携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

小学校教員養成5年課程(第二部)

 夜間に開講されている全国で唯一の国立の教員養成課程で、5年制です。
 授業は、教員として必要な教育科学の理論とともに、各教科の具体的な進め方など、実践面まで幅広く開かれます。
 昼間は、働きながら、学校インターンシップで子どもと触れ合い、ボランティア活動で教育現場を体験できます。
 ここでは、人生経験が豊かで実践的能力のある小学校教員が育っています。

*

  天王寺キャンパス

 教育現場では社会の変化に伴ってさまざまな問題が出てきていますが、そういった問題解決に積極的に取り組めるような教員をめざし、討論の場や教育現場での実践的な学びの場を重視しています。キャンパス内には、3年次編入した学生や、夜間の大学院で学ぶ学校現場の先生もいます。さまざまな立場の学生・大学院生・現場の先生との交流を深めながら、教育について学び、教員としての専門性を身につけていくことができます。
 なおキャンパスは、天王寺にあり、通学、仕事、ボランティア活動などに便利です。授業科目以外では、教員採用試験のための特別講座なども開講しており、自由に参加することができます。

基本理念・目標

 昼間の勤労経験や教育現場でのインターンシップ活動など豊富な経験をもとに,豊かな人間性と社会性を備え,かつ,高い専門知識と優れた実践的能力を備えた小学校教員の養成をめざします。
 編入生に対しては,学生一人ひとりの学歴や専門性を活かして優れた実践的能力を備えた小学校教員の養成をめざします。
 また,現職教員についても,個性や経歴を尊重した教育を行います。

求める学生像

・教育について、強い関心と問題意識を持つ人
・教員をめざすために必要な基礎学力を備えている人
・昼間の社会的活動(仕事、ボランティアなど)と夜間の勉強との両立ができる人
・明朗で協調性に富み、人とのコミュニケーションが図れる人