大阪教育大学基金

ご挨拶 ご支援のお願い

国立大学法人大阪教育大学長 栗林澄夫

国立大学法人大阪教育大学長
栗 林 澄 夫
2020年9月

 大阪教育大学は、1874年(明治7年)5月に設置された教員伝習所をその起源とし、140年の歴史と伝統を有する我が国有数の先導的な教員養成系大学です。教育の充実と文化の発展に貢献し、とりわけ教育界における有為な人材の育成に貢献してきました。現在、在籍している学生は約4300人、附属学校園の児童・生徒は約4500人を数え、本学を巣立った人材は、教育界をはじめ様々な分野で活躍しております。

 日本の高等教育機関に対する公的支出は、OECD諸国の中で低いレベルにあり、国立大学法人に対する国の支援も年々厳しさを増してきております。また、Society5.0の時代を生き抜くための教育的課題がたくさんあります。そういった教育的課題を真っ向から取り組み解決するためには、充実した教育研究環境と安定した財政基盤が必要不可欠です。そのためこれまでの本学の歴史と伝統を絶やすことなく、世界に有益な人材を輩出するために、「大阪教育大学基金」を創設しています。

 本基金が目指す第一の目標は、附属学校園を含む学生の修学支援です。そして、その上で進展しつつあるグローバル化に対応するため、学生が国際的な場で活躍できる能力を身に着けていけるよう附属学校段階からの学習支援を行います。

 とりわけ、新型コロナウイルス感染の世界的な脅威により、経済的に困窮する学生が増加し、そのことを理由に修学を断念することなく、安心して学業に専念できるよう支援を行います。

 さらに、よりよい学園生活を送るためのキャンパス環境の整備にも力を入れていきます。また、高等教育機関として、教育研究、国際交流、社会連携についても一層の充実に努め、社会の要請に応えて参ります。

これらの実現には皆様のご支援が非常に大きな力となります。どうか趣旨にご賛同いただき、力強いご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

大阪教育大学基金について

リーフレットのサムネイル

本学の財政基盤を長期的に支えるとともに、大学及び附属学校園などにおける学生等への支援及び教育研究支援並びに国際交流及び社会連携の推進等を図ることを目的に「大阪教育大学基金」を創設しました。
趣旨にご賛同いただき、ご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
クレジットカード、コンビニ、Pay-easyによる決済も可能です。

画像をクリックするとリーフレット(PDF 2.9MB)が開きます。

基金の種類

大阪教育大学修学支援事業基金

経済的理由により修学が困難な学生への修学支援を行います。
所得税軽減措置が拡充され、これまでの「所得控除」に加え「税額控除」が適用対象となりました。

詳細はこちら

大阪教育大学研究等支援事業基金

学生又は不安定な雇用状態にある研究者への支援を行います。
所得税軽減措置が拡充され、これまでの「所得控除」に加え「税額控除」が適用対象となりました。

詳細はこちら

大阪教育大学基金

教育研究、国際交流、社会連携、教育の高度化、スポーツ・芸術の推進、キャンパス環境整備などの事業を行います。
(修学支援事業を除く)

詳細はこちら

大阪教育大学古本基金

皆様から読み終えた本・DVD等をご提供いただき、その査定換金額を大阪教育大学修学支援事業基金に寄附する取り組みです。
寄附金は奨学金の充実、留学生支援に役立てます。

詳細はこちら

大阪教育大学附属学校園支援事業基金

老朽化した施設・設備等の更新、ICT教育や図書の充実等の教育・学習環境の整備、附属学校園基金の充実及び目的達成に必要な事業を行います。

詳細はこちら


領収書の発行について

ご寄附の入金を確認した後、「寄附金領収書」を発行いたします。クレジットカード等によるお手続き(インターネットでのお申込み方法)の場合、システム管理会社から入金が確認された後の発行となりますので、お申し込み受付時から約2~3ヶ月のお時間を要します。
領収書の日付は以下のとおりとなります。

インターネットでの申込

システム管理会社から大阪教育大学へ入金された日

金融機関(銀行)での振込

金融機関から大阪教育大学へ入金された日

お問い合わせ

大阪教育大学総務課広報室
TEL:072-978-3344 FAX:072-978-3225
Mail:kouhou@bur.osaka-kyoiku.ac.jp(@を全角にしています)