高校生のためのひらめき☆ときめきサイエンス「光と色を使って,星とブラックホール天体を見分けよう」のご案内(8月9日・10日)

ポスター
↑クリックするとPDFが開きます。

 高校生のためのひらめき☆ときめきサイエンス「光と色を使って,星とブラックホール天体を見分けよう」を8月9日・10日に開催します。

<実施予定内容>
 第1日目
  ○ブラックホール活動天体とは
  ○51cm反射望遠鏡を使って天体観測実習
 第2日目
  ○データ解析の実習
  ○まとめと討論
  ○未来博士号授与

日時:【第1日目】2013年8月9日(金) 13:30~21:00
    【第2日目】2013年8月10日(土) 10:00~15:30
場所:大阪教育大学 柏原キャンパス
    天体観測室(C3-401)・講義室(C1-303)
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
対象:高校生
定員:20名(先着順)
持ち物:鉛筆,ノートなど筆記用具
     ※8月9日の夕食と8月10日の昼食と休憩時の飲み物は大学で用意します。
注意事項:プログラムが夜間に及ぶので,参加にあたっては,保護者の方の同意が必要です。
       遠方からの参加など,宿泊が必要な場合は各自で準備してください。
申込み方法:日本学術振興会のウェブページから申し込みできます。
         https://cp11.smp.ne.jp/gakujutu/seminar?_act=Regform&seminarId=HT25152
締め切り:7月30日(火)
お問合せ先:
  福江 純
    電話:072-978-3387
   メール:fukue@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
  大阪教育大学 学術連携課
    電話:072-978-3217
   メール:kenkyo@bur.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:大阪教育大学
担当:福江 純(理科教育講座)
    松本 桂(理科教育講座)

 

ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHIとは:
ロゴマーク日本学術振興会の科学研究費補助金の研究成果の社会還元・普及事業の一環で,現在活躍している研究者と大学の最先端の研究成果の一端を,小学校5・6年生,中学生,高校生が,見る,聞く,触れることで,学術と日常生活との関わりや,科学(学術)がもつ意味を理解してもらうプログラムです。
 [日本学術振興会Webページ]
 http://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html

投稿者:   日時:15:51 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。