Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

学校教育教員養成課程 小中教育専攻 美術・書道教育コース

 

アート×人 美術・書道教育で未来を拓く

美術・書道教育コースは、美術・書道を通し、人と交流し自らの世界を広げ、学ぶ力を育てる教育を目指します。セミナー合宿、研修旅行などを通して、学年を越えたつながりを大切にします。
実習や講義により、基礎的な知識・技能を身につけ、さらに専門的な学びや図画工作・美術・書道教科の内容や指導方法を学びます。卒業研究では、専門のゼミに分かれ、4年間の成果を展覧会などで発表します。

求める学生像

高等学校で履修した教科・科目の基礎学力を十分に身につけた人

美術・書道分野に関し、小学校教員や中学校教員をめざすために十分な教育実践力を身につけようとする意欲あふれる人

教職に就くことを強く希望し、その意志を持ち続けることのできる人

子どもたちの成長に関わることにやりがいと使命を感じることができる人

多様な年齢の人々とコミュニケーションを図る能力を身につけようとしている人

学校生活の経験をとおして、学校や教育への親しみや関心を抱いている人

 

 

学びのポイント 1

美術・書道の基礎から、実践的な教育、制作、研究へ

主体的に学び他者と関わり、さまざまな能力を伸ばしていけるよう構成されています。1回生では、造形の基礎・美術史・書法の基礎などを学び、2回生では、教育法などの教科専門科目、専攻科目では、造形基礎、美術理論・書道理論、書道史などを学びます。教材研究にも取り組みます。3回生では、各ゼミに分属し発展的な課題を探求し、卒業研究に向け研究テーマを設定し、4回生では、研究テーマにもとづき卒業研究に取り組みます。

学びのポイント 2

子どもによりそい感性を豊かに

「子どもによりそい感性を豊かに」をモットーに、個性豊かな教員がサポートし、研究を深めます。美術、書道を通して人と交流し、自らの世界を拡げ学ぶ力を育てる教育を目指します。コミュニケーションを大切にし学年を越えた交流も活発です。学生の研究発表のサポート、学校現場での実践、地域交流、国際交流なども積極的に実施しています。

学びのポイント 3

4年間積み上げ型の教育実習

教師としての実践的指導力を身に付けるために「観察実習(1回生必修)」→「体験実習(2回生選択)」→「基本実習(3回生必修)」→「発展実習(4回生選択)」と、4年間を通して教育実習を積み上げていきます。また、電子ポートフォリオを使い、入学から卒業まで指導教員と定期的に面談し、良好な学生生活が送れるように支援します。

 

募集人員

15人

学習領域

絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術史、美術科教育学
書写書道、書道史

取得できる免許・資格

  • 美術

    分野

  • ●:

    小学校教諭一種

  • ○:

    中学校教諭一種(美術)、高等学校教諭一種(美術)

  • 資格:

    学校図書館司書教諭、社会教育主事、図書館司書

  • 書道

    分野

  • ●:

    小学校教諭一種

  • ○:

    高等学校教諭一種(書道)

  • □:

    中学校教諭一種(国語)、高等学校教諭一種(国語) 

  • 資格:

    学校図書館司書教諭、社会教育主事、図書館司書

  • ●:

    卒業要件単位で取得できる教員免許状

  • ○:

    卒業要件以外の単位を併せて履修することによって取得できる教員免許状
    (ただし、授業時間割上の制約によって希望する免許状が取得できるとは限りません)

  • □:

    履修要件を満たした者に限り,取得のために必要な単位修得が認められます。

4年間の学び

1回生

美術・書道教育へのアプローチ 学びの基礎

一般教養と教職入門をはじめとする教職基礎科目を主体としたカリキュラム構成です。幼稚園、小学校、中学校で幼児、児童、生徒の実態や先生の指導方法を観察する実習があります。美術・書道の専攻科目では、造形の基礎・書法の基礎を学びます。

主な授業
  • (共通)教職入門

  • (美術)造形表現 A I~D I

  • (美術)小学校教科内容(図画工作)

  • (美術)美術史 A

  • (書道)楷書法演習

  • (書道)仮名書法演習Ⅰ

  • 発達と学習の心理学

  • 小学校教科専門科目

2回生

美術・書道の学びが広がる

一般教養と教職基礎および教職専門科目を主体としたカリキュラム構成です。図画工作科教育法、美術科教育法、書道科教育法、国語科教育法(書写)などを学びます。美術・書道の専攻科目では、造形の基礎、美術理論、書道理論、書道史を中心に学び、教材研究にも取り組みます。

主な授業
  • (美術)造形表現 A II~D III

  • (美術)材料研究 A・B

  • (美術)美術理論 I・II

  • (美術)美術科教育法 I・II

  • (美術)図画工作科教育法

  • (書道)書道概論Ⅰ・Ⅱ

  • (書道)中国書道史

  • 教育課程・方法論

  • 生徒指導・進路指導論

3回生

美術・書道教育の学びを深め高める

小学校において教育実習を行い実践的指導力を身につけます。美術・書道の専攻科目では、専門分野の学びを深めます。また、卒業研究に向けた研究テーマを設定しゼミ形式での研究を始めます。

主な授業
  • (美術)美術科教育法III・IV

  • (美術)自由研究I

  • (美術)デザイン・工芸史

  • (書道)彫刻演習

  • (書道)書鑑賞論

  • (書道)書道科内容構成演習

  • (書道)仮名作品制作論演習Ⅰ

  • 教育相談の心理学

4回生

学びを追求し それぞれの個性 花開く

3回生で設定したテーマにもとづき卒業研究を進めます。教職実践演習を通して、教職に対するこれまでの学びを振り返り、それぞれの課題に応じ必要な力を伸ばします。卒業研究の成果は、卒業制作展などで発表されます。

主な授業
  • (共通)教職実践演習

  • (共通)卒業研究

  • (美術)自由研究II

  • (書道)実用書式の研究

  • (書道)自由研究Ⅰ・Ⅱ

教員からのメッセージ

私たちの美術・書道教育専攻では、卒業時には教員の一種免許状が得られます。現在の教育現場では、コミュニケーション能力のある人材が広く求められていますので、専攻としても地域の子どもたちと造形活動を一緒に行ったり、 作品展示を通して交流を図ったり等様々な取り組みを行っています。大学では、それまでの高等学校での教育とは異なり、自ら必要な知識を獲得し、主体的に他者と関わり、自分自身のさまざまな能力を伸ばしていく場です。現在美術・書道教育の現場では、本当にたくさんの卒業生が活躍しています。多くの経験を積んで自分自身が成長できることの喜びを味わってほしいと思います。
(美術教育講座 加藤可奈衛)