人権教育全学シンポジウム

人権教育全学シンポジウム

第43回人権教育全学シンポジウム
日時 令和2年12月9日(水)14:00~16:30(学内者対象ライブ配信、後日オンデマンド配信)
テーマ 外国ルーツの子どもたちと教育
プログラム

  • 挨拶
大阪教育大学長 栗林 澄夫
  • 基調講演
「学校のサンクチュアリ~子どもの背景に迫る教育の支援~」
金光敏 氏(特定非営利活動法人NGOセンター事務局長・理事)
  • 学生報告
太田姫歌(学校教育教員養成課程特別支援教育専攻発達教育障害教育コース3回生)
  • パネルディスカッション
パネリスト:
金光 敏 氏(同上)
呉 賢志 氏(豊中市立千成小学校教諭)
森川 桃子 氏(守口市立さつき学園教諭)
首藤 紗果(教職大学院高度教職開発専攻教育実践力コース2回生)
コーディネーター:
神村 早織(地域連携・教育推進センター/総合教育系 准教授)

 

<<人権教育全学シンポジウムの開催の趣旨>>

 本学では,人権教育の取り組みの一環として,毎年12月の人権週間に,「人権教育全学シンポジウム」を開催しており,今年で43回目を迎えます。
 今,子どもや教育を取り巻く状況として,「貧困や虐待」「いじめや不登校」「在日外国人,外国ルーツの子どもたち」「部落差別」「ジェンダーとセクシュアリティ」「障がい者問題」等,様々な人権課題があります。私たちは,これらの課題について学ぶことで,子どもや教育に関する理解を深める必要があります。人権教育全学シンポジウムでは,年度ごとに,これらの諸課題について学ぶ機会を企画し,皆さんが在学中に多様な人権課題について学び,互いに認識を深める場としたいと考えています。


人権教育の取組

人権教育の取組についてはこちらのページで紹介しています。