「デジタル教材開発活用サイクルによる新しい教育の展開」プロジェクト報告会のご案内

チラシ
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

「デジタル教材開発活用セミナー —大阪教育大学『デジタル教材開発活用サイクルによる新しい教育の展開』プロジェクト報告会—」が開催されます。

【プログラム】
 1.大阪教育大学のデジタル教材プロジェクトの概要
   ・小学校英語におけるPodcast教材(吉田晴世)
   ・附属平野中学校の教材デジタル化プロジェクト(山田雅弘)
   ・音楽科におけるデジタル教材の活用(寺尾正)
 2.デジタル教材のデモンストレーション
 3.招待講演
   「デジタル教材の過去・現在・未来」
    山内祐平 氏(東京大学大学院情報学環)
 4.パネルディスカッション
   〜デジタル教材から電子教科書へ〜
    進行:木原俊行(大阪教育大学)
    パネリスト:
     山内祐平(東京大学)
     田中龍三(大阪教育大学)
     前田康裕(熊本市教育センター)
     石田興三(三省堂英語教科書編集部)

日時:平成23年1月8日(土) 13:00〜17:00(12:30受付開始)
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス中央館2階 214・215教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。 [キャンパスマップへ
定員:100名(先着順)
    ※定員に達しましたので,受付を終了します。
     お申し込みどうもありがとうございました。

参加費:無料
申込方法:申込フォームに必要事項を明記し,メールにてお申し込みください。
       申込フォーム(テキスト形式)
       ※リンクを右クリックしてファイルを保存し,メールに添付してください。
締め切り:12月25日(土)
申し込み・問い合わせ:ict@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

 
「デジタル教材開発活用サイクルによる新しい教育の展開」プロジェクトとは:
 学校へのコンピュータやネットワークの導入が進んでいますが,授業の中で先生や子どもたちがこれらのICT環境をどう活用するかという点については多くの課題があります。また,最近では「電子教科書」の導入をめぐって活発な議論が活発に行われています。
 これらの課題を解決するためには,普通の授業で簡単に使えるデジタル教材の開発とその実践的活用方法の普及が鍵だといわれています。大阪教育大学では幅広い分野における研究成果を活かしたデジタル教材の開発と活用を組織的に展開するためのプロジェクトを開始しました。
 今回はまだそのスタート段階の報告になりますが,今後,継続してデジタル教材の開発と情報の発信を進めていきますので,多くの皆様のご意見をお待ちしております。

・大阪教育大学デジタル教材アーカイブ
 http://www.ict.osaka-kyoiku.ac.jp/wrdc/

投稿者:   日時:10:07 | パーマリンク

「アンサンブル・ダッフォディル リサイタル」開催


↑クリックするとPDFファイルが開きます。

リーガロイヤルホテルのチャペルコンサート Rの音楽会で「アンサンブル・ダッフォディル リサイタル」が開催されます。

<予定曲目>
 『ミサ・ブレヴィス ニ長調』/ブリテン
 『クリスマスの4つのモテット』より/プーランク
 アヴェ・マリア/カッチーニ
 ひいらぎ飾ろう,ジングルベル
<演奏>
 指揮:寺尾 正(本学教員)
 コーラス:アンサンブル・ダッフォディル

日時:2010年12月25日(土) 受付18:30 開演19:00
場所:リーガロイヤルホテル ザ・クリスタルチャペル
   大阪市北区中之島5-3-68
入場料:3,500円(自由席)
お問い合せ:リーガロイヤルホテル宴会予約課 TEL:06-6441-1431

 
アンサンブル・ダッフォディル:
 1996年結成。大阪教育大学 寺尾正の指導のもと,学部生,院生,卒業生他より構成。女声での活動に加え,2008年より混声での活動も行なっている。これまでに宝塚国際室内合唱コンクールで度々入賞。リサイタルの他、各地で演奏会に出演し,施設や学校等でのボランティア演奏も行っている。

寺尾正教授プロフィール

投稿者:   日時:13:20 | パーマリンク

柏原市・大阪教育大学提携芸術文化プログラム「第九交響曲」


↑クリックするとPDFファイルが開きます。

柏原市・大阪教育大学提携芸術文化プログラム,地域文化芸術進行プラン推進事業「第九交響曲」が12月19日(日)にリビエールホールで行われます。

<曲目>
 ベートーヴェン 交響曲第九番ニ短調作品125「合唱付」
<演奏>
 指揮:ヤニック・パジェ
 ソプラノ:浦田恵子
 アルト:村井優美
 テノール:皆木信治
 バリトン:藤村匡人
 管弦楽:大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コースオーケストラ
 合唱:大阪教育大学第九を歌う会,柏原市第九を歌う会

日時:平成22年12月19日(日) 開場13:15/開演14:00
場所:リビエールホール 大ホール
    大阪府柏原市安堂町1-60
入場料:前売券1,500円 当日券1,800円(全席自由席)
     ※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
お問い合わせ先:柏原市民文化会館(リビエールホール)
            TEL 072-972-6682

主催:柏原市民文化会館市民劇場委員会
    柏原市教育委員会

協力:大阪教育大学
    柏原市第九を歌う会
    柏原市民文化会館

投稿者:   日時:13:35 | パーマリンク

公開講座「彫刻制作に挑戦しよう!」の制作発表展が開催

DM  橋本孝正さんの作品「タックとドラゴン」
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

美術教育講座加藤可奈衛准教授が講師を務めた公開講座「彫刻制作に挑戦しよう!」の制作発表展が,下記の日程で開催されています。

日時:2010年11月15日(月)〜26日(金)
   平日 8:45〜19:00 / 20日(土) 10:00〜16:00
   《初日の15日は16時から,最終日の26日は16時迄》
場所:柏原キャンパス附属図書館地下 たまごギャラリー
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
お問い合わせ先:美術教育講座 加藤可奈衛
   電話:072-978-3730  メール:tyosoken@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

【出展者】
 青山充夫・野本裕之・伊庭典子・橋本孝正・瓜坂捷司・宮井幸男・苧坂正樹・山口幹夫

【受講生代表:橋本孝正(奈良市在住) コメント】
 2009年2月のある日,たまたま公民館で大阪教育大学・公開講座プログラムを見て「あっ!」と叫んだのでした。20代最後の年に観たルーブル美術館の大理石彫像群に魅せられて以来,50年越しの「大理石を彫りたい」という思いが遂に叶えられる,それが加藤可奈衛先生の「彫刻制作に挑戦しよう!」でした。
 開講までの数ヶ月,スケッチ・三面図の作成,彫刻参考書・美術書の読み込みなど事前に出来ることに没頭し,一回目の講座で迷うことなく「素材は石で」と希望しました。限られた回数の講座ではとても無理との助言でしたが,なんと受講生五人が石彫。なにせこちらは50年越しの意気込みですから,講師も根負けしてOK となりました。
 石の切り出しから始まって,墨入れ,荒彫りと酷暑の中,100kgのイタリア産大理石を相手に大汗流して制作に励みました。講座終了後には自宅へ持ち帰って,細削り,仕上磨き,そして台座模様も彫り付けた初作品「ある青年,10年後の肖像」は翌年1月に美術棟ピロティにおいて無事展示することができました。
 強い陽射しにキラキラ輝く石の肌と向き合い,鑿を打ち,胸像に選んだ彼と対話したこの半年間は,喩えようのない心豊かな時間でありました。
 その後さらに磨きあげたうえ,2010年度の奈良県展覧会・審査に搬入しておいたところ,入選・入賞となりました。芸術の秋,正倉院展・遷都1300年記念祭でにぎわう奈良で展覧会ということもあって,多くの友人・知人が来場・鑑賞してくれ,旧交を暖めるという余禄がありました。彫刻・工芸部門の展示室には素敵な作品が並んでおり,実情を知らず応募したのは浅はかだったかなぁと反省しきりでしたが「完璧ではないが70歳にしてこの努力,負けないで励まないと・・・」との講評があったと聞き,それなりの刺激剤になったのかと思っています。
 お蔭様で今年の公開講座(2回目)にも参加できて,再度100kg大理石像に挑戦しています。近々,柏原キャンパスで制作発表展が開催されますので,ご観覧いただければ幸甚です。

投稿者:   日時:13:57 | パーマリンク

公開シンポジウム「学校現場における子ども虐待への取り組み」のご案内


↑クリックするとPDFファイルが開きます。

大阪教育大学大学院授業『子どもの発達と環境』の公開シンポジウム「学校現場における子ども虐待への取り組み」が下記日程で開催されます。

 『11月の「児童虐待防止推進月間」にあたり,小学校,中学校,高等学校の先生方をお招きしてシンポジウムを開催することにいたしました。
 教育現場において,先生方が子どもの虐待問題にいかに向き合い,どのような工夫をしておられるのか,また何に困難を感じておられるのか等を語っていただくことを通して,これから教育現場に出て行く受講生達が,より具体的に学校現場での教育実践の問題として,子ども虐待を考察する手がかりを得ることができればと考えております。
 また,本シンポジウムを,子ども虐待問題に関心を抱く受講生以外の学生,学内の教職員や小中学校高校等の先生方にも公開することで,学校における子ども虐待問題への取り組みを,より広く共有し,語る場にしたいとも考えています。
 多くの先生方の参加をお待ちしております。』

日時:2010年12月18日(土) 13:30〜16:30(受付13:00〜)
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス中央館 214教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。 [キャンパスマップへ
参加費:無料
申し込み:不要
定員:80名(先着順)

【内容】
 13:30〜15:00  シンポジウム「学校現場における子ども虐待への取り組み」
  <シンポジスト>
   小学校から   佐伯光子教諭(西宮市立鳴尾東小学校)
   中学校から   斎藤博英教諭(島本町立第二中学校)
   高等学校から 田吹和美教諭(大阪府立今宮工科高等学校)
 15:15〜16:30  意見交換とまとめ
  <指定討論者>
   島 善信(大阪教育大学教職教育研究開発センター)
  <コーディネーター>
   岡本正子(家政教育講座)・鈴木真由子(家政教育講座)

企画・授業担当者:大阪教育大学子ども虐待防止研究会
            (岡本正子・北口和美・上田裕美・二井仁美・鈴木真由子)

お問い合わせ:家政教育講座 岡本 正子
          TEL 072-978-3409
          mokamoto@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:13:14 | パーマリンク

大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース 第54回定期演奏会を開催

ポスター
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コースの第54回定期演奏会が11月29日(月)に開催されます。

<プログラム>
 〜ドイツ音楽の夕べ〜
  ・シューマン
   女声合唱のためのピアノ付き6つの叙情歌
    I巻 作品69より 「礼拝堂」
   女声3部とピアノのための3つの歌曲
    作品114 「挽歌」「トリオレット」「格言」   他
  ・シューマン
   マンフレッド序曲 作品115
  ・R.シュトラウス
   交響詩「ドンファン」 作品20
  ・ブラームス
   交響曲第4番ホ短調 作品98
[指揮]
 太田 務,ヤニック・パジェ
[合唱・管弦楽]
 教養学科芸術専攻音楽コース

日時:2010年11月29日(月) 開場18:30/開演19:00
場所:いずみホール
   大阪市中央区城見1−40−70 住友生命OBPプラザビル
入場料:1,000円(当日指定・18時より座席引換え)
お問い合わせ先:
TEL/FAX 072-978-3718
E-mail haruchan@cc.osaka-kyoiku.ac.jp(中務研究室)

主催:大阪教育大学教養学科芸術講座(音楽)
後援:音楽コース後援会・読売光と愛の事業団

芸術専攻音楽コースのHP

投稿者:   日時:9:22 | パーマリンク

「6年制教員養成をどうとらえるか」シンポジウム開催のご案内

チラシ
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

日本教育大学協会近畿地区教育学部門主催シンポジウム「6年制教員養成をどうとらえるか」が下記日程で開催されます。

『現在、中央教育審議会では、「教員の資質向上方策の検討に当たっては、教員免許制度と教員養成・採用・研修の各段階を通じた一体・総合的な取り組みが行われるようにすることが必要」という認識の下に、「教員の資質能力向上」について多様な論点を含んだ議論が展開されています。日本教育大学協会近畿地区教育学部門では、このような状況のなかで、とくに「教員養成6年制」に焦点を当てて下記の内容のシンポジウムを企画しました。参加費は無料ですので、ふるってご参加いただけますようご案内申し上げます。』

<内容>
 (1)本シンポジウムの趣旨説明
 (2)提案
    船越 勝(和歌山大学)
     「教大協教育政策特別委員会での議論から」
    榊原 禎宏(京都教育大学)
     「『教員養成6年制』を考える−実践的な指導力と教員養成」
 (3)討論
    司会:米川 英樹(大阪教育大学)

日時:2010年11月20日(土) 13:30〜
会場:大阪教育大学天王寺キャンパス中央館会議室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。 [キャンパスマップへ
申し込み:不要
お問合せ:大阪教育大学学校教育講座 久田敏彦
       TEL/FAX 072-978-3456
       hisada@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:10:24 | パーマリンク