支援協力学生についての配慮

支援協力学生についての配慮

・支援協力学生ができるだけ正確に効率よく授業の内容を伝達できるよう、支援協力学生に対する授業で使用する資料の配布にご協力ください。
・支援協力学生から、授業を担当される教員に対して、質問やお願いなどをさせていただく場合があります。その際には障がい学生修学支援ルームから発行している支援協力学生証を提示しますので、対応してくださいますようお願いします。
・支援協力学生は、講義中は支援協力活動を行っています。何か連絡事項等ありましたら、授業の前か後にお願いします。
 また、支援協力活動に専念するため、授業への参加及びお手伝いをすることはできません。ご理解をお願いします。