Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:入試課

大学院教育学研究科 家政教育専攻

 

多様な社会変化や生活課題に対応できる人材を養成

●取得可能な免許状
小学校教諭専修免許状
中学校教諭専修免許状 [ 家庭 ]
高等学校教諭専修免許状[ 家庭 ]

※専修免許状の取得には、取得しようとする免許状に対応した一種免許状を有している必要があります。なお、入学時に一種免許状を取得されていない方には教育職員免許状取得プログラムの制度もあります。

*

目的

 家政教育専攻では、家庭科教育に関する高度な実践的教育を行い、専門的な知識と技術を修得させ、学校教育の現場において主導的な教育活動を担うことのできる家庭科教員の養成を目的としています。そのために、専攻に家庭科教育学コースと生活文化・生活科学コースの2つのコースを設け、今日の多様な教育的課題や生活問題を総合的視点から捉え、それを学校教育の課題として整理し、幅広い授業展開のあり方を考察することによって、家庭科教育・家政教育に実践的に取り組める教育者並びに教育的立場から生活課題の解決策を提起できる専門家の養成を目指します。

概要・特色

 本専攻は、家庭科教育学コースと生活文化・生活科学コースで構成されています。家族や保育、消費者など、ヒトが主体的にかかわる学問領域と、食物、被服、住居といった生活を支えるモノにかかわる学問領域をバランスよく包括していることが特徴です。担当教員の専門性を活かした多様な講義や演習、実験・実習を通じて家庭科教育や家庭科の各専門領域について理解を深めながら、多様な社会変化や生活課題の解決に対応できる能力の育成や、応用科学的視点にたった生活の諸現象の解明を行っています。
本専攻の修了生は、小学校教員や中学・高等学校の家庭科教員、専門学校や短期大学・大学の専任教員、行政の専門職員、企業の研究員等、多彩な分野で活躍しています。

家庭科教育学コース
 家庭科教育学コースでは、カリキュラム等の理論研究に加えて地域の教育現場と連携した実践的活動を行い、教育における理論と実践の融合を目指します。「家庭科教育学」「家庭科教育特論」では、家庭科の背景学問である家政学について理解を深めるとともに、先進的な家庭科カリキュラム研究の動向について学び、附属校や近隣の小中学校等と連携し、学んだ理論をベースにした教育的活動を実践します。 また、近年の社会変化に対応した家庭科の教育方法、教材開発について研究を進めています。具体的には、子どもの思考力、判断力、表現力の育成をめざし、消費者教育の視点からは、消費者市民の育成や消費文化のあり方や指導について研究に取り組みます。
生活文化・生活科学コース
 生活文化・生活科学コースは、生活経営学、保育学、食物学、被服学の専門分野に分かれ、応用科学としての家政学の特色を生かした教育・研究によって、高度で専門的な知識と技術の修得を目指します。生活経営学分野では、生活課題を踏まえた上で、多様なライフスタイルに対応した生活設計やキャリアデザインについて研究しています。
 保育学分野では、家庭科における保育・家族をその主たるテーマとし、それらを取り巻く今日的な課題や社会事象を中心とし研究を進めています。食物学分野では、植物性食品(野菜、果物、大豆製品等)に含まれる色や味などに関する成分の含有量や生理活性が、調理、加工・保蔵等の操作による変化について、主に機器分析や官能検査等の実験的手法を用いて調べ、健康との関わりを考察しています。また、食品中に含まれる糖タンパクや多糖、主に粘性多糖の機能について分析し、食生活への利用・応用を検討しています。被服学分野では、被服の安全性および快適性について、物理的性能を主とした実験によって検討するとともに、被服の環境に関わる性能について研究しています。

主な開講科目(平成28年度)

※…教育科学関係基礎科目◎…教科・特別支援・養護教育関係基礎科目☆…現代的教育課題に関する科目

コース
教育研究分野
授 業  科  目
単位数
担 当 教 員
授   業   内   容
履修区分
履修年次指定
 
(教育実践)

家庭科教育実践研究
2
中田  忍
井奥 加奈
鈴木真由子
野田 文子
大本久美子
小﨑 恭弘
山田由佳子
教育実践を通して,教育内容・方法に関する課題を設定し,家庭科教育や家政教育の学習成果を生かして,教材開発や授業研究を行う。
必修
 
生活文化・生活科学
食物学
 
食物学特論I
2
中田  忍
栄養素及び非栄養素と生体との関わりについて考究する。
選択必修
 
 
食物学特論II
2
井奥 加奈
食物の品質に関する成分とその調理・加工による変化について,講義・討論・実習を行う。
選択必修
 
 
食物学実験
1
井奥 加奈
文献購読と実験指導を中心に行う。食品機能学の概要をわかりやすく説明するとともに,健康食品や保健機能食品,食情報のリテラシーも含めて指導できるよう配慮する。
選択
 
 
食物学演習
2
中田  忍
井奥 加奈
食物学における諸問題の調査・研究・討論を行う。
選択
 
被服学
 
被服学特論
2
山田由佳子
被服学に関する諸問題及び学校教育における被服分野の製作実習について,講義・討論・実習を行う。
選択必修
 
 
被服学演習
2
被服学に関わる各自のテーマを選定し,被服学特論を踏まえて,総合的視点から調査研究を行う。
選択
 
 
被服学実験
1
被服学に関わる各自のテーマを選定し,実験的検証を行う。
選択
 
住居学
 
住居学特論
2
(兼)碓田智子
学校教育及び社会教育における住教育について理解を深め,具体的な学習内容や実践事例を検討する。
選択必修
 
生活文化・生活科学
保育学
 
保育学特論
2
小﨑 恭弘
子どもの発達と社会の在りようについて,文献や調査研究について考究する。
選択必修
 
 
保育学演習
2
子どもとそれを取り囲む環境の関係性に注目をし,調査研究をもとにプレゼンテーション,ディスカッションを行う。
選択
 
生活経営学
 
生活経営学特論
2
非常勤講師
小谷みどり
現代的生活課題をふまえた生活経営の意義について考究する。
選択
 
 
生活経営学演習
2
鈴木真由子
各自で選定した生活経営に関するテーマについて国内外の先行研究を調査報告しディスカッションする。
選択必修
 
家族関係学
 
家族関係学特論
2
非常勤講師
梅田 直美
家族関係に関する基礎文献・重要文献の講読を通じて、現代の家族問題についての理解を深めるとともに、批判的な議論を行う。
選択必修
 
家庭科教育学
家庭科教育学
家庭科教育学I
2
野田 文子
家庭生活における価値の多様化により,家庭科の教育観,教材,教育方法も多様な展開を見せている。家庭科教育の原点について解説するとともに,そのあり方について考究する。
必修
 
家庭科教育学II
2
鈴木真由子
家庭科カリキュラムの構造について理解し,学習課題をふまえたカリキュラムを構想する。
必修
 
 
家庭科教育学特論I
2
大本久美子
家庭科の背景学問である家政学について,その概要と家庭科教育とのかかわりについて考究する。
選択必修
 
 
家庭科教育学特論II
2
非常勤講師
荒井 紀子
国際的な学力論をベースにした,家庭科の教育的課題について考究する。
選択必修
 
 
家庭科教育学演習
2
野田 文子
鈴木真由子
大本久美子
家庭科教育学に関する諸課題について各自の課題に基づき実証的に考究する。
選択
 
 
(課題研究)
 
課題研究I
3
担当教員表
研究分野に関連する特定の課題を設定し,研究する。
必修
II
 
課題研究II
3
必修
II

平成29年度募集人員

5名


平成28年度 現学生数・入試結果

現学生数
受験者
合格者
入学者
6(2)
6(2)
6(2)
6(2)

※( )内の数字は外国人留学生の人数(内数)です。
※現学生数は平成27年5月1日現在の人数です。


修了生の進路(過去3年間の集計)

教員(大阪府内)
教員(大阪府以外)
教員率(左記計)
企業
公務員
進学
その他
43%
29%
72%
28%
0%
0%
0%

教員紹介 (教員総覧にリンクしています)

家庭科教育学コース [教授] 野田 文子鈴木 真由子/[准教授] 大本 久美子
生活文化・生活科学コース [教授] 中田 忍井奥 加奈鈴木 真由子/[准教授] 小﨑 恭弘山田 由佳子

→こちら家政教育講座のページもご参照ください。