Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

令和3年度教員免許状更新講習をオンラインで開設

 本学は,新型コロナウイルス感染症対策の観点から,今年度の教員免許状更新講習(必修講習,選択必修講習,選択講習のすべて)を独自講習としてWeb上で開設し,オンデマンド型で実施する必修講習と選択必修講習を皮切りに 7月20日(火)からスタートしました。公開初日には,更新講習を担当する岡本幾子理事・副学長,更新講習実施専門委員会の高橋登委員長や関係者が集まり,コンテンツが無事に公開されたことを見届けました。
 ライブ型で行う選択講習は7月22日(木)から8月23日(月)の期間で実施し,履修認定試験も終了しました。この講習を終えた受講者からは,「とても勉強になった。生徒に還元する方法を模索したい」という声や「指導書を読んでも分からず困っていたところ,授業構想を考える上でとても役立つ講習だった」との感想が寄せられました。
 また,現在も受講期間が続いている必修講習と選択必修講習については, オンデマンド形式で9月10日(金)まで開設しており,受講生はすべての講習を修了した後,9月11日(土)~15日(水)の間に,特例措置として認められた郵送での履修認定試験を受ける予定です。

 今年度提供している各講習のコンテンツは,本学教員が作成したもので,教職に求められる専門的な知識を学び,近年の教育課題について深く考えられる内容となっています。また,今回のオンデマンド型講習の一番の特徴は,講習修了時に履修完了バッジが発行されることです。講習の進捗状況を,システム上で講習開設者と受講者が互いに確認できる体制が整えられており,最後に講習受講が完了した証明として,バッチが付与されます。このバッジの仕組みについて,本学は「指定された講習を,誰が,いつ,どの講習を受講した」など教員研修管理にも繋がるものとして,現在の更新講習が多目的な教員研修に移行した場合にも対応できるシステムだと期待しています。

*

オンデマンド型講習修了時にシステム上で発行される

 なお,本学はKAGAC(℮ラーニング教員免許状更新講習推進機構)においても専用コンテンツを提供しています。

川端入試アドバイザーによる講義の様子

2021年8月31日掲載
(学術連携課)