教育協働学科

教育協働学科(平成31年度・令和2年度入学生用)

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 豊かな教養と知性とともに,教育的視点から学校・家庭・地域・社会と連携・協働することによって,グローバル時代における多様な課題の解決を図る人材と認められる者として共通に必要とされる資質・能力について,次のとおり設定しています。
(1)豊かな教養と広い視野
・人文,社会,自然,芸術,スポーツ等の学術的・実践的な基本知識・理解に加え,キャリア形成に向けた,ICTスキル,言語運用能力,コミュニケーション力,および論理的・批判的思考力からなる汎用基礎力を身に付けている。
・世界の多様性を理解し,異文化・多文化を受容できる寛容な態度を身に付けている。
(2)教育理解
・社会や教育現場のグローバル化に対応し,学校や地域等と連携・協働しながら課題解決にあたる教育協働人材としての意欲や態度を身に付けている。
・教育の理念や歴史及び思想,子どもの発達と心理の理解,教育制度全般や学校の組織と役割の理解等の教育の基礎理論,及び学校安全に関する理解を含む教育についての基礎的知識を身に付けている。
(3)協働力
・他者と協働して問題を分析し,その課題を整理することができる。
・他者と協働して課題解決に向けてのプランを策定することができる。
・課題解決プランを他者と協働して実行するための実践力を身に付けている。
(4)専門的知識・技能
・所属する専攻・コースの分野に係る専門的知識・技能を備えている。
・専門的知識・技能を用いて,専門分野に関わる内容やその意義を社会に向けて的確に伝達,表現することができる。
・専門的知識・技能を主体的に活用し,行動することができる。
(5)教育協働実践力
 教育的視点から学校・家庭・地域・社会と連携・協働することで,グローバル時代における多様な課題を解決するために実践的に行動できる。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 豊かな教養と知性とともに,教育的視点から学校・家庭・地域・社会と連携・協働することによって,グローバル時代における多様な課題の解決を図る人材と認められる者として共通に必要とされる資質・能力を育成することを目的として,カリキュラムは以下のとおり編成し,実施するものとします。
(1)豊かな教養と広い視野
 教養教育では,人文,社会,自然,芸術,スポーツ等の学術的・実践的な基本知識・理解や,キャリア形成に向けた,ICTスキル,言語運用能力,コミュニケーション力,および論理的・批判的思考力からなる汎用基礎力を育成するとともに,世界の多様性を理解し,異文化・多文化を受容できる寛容な態度を身に付けることを目的として,「基盤教養科目」と「多様性理解科目」から構成する総合科目と7つの領域にわたる分野別科目とともに外国語科目,体育科目,ICT科目を体系的に編成します。
(2)教育理解
 社会のグローバル化に対応し,学校や地域等と連携の上,協働して課題解決にあたる教育協働人材としての基礎である教育の理念や教育の歴史及び思想,子どもの発達と心理の理解,教育制度全般や学校の組織と役割の理解などの教育の基礎理論や,学校安全の学修を通して,学校や地域における諸課題に対して教育的視点から解決を図ろうとする意欲や態度を醸成するため,教育基礎科目における「教育基礎セミナー」や「教育総論」,「学校の役割と経営」や「学校安全」などにより体系的に編成します。
(3)協働力
 他者と協働して問題を分析のうえ整理し,課題解決に向けてのプランを策定することができる能力や課題解決プランを他者と協働して実行するための実践力を育成するため,専門教育科目に教育協働科目を開設し,「教育協働概論」,「教育協働デザイン演習」などの協働共通科目,各自が所属する専攻に対応する専攻共通科目を体系的に編成します。
(4)専門的知識・技能
 所属する専攻・コースの分野に係る専門的知識・技能を備え,専門分野に関する内容やその意義を社会に向けて的確に伝達,表現することができる能力や,主体的に物事を考え,行動することに専門的知識・技能を活用できる能力を育成するため,専門教育科目において各自が所属する専攻に対応する専攻分野科目を体系的に編成します。
(5)教育協働実践力
 教育的視点から学校・家庭・地域・社会と連携・協働することで,グローバル時代における多様な課題を解決するために実践的に行動できる能力を育成するため, 専門教育科目における教育協働科目「教育コラボレーション演習」,「外国語実践演習」,課題解決型学習(PBL)科目であるプロジェクト演習科目などにより体系的に編成します。
(6)その他
・各授業は,講義・演習・実験・実習などの方法により展開します。 
・成績評価は,プレゼンテーション,レポート,試験など,多様な方法により行うものとするとともに,どのように成績に反映されるか,シラバスに明記するものとします。
・指導技術を向上させるための研修や教員同士での授業参観などを定期的に開催し,授業改善に取り組むものとします。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1.基本理念・目標
 多様化し,複雑化する現代社会においては,学校の教師だけで子どもの教育を支え,学校の教育だけで社会の教育を支えることは不可能になってきています。教育協働学科は,学校現場や社会で絶え間なく発生する教育課題を解決するために,チーム学校を含む学校教育や地域教育活動を取り巻く分野(教育心理科学,健康安全科学,理数情報,グローバル教育,芸術表現,スポーツ科学)の専門性を有しつつ,教育的視点から学校,家庭,地域,社会と連携・協働することで,グローバル時代における多様な教育課題の解決を図ることができる人材の養成を目的とします。
そのため,学校と連携・協働して学校や地域における諸課題に対して教育的視点から解決を図ろうとする意欲を有する人材,また,学校教育のみならず家庭教育や社会教育においても,他者と協働しつつ高度な指導や支援,マネジメントができる人材,さらに,グローバル時代の多様な教育課題の解決を図ることが出来る人材を養成します。
2.求める学生像 
・自ら専門性を有しつつ教育理解をもって多様な専門家や市民と協働し,生涯教育社会における学校と地域社会と共に多様な教育課題の解決を図ることができる人
・自らの専門分野で高度な知識や高い技能を修得し,それらを活用して学校,家庭,地域,社会において教育理解を持って連携・協働することに意欲のある人
・確かな学力と旺盛な知的好奇心,人間への深い愛情を持って,教育協働に資する分野で活躍したいと考えている人