•  
  •  
  •  
    電子黒板の活用について「デジタル教科書活用法研修会(第3回)」を全学FD事業として実施
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

電子黒板の活用について「デジタル教科書活用法研修会(第3回)」を全学FD事業として実施

 全学FD事業(*)「デジタル教科書活用法研修会 -第3回:電子黒板の基本操作と活用法-」を,8月26日(木)にZoomを使用して開催しました。本研修は,本学と包括連携協定を令和2年9月に締結したエプソン販売株式会社の協力のもと開催したもので,非常勤講師を含めた本学の教員約60人が参加しました。
 この事業は,本学数学教育部門の上出吉則特任教授のコーディネートのもと,デジタル教科書の特徴的な機能等を紹介し,先行する活用事例を広く共有することで,ICTを活用した授業づくりに関する理解を深めてもらうことを目的に実施するものです。第1回及び第2回では,デジタル教科書の基本的な動作や講義での活用事例等を共有し,今回は,デジタル教科書をより効果的に授業で活用するために,連携して使用できる大型提示装置(電子黒板)を紹介しました。
 上出特任教授による司会進行のもと,エプソン販売株式会社 ビジネス業種企画部 部長 吉岡敬二氏からの挨拶のあと,同社 板谷由希子氏が,学校におけるICT環境(電子黒板)の整備状況や電子黒板の基本操作と活用法について説明しました。
 続いて,同社 青柳詩織氏が,電子ペンで直接PC画面やデジタル教科書を操作できる電子黒板を用いたデモンストレーションを実施し,基本的な操作方法から始まり,ホワイトボード機能への切り替え,ペンツールの使い方,ツールバーの便利機能などについて解説しました。
 最後に,本学学術情報課の井上敏宏課長が,「附属図書館(柏原本館)における電子黒板活用方法」と題して,本学の柏原キャンパス内に設置している電子黒板の設置場所や,利用する際の申込方法について説明し,さらに操作方法の案内サイトについて紹介しました。
 終了後,参加者からのアンケートでは,「パソコンやデジタル教科書との親和性を活かして,様々な活用方法が期待できる」,「最新の電子黒板について,基本的な操作方法の理解が深まった。電子黒板が設置されている図書館で,早速試してみたい」,「ペンをつかって図形をトリミングして動かすことができる機能は便利だと感じた。授業でも活用していきたい」などの感想が寄せられました。

*FD(ファカルティディベロップメント)は,大学教員の授業内容や教育方法を改善し向上させるための取組

*
*

2021年9月7日掲載
(教務課)