Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:学生支援課奨学厚生係

地方公共団体奨学金 募集一覧

 こちらは,地方公共団体奨学金の募集一覧です。
 詳しい募集内容については,学生支援課奨学厚生係の窓口(天王寺キャンパスは学務係窓口)にて募集要項をご確認ください。
※募集は4・5月に集中しており,申請まで期間が短いものもありますので,十分余裕を持って申請するようにしてください。

団体名
石川県教育委員会(緊急採用)
出願資格
・保護者等が石川県内に現に引き続き3年以上居住しており,勉学意欲があり,学業を確実に終了する見込みがあること(大学院を除く)。
・家計が急変した者(主たる家計支持者の死別・離別・破産・火災・風水害等)
・日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けていない者。
奨学金額
月額 44,000円
種類:貸与
他の奨学金との併用
日本学生支援機構貸与奨学金は不可。
学内締め切り
【柏原キャンパス】随時受付   【天王寺キャンパス】随時受付
団体名
公益財団法人 宮崎県奨学会
出願資格
・宮崎県に本籍を有する者,又は本人の主たる生計維持者が宮崎県内に居住している者。
・平成31年4月に大学に入学した者。
奨学金額
月額 25,000円(無利子)
種類:貸与
他の奨学金との併用
併願は可能だが併用は不可。ただし給付型奨学金は可能。
学内締め切り
募集終了
備 考
・在校生で希望する場合は個別にご相談ください。
団体名
公益財団法人 山口県ひとづくり財団
出願資格
・保護者が山口県内に住所を有しており,学部生である者。
・向学心に富み有能な素質を有し,経済的な理由により修学が困難と認められる者。
・日本学生支援機構やその他の団体の奨学生でない者。
奨学金額
月額 43,000円
(大学卒業後,山口県内の企業等へ就職し,山口県内に定住したいと考えている者については定住促進奨学金として20,000円の上乗せが可能)
種類:貸与
他の奨学金との併用
不可
学内締め切り
募集終了
団体名
東大阪市教育委員会
出願資格
・東大阪市に住所を有する者で,学部生である者。
・向学心に富みながらも,経済的により修学が困難であると認められる者。
奨学金額
月額 14,000円
種類:貸与
他の奨学金との併用
可能
学内締め切り
募集終了
団体名
石川県教育委員会
出願資格
・大学(大学院を除く)に在学する学生で,保護者が石川県内に現に引き続き3年以上居住している者。
・勉学意欲があり,かつ,学資の支弁が困難な者。
・日本学生支援機構の貸与奨学金を受けていない者。
奨学金額
月額 44,000円
種類:貸与
他の奨学金との併用
日本学生支援機構貸与奨学金は不可。
学内締め切り
募集終了
団体名
岐阜県教育委員会
出願資格
・大学(専攻科,大学院を除く)に在籍しており,岐阜県内に住所を有する者の子弟であること。
・人物,学業共に優秀であること。
・修学に十分耐えうる健康状態であること。
・経済的理由により修学が困難であること。
奨学金額
月額 32,000円
(日本学生支援機構の奨学金を併せて受ける場合は16,000円)
種類:貸与
他の奨学金との併用
可能
学内締め切り
募集終了
団体名
富山県教育委員会
出願資格
・保護者等(親権者,後見人その他これらに準ずる者)が富山県内に居住している者で経済的理由により,修学が困難な者。
・学業成績等の基準があります。詳しくは募集要項をご確認ください。
奨学金額
自宅通学生:月額 45,000円   自宅外通学生:月額 51,000円
種類:貸与
他の奨学金との併用
貸与型奨学金との併用は原則不可。詳しくは募集要項をご確認ください。
学内締め切り
募集終了
備考
・2019年4月入学者が申請する場合は入学前に在籍していた学校(高等学校等)に提出してください。
団体名
舞鶴市教育委員会(入学支度金)
出願資格
・2019年4月より1学年になる学部生で,人物に優れ,向学心にあふれ,経済的理由による修学が困難な者。ただし支給の対象となる学生の保護者が,申請書類を提出する日の6ヶ月前から引き続き舞鶴市に住所を有すること。
奨学金額
・生活保護世帯,中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律の適用を受ける被保護世帯,市町村民税非課税世帯:100,000円

・低所得世帯(世帯の収入が生活保護基準の100分の130以下の世帯):50,000円
種類:給付
他の奨学金との併用
同種の奨学金と併用した場合,減額する場合があります。
詳しくは舞鶴市教育委員会にお聞きください。
申請期限
募集終了
備考
・希望者は市役所(西支所総務係,加佐分室)等に備え付けている申請用紙を受け取り,必要事項を記入・押印のうえ別途必要書類を添えて舞鶴市教育委員会学校教育課へ提出してください。
・育英資金の案内については学生支援課奨学厚生係及び天王寺地区総務課学務係にて配付しております。
団体名
清流の国ぎふ大学生等奨学金
出願資格
・岐阜県内の高等学校等を卒業した者。
・県外に住所を有し,かつ,県外の大学等に在学していること。
・申請者が未成年である場合,親権者が県内に住所を有すること。
・大学等を卒業後,岐阜県内で就業する意思があると認められること。
・学業成績が優秀であるが,経済的理由により修学が困難と認められる者。
奨学金額
月額 30,000円
種類:貸与
他の奨学金との併用
可能
申請期限
募集終了
団体名
大東市(大東市未来人材奨学金返還支援補助金)
出願資格
公務員以外で次の要件をすべて満たす者(④は(1)か(2)いずれか)
①大東市に住所があり,かつ現に居住している。
②大学・高等学校在学中に奨学金等の貸与を受け,その返還を遅延なく行っている。
③市税を滞納していない。

(1)大東市内の事業所等がある中小企業に正規雇用(雇用期間の定めがなく,常勤する者をいう。)され,かつ大東市内の事業所で働いている。
(2)保育士,幼稚園教諭,看護師,保健師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,社会福祉士,介護福祉士,介護支援専門員,精神保健福祉士の免許を持ち,大東市内に事業所がある事業主に正規雇用され,かつ,大東市内の事業所で資格に基づき働いている。
補助内容
奨学金等の返還額の1/2(1,000円未満の端数切捨て)
上限75,000円(1年を上半期・下半期に分けた1期あたり)
詳しくはパンフレット(学生支援課及び天王寺地区総務課にて配付)をご覧ください。
申請期限
【上半期】【4~9月返還分】
10月1日から翌年3月31日まで
【下半期】【10~3月返還分】
4月1日から9月30日まで
団体名
三重県戦略企画部戦略企画総務課
(三重県地域と若者の未来を拓く学生奨学金返還支援事業)
出願資格
・申請時に大学等の最終学年またはその1年前の学年の在学生で,かつ,就業先が決まっていない者。
・常勤雇用または個人事業主等そして就業する予定の者(ただし公務員は除く)。
・日本学生支援機構第1種奨学金またはこれに準ずる奨学金を借入れ,返還予定の者。
・平成31年3月31日時点で35歳未満の者。
・指定地域への居住を希望する者。指定地域については募集要項もしくは団体HPにてご確認ください。
助成内容
・在学中に借受予定の奨学金総額の1/4(上限100万円)
助成金は,大学等を卒業後就業し,かつ指定地域に4年間居住した場合に助成金額の1/3を交付し,8年間居住した場合に残額を交付。
申請期限
期間内に団体へ直接申請してください。
令和元年7月8日(月)~令和2年1月17日(金)まで
団体名
城陽市教育委員会(令和元年度辻奨学生)
出願資格
・本人または保護者が京都府城陽市内に在住し,住民基本台帳に登録されていること。
【勉学奨励金】
・大学2年生以上,大学院1年生以上で学力が特に認められる者。

【スポーツ奨励金】
・大学,大学院に在学する,全国規模のスポーツの競技会において特に優秀な成績を収めた者。成績は平成30年度~令和元年度中の成績とします。

【芸術奨励金】
・大学,大学院に在学する文学,音楽,美術等の芸術の全国規模のコンクール等において特に優秀な成績を収めた者。成績は平成30年度~令和元年度中の成績とします。
奨学金額
50万円(1人1回限り)
種類:給付
他の奨学金との併用
可能
申請期限
期間内に団体へ直接申請してください。
令和元年7月19日(金)~8月31日(土)まで
団体名
城陽市教育委員会(奨学金返還支援制度)
出願資格
・現在,大学・大学院に在学し,今年度中に卒業する者。
・城陽市内に5年以上定住する見込みがある者(すでに城陽市に住んでいる者も対象)。
・就業等する見込みのある者(ただし,正規職員の公務員は除く)。
・独立行政法人日本学生支援機構の第一種奨学金または第二種奨学金の貸与を現在受けている者。
助成内容
・1年間に返還した奨学金額の1/2(上限額86,000円/年で最大5年間分支援)
申請期限
期限内に団体へ直接申請してください。
令和元年8月1日(木)~令和元年12月27日(金)
団体名
公益財団法人鹿児島県育英財団(奨学金返還支援制度)
募集資格
次の①,②のいずれかに該当し,かつ,③から⑥までのすべてに該当する者。
①鹿児島県内(以下「県内」という)の高等学校(中等教育学校の後期課程を含む),特別支援学校の高等部,高等専門学校及び専修学校(高等課程)を卒業した者。
②鹿児島県外(以下「県外」という)の高等学校等を卒業した者又は高等学校卒業程度認定試験合格者。(県内に生活の本拠を有する者の子等で,県内の中学校を卒業した者に限る。)
③大学又は大学院に在学し,令和3年3月(令和2年度中を含む)に卒業(修了)予定の者。
④独立行政法人日本学生支援機構第一種奨学金又は公益財団法人鹿児島県育英財団大学等奨学金の貸与を受けている者又は貸与を受けていた者。
⑤大学等を卒業(修了)後,県内企業等に就業する意思があり,かつ,県内居住を希望する者。
⑥鹿児島県等が実施する返還免除の制度が設けられている就学資金等を受給していない者。
支援要件
・大学又は大学院を卒業(修了)後,6か月以内(大学等卒業(修了)後,引き続き上級学校へ進学した場合や理事長がやむを得ない事情があると認めた場合はこの限りではない。)に,次の①,②の両方に該当し,その状況が継続している者。
①鹿児島県の発展に寄与する産業分野に就業すること。(企業等に雇用されるものは正規雇用であること。なお公務員として採用された場合は支援対象外。)
②鹿児島県内に居住すること。
詳しい支援要件については団体HP及び募集要項をご確認ください。
助成内容
・原則として,大学(学部)在学中に借り受けた日本学生支援機構第一種奨学金又は公益財団法人鹿児島県育英財団大学等奨学金の全額。ただし奨学金返還支援の要件を満たす前に返還をした奨学金の額及び返還期限猶予をされた奨学金の額は支援対象外とする。
申請期限
期限内に団体へ直接申請してください。
令和元年8月1日(木)~令和元年12月6日(金)まで(必着)