柏原市中学生と共演 ウインドオーケストラコンサート

2022.09.22New

柏原市中学生と共演 ウインドオーケストラコンサート

 教育協働学科芸術表現専攻音楽表現コースの管・打楽器専攻学生で構成するウインドオーケストラが、9月11日(日)に柏原市文化会館リビエールホールでコンサートを開催しました。
 コンサートには、他大学の管楽器専任教員5名がゲスト出演しました。

 第1部はショスタコービッチ作曲『祝典序曲』で開幕。嵐の『カイト』では、同コース4回生の村田愛莉さんが澄み渡る歌声を響かせました。さらに、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』では、母校の高校の制服を着た同コース学生らが、OKU48と称してダンスを披露しました。その後の樽屋雅徳作曲『マゼランの未知なる大陸への挑戦』は、高知大学の梶原彰人准教授が指揮しました。

 第2部では、柏原中学校、堅下北中学校、堅下南中学校、国分中学校、玉手中学校の吹奏楽部に所属する生徒83名に、学生らを加えた総勢88名の大編成で合奏しました。演奏した曲目は、アニメ「鬼滅の刃」の主題歌である『紅蓮華』と、2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲『天国の島』。生徒たちは夏休みに柏原キャンパスに赴き、学校ごとに本学表現活動教育系の神代修教授の指導を受けるなど練習を積み、圧倒的な大音量の演奏を披露しました。

 第3部は、沖縄県立芸術大学の倉橋健教授の指揮のもとリード作曲『エル・カミーノ・レアル』を演奏しました。次に、同オーケストラの委嘱曲である『饂飩讃頌』を作曲者コーニッシュ自ら指揮しました。最後に、神代教授のソロ演奏を皮切りに演奏が始まった筒美京平作曲『また逢う日まで』では、観客から手拍子が起こり、会場全体が一つとなったのちに幕を閉じました。

 演奏した中学生たちは、「合同練習で大学生の方が優しく教えてくれて勉強になった」「普段の部活では経験できない大人数での演奏が経験できてよかった」などと感想を話しました。

【プログラム】
<第1部>
祝典序曲/ショスタコービッチ
 指揮:神代修
カイト/米津玄師
 ソプラノソロ:村田愛莉
 指揮:神代修
恋するフォーチュンクッキー/伊藤心太郎
 指揮:神代修
マゼランの未知なる大陸への挑戦/樽屋雅徳
 指揮:梶原彰人(高知大学)

<第2部>
紅蓮華/草野華余子
 指揮:神代修
天国の島/佐藤博昭
 指揮:神代修

<第3部>
エル・カミーノ・レアル/リード
 指揮:倉橋健(沖縄県立芸術大学)
饂飩讃頌/コーニッシュ(委嘱作品)
 指揮:コーニッシュ

カイトを歌い上げる村田愛莉さん
カイトを歌い上げる村田愛莉さん

ダンスを披露するOKU48の学生たち
ダンスを披露するOKU48の学生たち

総勢88名が迫力のサウンドを奏でる
総勢88名が迫力のサウンドを奏でる

コーニッシュ氏の指揮による饂飩讃頌
コーニッシュ氏の指揮による饂飩讃頌

神代修教授のトランペットを皮切りに演奏が始まる様子
神代修教授のトランペットを皮切りに演奏が始まる様子

(芸術表現部門)