Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

小学校教員養成5年課程(第二部)

 

実践力をもち、子どもと一緒に成長できる小学校教員を養成します

 昼間の勤労経験や教育現場でのインターンシップ活動など豊富な経験をもとに、豊かな人間性と社会性を備え、かつ、高い専門知識と優れた実践的能力を備えた小学校教員の養成をめざします。
 編入生に対しては、学生一人一人の学歴や専門性を活かして優れた実践的能力を備えた小学校教員の養成をめざします。現職教員についても、個性や経歴を尊重した教育を行います。

小学校教員養成5年課程(第二部)

学びのポイント 1

学年段階に応じた教育実践力を養う

教養基礎科目(系列別科目と総合科目)、共通基礎科目(外国語科目、体育科科目、ICT教育入門)、教職関連科目(教科専門科目、教職専門科目、教職総合科目)を学年段階に応じて学びながら、教員になるための基礎力や実践力を身につけていきます。

学びのポイント 2

同じ志をもつ仲間との親密な人間関係

入学当初の宿泊研修やゼミナールの授業を通して、仲間や指導教員と親密にコミュニケーションを図ることで、スムーズに大学生活をスタートできます。また、最寄りの附属小学校において1日観察実習を体験し、子どもたちとふれあいながら、教員の仕事について意識や意欲を高めます。

学びのポイント 3

学校インターンシップと教育実習

2回生から学年ごとに学校インターンシップ科目を履修するができます。そこで得た基礎力・実践力を活かして、4回生で附属の小学校、最終の5回生で公立の小学校でそれぞれ2週間の教育実習に臨みます。また、電子ポートフォリオを通して、指導教員と学びを確かめ合います。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

 

学習領域

教育学、心理学、教科教育学、教科内容学、教育実践学

取得できる免許・資格

  • ●:

    小学校1種

  • ○:

    中学校1種(理科・社会)

  • 資格:

    学校図書館司書教諭、社会教育主事、図書館司書

  • ●:

    卒業要件単位で取得できる教員免許状

  • ○:

    卒業要件以外の単位を併せて履修することによって取得できる教員免許状
    (ただし、授業時間割上の制約によって希望する免許状が取得できるとは限りません)

5年間の学び(3年次編入生は3年間の学び)

1回生

系列別に総合的に基礎教養を学ぶ

系列別に、その領域の基礎となる学問について幅広く学ぶとともに、総合的・学際的分野から幅広い知識と総合的視野を養うための総合科目を学びます。また、数多くの必修科目を通して、教職への意欲を高めます。

*

主な授業
  • ゼミナール

  • 日本国憲法

  • ICT教育入門

  • スポーツ実技

  • 英語 I

2回生

教員としての実践力の基礎を養う

必修の教育総論、特別支援教育、教科専門科目などを数多く学ぶとともに、学校インターンシップ科目の履修を通して、教員としての実践力の基礎を身につけます。

*
主な授業
  • 教育総論

  • 特別支援教育

  • 学校インターンシップ基礎Ⅰ

  • 教科教育法(生活)

3回生

教員の基礎力を向上

教育学や心理学の専門科目、教科の具体的な指導法(教科教育法)について学びながら、教員としての基礎力を向上させるとともに、日ごろの学校現場での活動をさらに活性化します。

*

主な授業
  • 小学校英語教育

  • 発達と教育の心理学

  • 生徒指導論

  • 教科教育法(国語・社会・理科・図画工作)

4回生

附属小学校で教育実習

教科の具体的な指導法についてさらに学びを深め、実践的な指導力を向上させるとともに、学校安全や道徳教育に関する知見を身につけ、11月には2週間の教育実習に臨みます。

*
主な授業
  • 学校安全

  • 教育実践の研究

  • 道徳教育の研究

  • 教科教育法(算数・音楽・家庭科)

5回生

大学生活の集大成

卒業論文作成のためのゼミ活動を本格的にスタートさせ、夏の採用試験に向かって準備を急ぎます。秋には公立学校の教育実習、そして教職実践演習を終えて、学生生活の集大成として卒業論文を提出します。

*

主な授業
  • 教育実習 II

  • 教職実践演習

  • 卒業論文

卒業後の進路

 キャリア支援センターがガイダンスや模擬面接などを実施し、万全なフォローアップを行い、厳しい就職情勢に打ち勝つための情報やアドバイスを随時発信しています。
 特に教員採用試験に向けては、教育委員会や学校現場で勤務経験のある専門のキャリア・アドバイザーが採用試験に向けた面接練習、場面指導や模擬授業対策などを行っており、教員正規採用人数では毎年全国トップクラスの実績を誇ります。

主な就職先

  • 大阪市教育委員会

  • 大阪府教育委員会

  • 堺市教育委員会

主な進学先(大学院)

  • 大阪教育大学大学院
  • 大阪大学大学院

就職状況

*

教員からのメッセージ

 私は、主に体育科教育を担当しています。小学生の時期には、運動神経が著しく発達する時期ですので、子どもたちの成長時期に合った適切な運動刺激を与えることが大切です。そのため、小学校で体育の授業を行う教員は、子どもたちの発育発達のメカニズムはもちろん、それぞれの運動を習得するための技術ポイントやボール運動におけるそれぞれのボールゲームの中で使われる戦術などを明確に理解しておく必要があります。このような小学校教員として体育の授業を行う際に必要な教師の資質を磨くことができます。運動することや身体活動を通しての遊びが大好きで、明るく活力のある子どもたちを育てられる小学校教員を目指してみませんか?

*

実践学校教育講座 宍戸隆之