7月27日(土)・28日(日)の2日間、柏原キャンパスにおいてオープンキャンパスを開催しました。1日目は台風接近による雨模様、2日目は一転して大変な日差しのなかでの開催でしたが、27日が3586人、28日が2853人の参加者で、大変賑わいました。
 オープンキャンパスでは、将来学校現場で教師として活躍したい、あるいは教育に広い視野をもって学びの高度化を図りたいと本学に興味をもってくれている人たちに、本学での学びを体感していただけるよう様々なイベントを実施しています。なかでも今年、特色あるイベントのひとつに、ICTによるプログラミング教育の模擬授業がありました。学校現場での数学教育の経験のある上出吉則特任教授による「キャラクター制作の秘密を探ろう。ICTでね」という模擬授業で、これを体験した多くの高校生・受講者から、「これまで、プログラミングやプログラミング教育に抵抗感があったが、こんな良い経験ができるのなら、大阪教育大学で学び、将来教師として活躍したい」というような声が多数アンケートに寄せられました。
 オープンキャンパスに限らず、これからも様々な場面で、大阪教育大学ならではの学びの意義を発信していきます。

パーマリンク

コメントは受け付けていません。