「報道カメラマンとハンセン病」授業公開のご案内(7月24日)

チラシ画像
↑クリックするとPDFが開きます。

 関隆晴本学名誉教授による教養基礎科目「地域連携学校教育入門-現代社会を生きる-」で,36年にわたりハンセン病の療養所へ通い続け映像を記録した,報道カメラマンの宮崎賢氏をゲストティーチャーに招いて授業を行います。
 本授業を公開しますので,多くの学生,教職員,地域の方のご参加をお待ちしております。

【テーマ】
 「報道カメラマンとハンセン病~映像で記憶を語り継ぐ~」
  講師:宮崎 賢(報道カメラマン)

日時:2018年7月24日(火) 12:55~14:25
場所:柏原キャンパス A棟107教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ

◎講義終了後,宮崎氏を囲んで懇談会を開きます。(於:大学会館(M棟)3階サンカフェ)
 参加希望の方はお気軽に下記お問い合わせ先へご連絡ください。

お問い合わせ:seki@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:11:37 | パーマリンク