ライト・オン・デザイン・プロジェクト報告会「ドイツ・ヨーロッパの視覚特別支援学校と『公益有限会社 ドイツ盲ろう事業』」を開催

ポスター
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

ライト・オン・デザイン・プロジェクト報告会「ドイツ・ヨーロッパの視覚特別支援学校と『公益有限会社 ドイツ盲ろう事業』」が下記内容・日程で開催されます。

<内容>
 ドイツ・ニーダーザクセン州にある公益有限会社 「ドイツ盲ろう事業」は学校と広大な作業所と住居を有し,視覚聴覚二重障がい,あるいは盲ろうの人たちへ生涯にわたる生活と教育支援を提供しています。ヨーロッパでも先進的な活動をおこなっているその施設についての報告会を開催します。また,この報告会ではヨーロッパの特別支援学校の建物や校内の様子,設備,作業所などの紹介もおこないます。

<プログラム>
司会:金井 謙介(梅花女子大学講師)
 【13:00〜13:40】  ヨーロッパとドイツの視覚特別支援学校:建物・デザイン
    報告者:山本 利和 (大阪教育大学教育学部特別支援教育講座教授)
 【13:50〜15:50】  「ドイツ盲ろう事業」の支援活動
    報告者:藤堂 敏 (グラフィックデザイナー)
    指定討論者:愼 英弘 (四天王寺国際仏教大学大学院教授)
             木村 よしひろ ((株)VANS 代表取締役)
 【16:00〜17:00】  立席座談会

日時:2010年6月26日(土) 13:00〜17:00
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス 中央館2階214教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。 [キャンパスマップへ
問い合わせ先:大阪教育大学 特別支援教育講座 山本利和
          yamamoto@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

ライト・オン・デザイン・プロジェクト http://www.light-on-design.jp/

投稿者:   日時:12:09 | パーマリンク

加藤可奈衛准教授の作品が「KANTAN歩(FU) 2010 現代美術−平面・立体−展」で展示

DM表 DM裏
↑クリックすると拡大します。

西宮市立市民ギャラリーで行われる「KANTAN歩(FU) 2010 現代美術−平面・立体−展」に,本学教員養成課程美術教育講座加藤可奈衛准教授の作品が展示されます。

日時:2010年6月8日(火)〜6月13日(日)
   10:00〜18:00 (最終日は,16時)
場所:西宮市立市民ギャラリー 2階展示室
   〒662-0944 西宮市川添町15番26号 西宮市教育文化センター内
入場:無料

主催者:KANTAN歩実行委員会

・財団法人西宮市文化振興財団Webページ
  http://amity.nishi.or.jp/index.html

加藤可奈衛准教授プロフィール

投稿者:   日時:9:26 | パーマリンク

「第3回宇宙(天文)を学べる大学合同進学説明会」のご案内

ポスター
↑クリックすると拡大します。

「第3回宇宙(天文)を学べる大学合同進学説明会」が下記日程で開催されます。

日時:2010年6月12日(土) 10:30〜16:00 (受付10時より)
会場:大阪市立科学館 研修室
    〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-1
対象:宇宙(天文)を学べる大学への進学に関心がある高校生
    但し,一般の方も参加可能
申込み方法:不要
参加費用:無料
お問い合わせ先:
 【会場について】
  大阪市立科学館 渡部 義弥
  E-Mail:yoshiya@sci-museum.jp
 【内容について】
  大阪教育大学教育学部 教員養成課程 福江 純
  Tel/Fax:072-978-3387 E-Mail:fukue@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

■主な内容(予定)
 第1部 宇宙(天文)を学べる研究室と先生の紹介
  10:30 各大学の紹介 パ−ト1
  11:40 ランチ&ポスターセッション1
       ※昼食をご持参ください。
  13:00 各大学の紹介(各10分程度)
  14:00 休憩&ポスターセッション パート2
 第2部 天文講演会
  15:00 石原秀樹氏:「ブラックホールの物理学」
        村岡和幸氏:「サブミリ波が描き出す新しい宇宙の姿」
  16:00 終了(予定)

■参加予定大学(あいうえお順)
愛媛大学 宇宙進化研究センター/大阪教育大学/大阪市立大学/大阪大学/大阪府立大学/鹿児島大学/京都産業大学/京都大学/近畿大学/甲南大学/神戸大学/奈良女子大学/広島大学/山形大学/立命館大学 /和歌山大学 宇宙教育研究所

■主催
天文教育普及研究会近畿支部,大阪市立科学館
http://www.sci-museum.jp/index.html

投稿者:   日時:14:02 | パーマリンク

前田律雄教授・加藤可奈衛准教授の作品が「柏原ビエンナーレ展」で展示

ポスター
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

2010年5月11日(火)から16日(日)まで,本学教養学科芸術講座前田律雄教授,教員養成課程美術教育講座加藤可奈衛准教授の作品が,「第4回柏原ビエンナーレ展」で展示されます。

日時:平成22年5月11日(火)〜16日(日) 10:00〜19:00
   但し,11日は14時から,16日は17:00まで
場所:リビエールホール内レセプションホール
   〒582-8555 大阪府柏原市安堂町1-60
入場:無料

主催:柏原ビエンナーレ実行委員会
後援:柏原市、柏原市教育委員会

投稿者:   日時:16:20 | パーマリンク

実践学校教育講座 田中紘二先生最終講義 『ピアノ音楽の魅力』のご案内

ポスター
↑クリックすると拡大します。

本年3月をもって本学を定年退職される実践学校教育講座教授 田中紘二先生の最終講義が行われます。
天王寺キャンパス中央館ミレニアムホールに設置されている3台のピアノの名器を駆使して,ピアノ音楽の魅力と本学での41年にわたる教育活動からの思い出を語っていただきます。

日時:平成22年3月10日(水)19:00〜20:00
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス ミレニアムホール
   ↓交通案内はこちらを御覧ください。
   [キャンパスマップへ
お問い合わせ先:
実践学校教育講座 大木研究室 oki@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:15:04 | パーマリンク

美術教育専攻書道「第6回BEER大阪教育大学萱ゼミ書展」を開催

DM表 DM裏
↑クリックすると拡大します。

美術教育講座萱のり子教授及び萱研究室の在学生と卒業生による「第6回BEER展“紙に書するとき”」が下記日程で開催されます。

『今年は,「紙」をテーマにした作品展示,教育現場の取り組みの紹介,作品づくりの体験コーナーを設けました。「紙に書するとき」をテーマに,おのおのが,「紙」と出逢い,向き合い,そして「書する」ことで生まれた作品を展示します。見たり,話したり,作ったり,気軽に「書」と触れあえる会場です。
“BEER”とは,書の命である美を追求し(beauty)表現しようとし(expression),いかに引き出し伝えられるかを模索し(education),そこから新たなものを創造(re crea tion:ラテン語源でre crea tio. Re−再び,crea−創造する,ation−こと)していこう」という意味で,この書展に関わるゼミ仲間(卒業生と在学生)のモットーです。』

日時:平成22年3月5日(金)〜 3月7日(日)
   10:00〜19:00 (最終日は17:00まで)
場所:奈良県文化会館 展示室C
   〒630-8213 奈良市登大路町6−2
入場:無料
お問い合わせ: j099436@ex.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:美術教育講座 萱研究室

投稿者:   日時:16:07 | パーマリンク

本学教員・学生による「Ensemble Daffodil 8th Recital」開催


↑クリックするとPDFファイルが開きます。

音楽教育講座 寺尾正教授と本学学生、院生、卒業生からなるアンサンブル ダッフォディルによる8回目のリサイタル「Ensemble Daffodil 8th Recital 」が以下の日程で開催されます。

<プログラム>
Stabat Materより / G.ペルゴレージ
Missa No.2 D.167 / F.シューベルト
Birthday Madrigals / J.ラター      他
<演奏>
指揮:寺尾 正
ピアノ:槇原 聡子
オルガン:山口 聖代
コントラバス:伊藤 学

日時:2010年3月6日(土) 19:00開演/18:30開場
場所:ムラマツ リサイタルホール 新大阪
   〒532-0004 大阪市淀川区西宮原2-1-3 ソーラ新大阪21ビル1F
入場料:前売券1,500円、当日券1,800円
お問い合せ:http://www.daffodil.jp/recital.html

主催:アンサンブル・ダッフォディル

 
アンサンブル・ダッフォディル:
1996年結成。大阪教育大学 寺尾正の指導のもと,学部生,院生,卒業生17名で構成。宝塚国際室内合唱コンクールで度々入賞。リサイタルの他、各地で演奏会に出演し,施設や学校等でのボランティア演奏も行っている。

寺尾正教授プロフィール

投稿者:   日時:16:06 | パーマリンク

第4回 国語科授業・実践研究会のご案内

ポスター
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

「第4回 国語科授業・実践研究会」が下記日程で開催されます。

『第4回の国語科授業・実践研究会は,子どもの表現することのなかでも「演じること」に焦点をあて,そのことを基盤とした,子どもとつくる楽しい国語・文学の授業のありかたを具体的に考えながら,国語科授業を子どもにとって,さらに魅力あるものにしていきたいとおもいます。
そこで,今回は,詩人で子どもミュージカルの上演にたずさわっておられる山本純子さんと,落語家で子どものための「落語体験ツアー」を主催しておられる桂三風さんを講師としてお招きし,ことばとからだをのびやかにする方法や落語という語りの文芸がもっている本質を体感しつつ,「演じること」の楽しさをどのように国語の授業づくりに生かしていけばよいのか,みなさんとともに考え合っていきたいとおもいます。たくさんの方のご参加をお待ちしております。』

【講師】山本 純子(詩人)・ 桂 三風(桂 三枝一門)
【日程】平成22年2月20日(土)10:30〜17:00
【場所】大阪教育大学天王寺キャンパス 中央館214・215教室
   キャンパスマップはこちらをご覧ください。 [キャンパスマップへ
【参加費】2000円(当日,受付にて)
【後援】大阪府教育委員会・大阪市教育委員会
【申込用紙】第4回 国語科授業・実践研究会の参加は,こちらの[参加フォーマット]にてお申込ください。
【問い合わせ・申し込み先】
E-mail toshiya@cc.osaka-kyoiku.ac.jp又は,FAX 06-6775-6626

【内容】
 10:30〜10:45
  あいさつ 田中俊弥「演じることと国語科授業」215教室
 10:45〜12:15
  <講演>山本純子(詩人)「ことばとからだをのびやかにする詩の朗読」
 13:30〜15:00
  ワークショップ 214教室と215教室
   (テーマ 楽しみながら、子どもの演じることを励ます実践の方法を学ぶ。)
    ○山本純子さんとのワークショップ(ことばとからだをのびやかにするワークショップ)
    ○桂三風さんとのワークショップ(小咄を楽しみ実践するワークショップ)
 15:15〜16:45
  <講演>桂三風(桂三枝一門)「落語を演じること」
 16:45〜17:00
  あいさつ 田中俊弥「これからの大阪国語教育実践の会のこと」

 ・詳しくは研究会のWebページをご覧下さい。
 http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~toshiya/2009/index.html

投稿者:   日時:9:51 | パーマリンク
15 / 15« 先頭...1112131415