教員養成課程

教員養成課程カリキュラム

 1・2年次で,教職基礎科目,教職教養科目を履修し現在の教育課題に対応できる教員としての基礎的知識,能力などを身に付けるとともに,教科専門科目を履修し教科指導の基礎を形成します。 また,1年次で入門的教職科目(教職入門,教育総論など)を履修し,主に2・3年次で基礎的・実践的教職科目(教科教育法・生徒指導論など)や専攻専門科目を履修し,教科・生徒指導力など基礎的教職能力や教材開発など応用的教職能力,授業展開能力など実践的な教職能力,専門分野の知識・思考力など向上させます。 その上で,3年次で教育実習を実施して(複数免許希望者は4年次でさらに併修実習)実践力を向上させ,4年次で卒業論文を作成し,総合的な教職能力や探究能力を向上させます。

教員養成課程 課程別履修基準(平成28年度入学生適用)[PDF 73.38KB]

 

カリキュラムの構造

*