•  
  •  
  •  
    附属高等学校天王寺校舎の生徒が日本弁護士連合会主催の模擬裁判選手権で金賞
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

附属高等学校天王寺校舎の生徒が日本弁護士連合会主催の模擬裁判選手権で金賞

 附属高等学校天王寺校舎の生徒が,8月7日(土)にオンラインで開催された日本弁護士連合会主催「第14回高校生模擬裁判選手権」の本選に出場し,金賞を受賞しました。今回の選手権は,まず関西ブロックでの予選で18校の中から7校が選出され,本選に出場した全国30校の中から6校が金賞を受賞しました。メンバーは同校1年生の松岡真音(まつおかまい)さん(代表),青山昌幸さん,今井優那さん,今西直也さん,植田彩江さん,西田大賀さん,山足尚幹(やまあしなおき)さん,吉田悠人さんの8名です。
 模擬裁判選手権とは,日本弁護士連合会が主催する大会で,1つの事件をテーマに,各参加校が検察チーム・弁護チームを組織し,法律実務家(弁護士・検事)の支援を受けながら,生徒自身の力で論点を見つけ,整理し,証人尋問・被告人質問・論告弁論を行うというものです。今回は「収賄罪」がテーマでした。
 受賞した生徒からは「弁護士さんや検事さんの指導を受ける中で,授業では知ることができないことをたくさん学べました」,「論理的な文章の構成力が身についたのはもちろん,裁判に関する基礎知識を知って司法に興味が湧きました」,「弁護士や検察官といった職業を身近に感じることで,将来の職について深く考える機会にもなりました」,「事務作業や環境整備などを行いつつ,メンバーのフォローもしていくのは大変でしたが,リーダーシップを培うことができました」などの感想が寄せられました。

参加者に実験方法の説明をする様子
Zoom上で実験を実演する様子

2021年8月27日掲載
(附属高等学校天王寺校舎)