著名なヴァイオリニスト,ベルナルディーニ氏と本学学生が共演‐教養学科芸術専攻音楽コース 第55回定期演奏会開催のご案内‐ (11月28日)

チラシ表 チラシ裏
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

練習の様子 クラシック音楽に詳しい人なら誰もが知っている,ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の第一ヴァイオリン奏者であるシモン・ベルナルディーニ氏が,教養学科芸術専攻音楽コースの学生とコラボレーションします。
 11月28日(月)いずみホールで開催される,音楽コース学生による第55回定期演奏会に特別出演するもので,芸術講座の教員たちは「本学の学生たちとどのようなハーモニーが見られるか,今からわくわくしています。学生たちは連日猛練習です」と語っています。
 ベルナルディーニ氏はイタリア・トリノ生まれ。2002年名門ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリン奏者をはじめ,欧米各地のオーケストラに招かれてコンサートマスターを務めるとともに,ソリストとして演奏活動を続け,高い評価を受けています。最近は指揮者としても活躍しているほか,音楽院の教授として指導的立場にもあります。
 当日の演奏でもタクトを振る本学外国人教師のヤニック・パジェ氏とはパリ音楽院で5年間ともに学んだ間柄です。
 なお,入場料の一部は東日本大震災義捐金として「桃・柿育英会」に寄附されます。

 
≪プログラム≫
  オルバーン : ミサ曲第6番
  ブラームス : ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
  グリーグ : 組曲「十字軍の兵士シグール」 作品56より
  ラヴェル : 「ダフニスとクロエ」 第2組曲

 ヴァイオリン独奏/シモン・ベルナルディーニ
             (ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 第一ヴァイオリン奏者)
 指揮/太田 務 (本学非常勤講師)
     ヤニック・パジェ (本学外国人教師)
 合唱・管弦楽/教養学科芸術専攻音楽コース
 

日時:2011年11月28日(月) 18:30 開場/19:00 開演
場所:いずみホール
    大阪市中央区城見1−40−70 住友生命OBPプラザビル
入場料:1,200円(当日指定・18:00より座席交換)
     ※内180円については東日本大震災義捐金として「桃・柿育英会」に寄付いたします。
お問合せ:TEL 072-978-3720 (大阪教育大学音楽コース)

主催:大阪教育大学教養学科芸術講座(音楽)
後援:音楽コース後援会

教養学科芸術専攻音楽コース

桃・柿育英会

投稿者:   日時:15:45 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。