参加した院生の藤嶋さんは「学術集会でご指摘いただけたことがとてもありがたかったです。今は実践課題研究報告書を作成しているので,ご指摘いただいたことを生かしていきます。」,吉兼さんは「全国の養護教諭の先生方と意見交換したことで,自分の実践課題研究の意義を再認識することができてよかったです。」と感想を述べました。

*
*

(天王寺地区総務課)