外部評価の受審

 先日、2月11日(火)に京都工芸繊維大学前副学長の森本一成先生、鹿児島大学教育学部副学部長の小江和樹先生、兵庫県伊丹市立小学校教頭の井村明子先生を評価委員としてお招きし、本学の自己点検・自己評価の内容に係って外部評価が行われました。自己評価書にある狙いと、達成度、社会的な必要性と今後の展望などについて、広い観点からお話を頂くことができました。教育を中心とした評価作業でしたので、大学からは、大学改革の歴史的な経緯を踏まえた取り組み内容の説明と、将来の学校教育の姿に近づくための改革について説明させていただきました。
 評価結果については4月頃にホームページでも公開予定です。今回の機会をピア・レビューの一環としてとらえ、改善に向けた取り組みを継続していきたいと考えています。

パーマリンク

 新型ウイルスによる肺炎拡大で、外出時にマスクをしている人が目立ちます。接触感染が広がっていることが考えられることから、効果について断言できる段階ではないとしても、ウイルスに接触しないよう心掛ける必要があります。学内では、アルコール消毒液の設置数を増やすなどの対応をとっていますので、学生、教職員はじめ皆さんも手洗い、うがい、消毒の励行に注意を払ってください。今後どの程度まで感染拡大するのか、その期間はどのくらいなのかについて、明確な報道があるわけではありませんが、まだかなりの間続くと考えられますのでくれぐれも注意をお願いいたします。
 同時に、学長として学生、教職員の皆さんにお願いしたいことがあります。本学には、多くの留学生が在籍し、共に学んでいます。その中には中国からの留学生も多くいます。留学生の帰国、日本への再入国に関しては、国際担当の係を通じて管理を行っていますので、偏見や、差別的な行動がないように願います。グローバル化が進展する世界において、コミュニケーションを強化し、新しい知識を身に着けることは高等教育の重要な役割の一つでもあります。困難な状況が生じても、留学生とともにその困難を克服していこうとする視点が重要で、お互いに支えあう志が必要です。

パーマリンク