本学卒業生が合唱活動を通じた学生の学びについて考察する著書を刊行

 音楽教育講座・寺尾正特任教授のもとで学んだ本学卒業生の伊藤裕来さんによる著書「合唱による地域連携と学びのメカニズム −大阪教育大学コーラスセッションの研究から−」が刊行されました。
 寺尾特任教授が指導する学生の合唱団「コーラスセッション」は、柏原市の事業への参加、学校や病院での公演など、地域に密着した様々な活動を行っています。本書は、大学院生として同団体に参画した経験を持つ伊藤さんが、団体の概要やこれまでの活動についてまとめるとともに、同団体で活動することによりどのような学びが得られるのか、参加学生へのアンケート等から考察したものです。

【目次】
1. 大阪教育大学コーラスセッション
2. 大阪教育大学コーラスセッションに関わる授業
3. 《インタビュー》寺尾 正コーラスセッション顧問
4. 学生アンケート調査
5. 考察

表題:合唱による地域連携と学びのメカニズム
著者:伊藤 裕来
出版社:株式会社ERP
定価:本体800円+税

投稿者:   日時:16:19 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。