”全体RM”を行いました!!

 2月4日(土)10:00から全体RM森田研究課主任の挨拶を開催しました。全体RMとは,実践課題について,他の院生との相互交流を行い,それぞれの経験や課題を共有する省察等の場です。今年は,初めて,2つの学年が揃い,大変,活発な議論の場になりました。各院生が実習等でお世話になった教育委員会関係者や実習校の先生方をお招きして開催しました。大変,お忙しい中,多数の皆様方に来ていただき,誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

 午前は,M1生を4つのグループに分け,主に第2セメスターで取り組んだ基本学校実習Ⅱの目的・計画・成果・実践課題研究に向けて発表していました。ある会場の参加者からは,「これからも学び続けてほしい」という期待を込めた感想もいただきました。   口頭発表A~D  <各グループの口頭発表会場の様子>

 午後からはM2生のポスター発表です。M2生は連合教職大学院での2年間で実践研究してきた内容を粘り強く,そして,わかりやすく参加者に説明していました。来年度入学予定の学生からは,ただただ「すごい」という驚きの声をいただきました。ポスター会場(前後)  <ポスターセッション会場の様子>

ポスターセッション1&2
  <来場者に熱心にポスターの説明をする院生>

 また,15:20からは,別室でセレモニーが行セレモニー会場の様子われ,堺市・大阪市・大阪府の各教育センターの代表者の方々から,ご挨拶をいただきました。
 その後,各コースの中から優秀な報告書を作成した院生に,優秀教育実践研究賞が授与されました。表彰された3名の学生からは,自身の研究内容を報告していただきました。
優秀賞  <研究内容を報告する優秀教育実践研究賞の受賞者>
左から 学校マネジメントコース:木田哲生さん
      教育実践コーディネートコース:姫野涼子さん
      教育実践力開発コース:篠原幸太さん

投稿者:   日時:18:34 | パーマリンク

弘前大学教職大学院準備室長が授業を見学に来られました!!

 2月2日(木)午後7時40分から開講している科目『校内研修のコンサルテーション』に,平成29年4月から教職大学院を設置される弘前大学から教育学部副学部長の中野博之さん(写真:立っておられる方)が来られました。中野さんは教職大学院設置準備室長で設置に向けて大変お忙しい中,来られたようです。

写真1

 なぜ,本学に来られたのかお聞きしたところ,昨年12月の日本教職大学院協会研究大会で木原俊行教授がパネリストの一人として現職教員対象の科目について話されているの聞かれ,もう少し詳しい内容を聞きたいと思われたのがきっかけだったそうです。

 授業後に感想等をお聞きしたところ,「子どもの可能性を引き出す教員を育成したい。指導主事にも活躍してほしい。そのような講義をどのように組み立てればいいのかヒントをもらった」と言われました。受講生たちは日頃の学修の様子を中野さんに披露していました。

投稿者:   日時:14:12 | パーマリンク

教育実践力開発コースでRM(リフレクションミーティング)を実施しまし た

 1月7日(土)16:40~19:50まで,教育実践力開発コースの院生がRM(リフレクションミーティング)を行いました。
 内容は,2つのグループに分かれ,基本学校実習Ⅱ(実習期間:主に9月から12月)において院生自身がどのような学びをしたのか,これからの実践における課題は何であるかなどをまとめ,発表しました。
 また,授業終了後に院生が書いた振り返りシートには「先行研究や文献等を読みたい」「自分が用いる用語の定義を明確にする」などこれから取り組みたい内容が多く記載されていました。一方,先生方からは「発表が上手くなった」「理論をクリティカルに見る見方がまだ足りない」などの講評がありました。

1&2-2 3&4
 院生による発表の様子

投稿者:   日時:17:25 | パーマリンク

日本教職大学院協会研究大会での本研究科の発表について

 去る12月17日・18日に東京で日本教職大学院協会研究大会が開催されました。2日目にはM2の木田哲生さんが現在,取り組んでいる『「みんいく」を通じた学校の生徒指導機能の向上に関する実践的研究』について,その学修成果を発表しました。その場では多くの方に発表を聴いていただき,様々な指導や助言をいただきました。今後の研究活動に活かしてほしいと願っています。  

CIMG0208-2
学修成果を発表する木田哲生さん

 また,木原俊行教授は「教職大学院の特色あるカリキュラムの展開-修了生の質保証を視野に入れて-」をテーマにしたパネルディスカッションにパネリストの一人として参加しました。まだ,本研究科は修了生を送り出していませんが,科目「大阪の学校づくり」「校内研修のコンサルテーション」の紹介など,とりわけ,大阪の教員のために本学が取り組んでいる特色ある講義等について報告しました。

DSCN0610-240CIMG0208-240
本学の取組を報告する木原俊行教授とスクリーンに映される報告資料

 

投稿者:   日時:15:52 | パーマリンク

ゲストティーチャーを招き,教職人生について考えました(講義:『教師力と学校力』から)

 いつもご覧いただき,ありがとうございます。

 本日は,授業科目『教師力と学校力』の1コマについて。

 『教師力と学校力』は,コース共通の選択科目です。 M2生を対象とした講義で,この2年間の学びについて振り返り,今後の教員としての役割について考えていく取組みをすすめています。 これまでは,自身のライフヒストリーを描いてみたり,大学院で学んだことを振り返ったりしてきました。

 第4回目,5回目においては3名のゲストティーチャーに来ていただき,学部卒院生と現職教員院生をわけて活動しました。 学部卒院生は,教職経験約10年の現場の先生方に,大学院での学びを説明し,質疑や感想をいただきました。また,ゲストティーチャーから,これまでの教職における経験談を聞き,今後学校現場に出たときに何が求められるか,自分を学ぶ環境に置くにはどうするかなど,熱のこもったメッセージを頂いたり,議論をしたりしました。

image024

 一方,現職教員院生は,「学び続ける教師」に関する先行研究を振り返り,今後の学校教育に求められる「学び変える」事のできる教師像の意味について確認しました。また,自らの教師キャリアを振り返り,自分にとっての分岐点や社会的な位置づけを分析することで,「学び変える」事のできる教師としての自己について考察しました。

 image023

 これらの取組みに基づき,次回の講義においては,これまでの学びを総括し,修了後にどのように自分を成長させる環境に身を置くか,現場でどのようなアクションを起こしていくかについて,明確化してもらう予定です。

 年末のお忙しい中に本学にお越しいただいた,関西学院大学の時任先生,大阪府立貝塚高等学校谷先生,豊中市東丘小学校高橋先生に感謝申し上げます。

投稿者:   日時:14:29 | パーマリンク

連合教職大学院・秋吉教授が全国小学校理科研究大会で講演

 11月10日,11日に大阪府内で第49回全国小学校理科研究大会・大阪大会(大阪大会実行委員長・中島英康 大阪市立吉野小学校校長)が開催されました。

会場の様子
会場の様子

 10日に大阪市中央公会堂で全体会が行われ,11日には大阪市立中大江小学校,大阪市立古市小学校,堺市立浜寺石津小学校の3会場校に全国の小学校・中学校・幼稚園の先生方,約1500名が参加されました。

 大阪市立中大江小学校(髙井正道校長)には約500名の先生方が参加され,全学年12学級での公開授業の後に,授業分科会,学年別分科会が行われ,熱心な協議が展開されました。

 分科会の後,全体会では連合教職大学院・秋吉博之教授が「次期学習指導要領に向けた理科の学習指導」と題して指導講話を行いました。
 この中で,秋吉教授は,公開授業での実践を踏まえながら,「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」の観点から学習過程を改善する必要があるとし,実験の計画立案を子どもたち自身が行ったり,実験結果の考察の際に最初に個人で考えたあと皆で意見交換したりする学習場面を設けることなどを提言するとともに,学習効果を向上させるためのICT(情報通信機器)活用や,アクティブ・ラーニング(能動的学習法)の導入について講演しました。

秋吉先生
講演をされる秋吉博之教授

 これらを踏まえ、秋吉教授は,「これからの教育を担っていく若い先生方をいかに育てていくかが重要視されています。本連合教職大学院としても,公的な機関と連携を密にして,現職教員の方々の学びにさらに寄与していきます」と語られました。

投稿者:   日時:14:28 | パーマリンク

本年度、最後の学校説明会開催!!

 12月10日(土)午後3時30分から本学天王寺キャンパスにて、本年度最後の学校説明会を行いました。師走のお忙しいなか、説明会に参加していただき誠にありがとうございました。

 岡先生の挨拶の後、冨田先生による『連合教職大学院全体の説明』がありました。

代替
挨拶をされる岡博昭先生

連合教職大学院全体の説明をされる冨田先生
連合教職大学院全体の説明をされる冨田福代先生

 その後、現職教員と学部生とに分かれて、各コースについてのさらに詳しい説明等がなされました。
 今回、初めて、学部生対象に、恩知先生が『教師にまっすぐ』というタイトルで30分程度のミニ講義を実施しました。なぜ、この説明会に参加したのか理由を含めた自己紹介をしてもらった後、既存の大学院と教職大学院の違いや参加者の迷いなどについて、連合教職大学院での授業をイメージできるように話を進められました。

「ミニ講義」をされる恩知先生
「ミニ講義」をされる恩知忠司先生

 今回、参加していただいた方にもぜひ、「学び続ける教員」をめざして、本連合教職大学院に入学していただくことを願っています。

投稿者:   日時:13:07 | パーマリンク

研究倫理に関する講義が行われました

 本大学院では、1年次の後期に、教育研究方法演習という必修科目が設けられています。この科目においては、教育実践研究を進めていくにあたり必要な方法論について、実例とともに学び、自身の課題に生かすことを目的としています。

 第4・5回目の授業においては、研究倫理をテーマに進められました。教育実践研究は、学校、教育委員会や教育センター等で教師や児童・生徒・保護者と多くの関わりを持たないと成立しない研究です。このため、統計的な手法等の方法論だけではなく、講義初期の段階で研究倫理についても扱い、考えていく機会を設けています。

 まず、ゲストティーチャーとして、本学の研究担当でもある向井康比己副理事にお越しいただき、研究倫理に関する講義を行っていただきました。「なぜ研究不正はあとを絶たないか」「研究をすすめる上での個人情報の保護」「データの収集・管理・処理」「捏造、改ざん、盗用などの研究不正行為」などについて、過去問題となった事例を交え、わかりやすく講義をいただきました。

 次に、このお話を受け、自分自身の実践課題研究に即したときにどのような倫理上の問題があるかを考え、受講者間で議論をしました。考えられ得る問題は数多くありますが、教育実践研究者として、誠意を持って実践研究をすすめていくという意識をより高めることができた一方、その視点で実践研究をとらえる難しさも自覚できたのではないかと思います。

①
講義される向井康比己副理事

投稿者:   日時:12:00 | パーマリンク

第2回関西指導主事フォーラムが開催されました。

 10月22日(土)に『第2回関西指導主事フォーラム』が開催されました

 第1部では、国立教育政策研究所研究企画開発部総括研究官の千々布敏弥先生に「大阪の学校文化を変える指導主事のコンサルテーション」というテーマで講演していただきました。先生は、自らの指導主事にかかわる研究をもとに事例を示しながら、指導主事として学校訪問を実施する際の心構えなどについてお話をされました。

161022①
講演される千々布敏弥先生

 次に、分科会では、話題提供者から、日々の業務にかかわって、各分科会テーマに沿った話題を提供していただきました。その後、3~4人にわかれて、情報交換等を行いました。

161022②
分科会①教育課題に対する政策と研修
(話題提供者:大阪府教育センターカリキュラム開発部小中学校教育推進室 加納啓司さん)

161022③
分科会②一人ひとりを大切にした教育のあり方
(話題提供者:大阪市教育委員会事務局指導部インクルーシブ教育推進担当 平岡昌樹さん)

161022④
分科会③これから求められる授業づくり
(話題提供者:寝屋川市教育委員会教育指導課 中田葉月さん)

 参加された方々からは、「大変有意義な一日でした」など感想をいただきました。大阪教育大学連合教職実践研究科では、来年度も同様の時期に本フォーラムを開催する予定です。皆様方のご参加をお待ちしています。

 なお、このフォーラムは連合教職大学院教職実践コーディネートコース必履修科目『行政研修の企画・運営』の一環として、受講生たちが主体的に企画・運営した取組みです。

 最後になりましたが、ご参加いただきましたすべての方々に心より感謝申し上げます。

 

(追記)

本フォーラムに関連して,教育新聞に千々布敏弥先生の記事が掲載されました。

https://www.kyobun.co.jp/commentary/c20161110/(「教育新聞」平成28年11月10日号掲載記事)

投稿者:   日時:13:05 | パーマリンク

連合教職大学院ブログ始めました!

こんにちは。

大阪教育大学連合教職大学院です。

ご覧いただきありがとうございます。

連合教職大学院ブログ始めました。

教育研究活動やイベントなど、日々の出来事を綴ってまいります。

よろしくお願いいたします。

投稿者:   日時:4:44 | パーマリンク