附属学校園

附属学校園について

 大阪教育大学は、令和2年度に大学と附属学校園をつなぐ組織として附属学校統括機構を設け、その機構のもとに高等学校3校舎を含む11の附属学校園(小学校:3校、中学校:3校、高等学校:1校3校舎、特別支援学校:1校、幼稚園:1園)を設置する体制へと改革しました。
 附属学校統括機構は、円滑な学校園の運営、指導、教育、研究及び学校安全等の充実を図るとともに、さらに大学部局との連携強化に取り組んでいます。
 また、附属学校園にあっては、大学の教育研究・教育実習の場として重要な役割を果たすとともに、それぞれ地区ごとにテーマを持って研究に取り組み、連絡進学をはじめとする相互連携も行っています。

附属学校園案内(PDF 1.9MB)

天王寺地区

「人間と科学の調和を拓くリテラシー教育」
 物事に対する知的好奇心を基礎に、科学的・論理的な知識や技能を活用し、課題の発見や解決への道を体験的な学びを通して開拓していくリテラシーの育成をめざしています。

池田地区

「社会とつながり、明日を切り拓く資質・能力の育成」
 学びの中で生まれた問いを大切にし、多面的な見地に立って論理的、批判的に考え、学び続けることを通して、情報化・グローバル化する社会の中で、よりよい構成者となり、自主・自立の精神をもって生きてゆくことのできる人間の育成をめざしています。

平野地区

「生涯発達的視点に基づいた校種間連携型一貫教育」
 すべての校種が近接する地区の特色を生かし、五校園が日常的に連携して子どもたちの交流・共同学習や教員の協働と研究を進めています。なかでも、幼稚園から高校まで学び続ける環境と特別な支援を得ながら育つ環境に基づく、全国的にもめずらしい「五校園共同研究」に取り組み、長期的な子どもの成長の視点にたった主体性の育成や探究的な学びの指導など、今日的な教育課題に焦点をあてた研究に邁進しています。

附属学校園の取組、その他の情報