「Ensemble Daffodil 12th Recital」開催のご案内(3月8日)

チラシ表 チラシ裏
↑クリックするとPDFが開きます。

アンサンブル・ダッフォディルによる「Ensemble Daffodil 12th Recital」が下記日程で開催されます。

【プログラム】
 女声合唱とピアノのための組曲「ある真夜中に」
  瀬戸内寂聴 作詞 / 千原英喜 作曲
 5つの讃歌 作品140より
  J. G. ラインベルガー 作曲   他

【出演】
 指揮:寺尾 正
 オルガン:山口 聖代
 ピアノ:槇原 聡子

日時:2014年3月8日(土) 開場17:30/開演18:00
場所:ムラマツリサイタルホール新大阪
    〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原2-1-3 ソーラ新大阪21ビル1F
入場料:前売1,500円/当日1,800円
お問合せ:ensembledaffodil@gmail.com

 
Ensemble Daffodil アンサンブル・ダッフォディル:
 大阪教育大学の学生8名により1996年に結成。メンバーは学部生から院生,卒業生に渡り,アンサンブル活動だけでなく,ソリストとして広く活躍する者もいる。現在は寺尾正の指導のもとに活動。2008年より,女声での活動に加え,混声での活動も行っている。
 これまでに11回のリサイタルのほか,リーガロイヤルホテル(大阪)ザ・クリスタルチャペルでのクリスマスコンサート,弥生文化博物館や京都文化博物館でのレクチャーコンサート等に出演。2006年には沖縄県での公共ホール活性化アウトリーチ事業にも参加。その他,施設や小学校等でのボランティア活動も行っている。また,戦前関西で活躍したヨーゼフ・ラスカの作品の再演など,研究活動にも寄与している。

投稿者:   日時:10:24 | パーマリンク

宝塚市「市民のためのオルガンコンサート」にアンサンブル・ダッフォディルが出演(2月8日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 宝塚市などが主催する「第314回 市民のためのオルガンコンサート ‘聖なる響きに満たされて’ ~ヴォーカルアンサンブルとオルガンの世界~」にアンサンブル・ダッフォディルが出演します。

【コメント】
 宗教曲を中心にしたプログラム。ホールいっぱいに拡がる“アンサンブル・ダッフォディル”の清らかで美しい歌声と,オルガンの豊かな響きによるひと時を,どうぞごゆっくりお楽しみください。

【曲目】
 J. G. ラインベルガー / 5つの賛歌 op.140より
 J. N. レメンス / 祈り   ほか

【出演】
 久保田 真矢(パイプオルガン)
 アンサンブル・ダッフォディル(合唱)

日時:2014年2月8日(土) 13:00開場/13:30開演
場所:宝塚ベガ・ホール
入場料:500円(友の会400円)
     ※入場料は当日会場にてお支払いください
     ※未就学児のご入場はご遠慮ください
     ※宝塚市民以外の方もご入場できます
お問合せ:宝塚ベガ・ホール 0797-84-6192

主催:宝塚市・公益財団法人宝塚市文化財団

 
Ensemble Daffodil アンサンブル・ダッフォディル:
 1996年結成。大阪教育大学 寺尾正の指導のもと,学部生,院生,卒業生他により構成。
 女声での活動に加え,2008年より混声での活動も行なっている。これまでに11回のリサイタルのほか,弥生文化博物館や京都文化博物館でのレクチャーコンサート等に出演。その他,施設や学校等でのボランティア演奏を行なっている。

投稿者:   日時:14:03 | パーマリンク

NHKラジオに日本・アジア言語文化講座の小野恭靖教授が出演(2014年1月4日・11日・18日・25日)

 本学教養学科日本・アジア言語文化講座の小野恭靖教授が,2014年1月のNHKラジオ『私の日本語辞典』に出演します。
 『私の日本語辞典』は,NHK日本語センターアナウンサーの秋山和平氏とゲストによる対談番組です。番組のテーマはゲストの日本語にこだわった研究履歴の紹介です。
 今回の小野教授の出演回(4回)は「はやり歌にみる言葉の文化史」と題し,日本の古代から近世にいたる歌謡を紹介し,その表現に焦点を合わせて語る内容になっています。
 小野教授が同番組に出演するのは,2008年4月(子ども歌の系譜)に次いで2回目です。

<放送スケジュール>
【第1回】
 テーマ:神楽歌(かぐらうた)と催馬楽(さいばら)の言葉文化史
 放送:2014年1月4日(土) 21:00~21:30
     〈再放送〉2014年1月11日(土) 15:10~15:40
【第2回】
 テーマ:今様(いまよう)の言葉文化史
 放送:2014年1月11日(土) 21:00~21:30
     〈再放送〉2014年1月18日(土) 15:10~15:40
【第3回】
 テーマ:室町小歌(むろまちこうた)と隆達節(りゅうたつぶし)の言葉文化史
 放送:2014年1月18日(土) 21:00~21:30
     〈再放送〉2014年1月25日(土) 15:10~15:40
【第4回】
 テーマ:隆達節(りゅうたつぶし)と江戸時代歌謡の言葉文化史
 放送:2014年1月25日(土) 21:00~21:30
     〈再放送〉2014年2月1日(土) 15:10~15:40

投稿者:   日時:9:49 | パーマリンク

伝統音楽国際シンポジウム「学校における伝統音楽の教育」開催のご案内(1月11日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 伝統音楽国際シンポジウム「学校における伝統音楽の教育―箏を中心とした和楽器合奏の義務教育9年間プログラム開発を通して―」が下記日程で開催されます。

【趣旨】
 「創造としての伝統」をテーマに,学校教育で伝統音楽をどう位置付けることができるかについて議論し,伝統音楽教育についての理解を深める。
 大阪教育大学と附属平野小・中が連携し,5年間かけて「だれでもできる和楽器合奏プログラム」を開発してきた。
 この成果の発信を機会に,伝統音楽を学校教育にどう位置付けたらよいかについて国際シンポジウムを行う。

【プログラム】
・オープニング
  箏の記念演奏
    吉村七重
・第I部 基調講演 ―21世紀の今,学校で伝統音楽教育を行う意義―
  「ジャーナリストの目からみた世界における日本の伝統音楽」
    吉田純子(朝日新聞文化部記者)
  「音楽文化からみた世界における日本の伝統音楽」
    石田一志(音楽評論家)
・第II部 大阪教育大学和楽器プロジェクトの成果の発表
  平野小学校の児童,平野中学校の生徒による和楽器合奏
・第III部 シンポジウム ―海外の授業実践映像とともに―
  「韓国の伝統音楽教育の現状と課題」(通訳付き)
    Dr. Kwon, Doug-won (韓国 京仁教育大学教授)
  「ハワイの伝統音楽教育の現状と課題」(通訳付き)
    Dr. Karen S. Drozd (ハワイ プナホウ小学校)
  「箏演奏における伝統と創造」
    吉村七重(箏演奏家)

日時:2014年1月11日(土) 13:00~17:30
場所:大阪教育大学附属平野小学校体育館
   〒547-0032 大阪市平野区流町1-6-41
参加費:無料
申込方法:氏名,所属,連絡先を明記のうえメールにてお申込みください。
申込・問合せ先:小島律子 ritsuko@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:9:46 | パーマリンク

アンサンブル・ダッフォディル チャペルコンサートのご案内(12月25日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 「リーガロイヤルホテルのチャペルコンサート Rの音楽会」で,アンサンブル・ダッフォディルのリサイタルが開催されます。

【予定曲目】
 「Messe in G」より/シューベルト
 さやかに星はきらめき
 White Christmas
 This is the day/ラター
 もろびとこぞりて  他

日時:2013年12月25日(水) 受付18:30/開演19:00
場所:リーガロイヤルホテル ザ・クリスタルチャペル
    大阪市北区中之島5-3-68
入場料:3,500円(自由席)
お問合せ:リーガロイヤルホテル 予約統括課(宴会予約)
      06-6441-1431(受付時間10:00~18:00)

 
Ensemble Daffodil アンサンブル・ダッフォディル:
 1996年結成。大阪教育大学 寺尾正の指導のもと,学部生,院生,卒業生他により構成。
 女声での活動に加え,2008年より混声での活動も行なっている。これまでに11回のリサイタルのほか,弥生文化博物館や京都文化博物館でのレクチャーコンサート等に出演。その他,施設や学校等でのボランティア演奏を行なっている。
 リーガロイヤルホテル(大阪)ザ・クリスタルチャペルでのクリスマスコンサートも7回目の出演となる。

投稿者:   日時:13:45 | パーマリンク

国語科授業・実践研究会「大阪の笑いを活かす〈ことばの教育〉」開催のご案内(12月1日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 第二部の田中俊弥教授が代表をつとめる大阪国語教育実践の会による研究会「大阪の笑いを活かす〈ことばの教育〉」が下記日程で開催されます。

【コメント】
 このたびの研究会では,〈笑い〉ということをテーマに,わが研究会のお家芸ともいうべき句会(五七五をつくって読み合う会)を参加者とともに展開し,大阪の「笑い」のいまについて,落語家の桂三風さん(桂文枝さんのお弟子さん)をお迎えして楽しい話をお聞きしたいと考えています。
 どうぞ,ご参加のこと,よろしくお願いします。

<プログラム>
 ・「笑い」をテーマとした句会
   司会・進行:荒木規夫(大阪府教育委員会事務局・教務グループ)
 ・記念講演「大阪の笑いを取り戻す」
   講師:桂三風(桂文枝一門,客席参加型落語を商標登録,早起き寄席主宰)

日時:2013年12月1日(日) 13:30~17:00
場所:大阪教育大学 天王寺キャンパス 212教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
参加費:1,500円(当日受付にて。資料代を含む)
     ※事前申し込みは不要です。
お問合せ:国語第一研究室
       E-mail toshiya@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
       FAX 06-6775-6626

・大阪国語教育実践の会(田中俊弥研究室)ウェブサイト
 http://nibujissen.com/

投稿者:   日時:18:48 | パーマリンク

第13回 スクールリーダー・フォーラムのご案内(11月23日)

パンフレット表紙
↑クリックするとPDFが開きます。

 第13回スクールリーダー・フォーラム「学校づくり実践を物語る―大学・学校・教育委員会のコラボレーション―」が下記日程で開催されます。

【第13回スクールリーダー・フォーラムの趣旨】
「学校づくり実践を物語る」 ―大阪教育大学・大阪府教育委員会・大阪市教育委員会合同プロジェクト
 第13回フォーラムは,スクールリーダーが学校づくりの実践を持ち寄って交流し省察します。スクールリーダーがそれぞれの立場・役割から学校づくりについて語り,参加者が聴き合うラウンドテーブル方式で行います。基調講演,総括講演では,学校づくりの組織論と実践について問題提起していただきます。これらを通して,理論知と実践知が交流する学習コミュニティを創り出したいと考えています。
 なお,このフォーラムでいうスクールリーダーは「学校づくりの中核を担う教職員」で,校長,教頭,主幹教諭(首席),指導教諭,主要な主任,事務長などを含みます。
 今回のフォーラムは,大阪教育大学・大阪府教育委員会・大阪市教育委員会が企画運営する合同プロジェクトですが,福井大学教職大学院と鳴門教育大学教職大学院の組織協力を得て開催されます。5つの組織が本格的に連携協力して運営するフォーラムです。各地域・各大学院のスタンスや取り組みが交錯し,学びと刺激に満ち,スクールリーダーの明日の取り組みを励ますことになることを期待しています。一人ひとりの参加者が主役となって,フォーラムを創り上げるよう取り組んでいきましょう。

【プログラム】 ※詳細は上のパンフレット画像をクリックしてPDFをご覧ください。
<第一部> (10:30~12:40 ミレニアムホール)
 ・開会あいさつ
   栗林 澄夫(大阪教育大学理事・副学長)
   津田 仁(大阪府教育委員会教育監)
   沼守 誠也(大阪市教育委員会教育次長)
 ・基調講演「学校の内発的改善力を高める組織開発 ―理論知と実践知の対話―」
   佐古 秀一(鳴門教育大学教職大学院教授・専攻長)
 ・学校現場からの発信
  「学校経営ビジョンの計画・立案・点検について」
   水野 和幸 (大阪市立友渕小学校長)
  「『やる気の芽』を育てる ―若手教員と生徒を共振させる学校経営―」
   山口 陽子 (大阪府立和泉鳥取高等学校長)
 ・ピアノ・チェロの共演
   田中 紘二(大阪教育大学名誉教授),大木 愛一(大阪教育大学教授)

<第二部> (13:30~17:30 214教室)
 ・ラウンドテーブル「スクールリーダーの学校づくり実践 ―語り・聴く学習コミュニティ―」
   大阪府教職員,大阪市教職員,大阪教育大学夜間大学院生,福井大学教職大学院生,鳴門教育大学教職大学院生 他
 ・総括講演「スクールリーダーの学校づくり ―現在から未来へ―」
   水本 徳明(京都教育大学連合教職大学院教授・同志社女子大学特任教授)
 ・閉会あいさつ
    大脇 康弘(大阪教育大学教授)

日時:2013年11月23日(土・祝) 10:30~17:30(開場は10:00)
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス ミレニアムホール,214・215教室 他
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
対象者:大阪府内の学校・教育委員会に勤務する教職員,行政職員,および大学研究者
定員:72名(インターネット事前申込制)
参加費:無料
申込方法:申し込みフォームに必要事項を記入して送信してください。
      ※定員に達しましたので、受付を終了しました。
締め切り:11月14日(木)必着
参加の可否:申込受付後10日以内にE-mailにてご連絡します。定員に達し次第,締め切らせていただきます。参加者はこの冊子で事前学習してください。
申込み・問合せ先:大阪教育大学学務部天王寺地区管理課総務係
           yakan@bur.osaka-kyoiku.ac.jp

 
スクールリーダー・フォーラム事務局
 ・大阪教育大学スクールリーダー・プロジェクト(SLP)
 ・大阪府教育委員会 教育振興室高等学校課 学校経営支援グループ
 ・大阪市教育委員会 総務部総務課 企画グループ

投稿者:   日時:6:00 | パーマリンク

「第六十二回伊勢神宮式年遷宮 奉祝演奏会」開催のご案内(10月23日)

広告画像

 「第六十二回伊勢神宮式年遷宮 奉祝演奏会」で,遷宮を記念して本学音楽教育講座の猿谷紀郎准教授が作曲し,伊勢神宮に奉納された奉祝曲『交響詩〈浄闇の祈り 2673〉』が演奏されます。

【演奏曲目】
鎮守の里 / 藤井フミヤ
 第六十二回神宮式年遷宮イメージソング オーケストラバージョン
楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 / ワーグナー
組曲「惑星」から木星(ジュピター) / ホルスト
 川井郁子編曲バージョン
追憶の海 / 川井郁子
 映画「北のカナリアたち」テーマ曲
チャールダーシュ / モンティ
交響詩「モルダウ」 / スメタナ
交響詩〈浄闇の祈り 2673〉 / 猿谷紀郎
 第六十二回神宮式年遷宮奉祝曲

指揮:円光寺 雅彦
ヴァイオリン:川井 郁子
管弦楽:読売日本交響楽団

日時:2013年10月23日(水) 18:00開場/19:00開演
会場:愛知県芸術劇場コンサートホール
料金:S席3,000円/A席2,000円
    ※全席指定・未就学児童入場不可
お問合せ:中京テレビ事業チケットセンター
       TEL 052-320-9933

投稿者:   日時:12:47 | パーマリンク

「一木一草に神をみる 自然と美術」展に秋岡美帆教授の作品が展示(9月14日~11月4日)

チラシ表 チラシ裏
↑クリックするとPDFが開きます。

 島根県立石見美術館で開催される「一木一草に神をみる 自然と美術」展で,美術教育講座の秋岡美帆教授の作品が展示されます。

会期:2013年9月14日(土)~11月4日(月) ※毎週火曜日休館
開館時間:10:00~18:30 ※入場は18:00まで
会場:島根県立石見美術館
    〒698-0022 島根県益田市有明町5-15
     島根県芸術文化センター「グラントワ」内
観覧料:一般1,000円/大学生600円/小中高生300円
     ※小中高生の学校利用,障害者手帳保持者および介助者は入場無料
お問合せ:島根県立石見美術館
       TEL 0856-31-1860

投稿者:   日時:16:59 | パーマリンク

平成25年度全国地学教育研究大会・日本地学教育学会第67回全国大会開催のご案内(8月17日・18日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

平成25年度全国地学教育研究大会・日本地学教育学会第67回全国大会大阪大会(日本地学教育学会主催,大阪教育大学他共催)が本学天王寺キャンパスにて開催されます。

プログラム内容等詳細はこちらをご覧ください。
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~rika/tigaku/jsese/

日時:2013年8月17日(土)・18日(日) 9:00~ (17日8:00より受付)
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス西館
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
申込み:大会当日,受付にてお申し込みください。
参加費:一般4,500円,大学生・院生(現職教員を除く)3,000円
問合せ先:〒582-8582 大阪府柏原市旭ヶ丘4-698-1
       大阪教育大学地質学研究室(廣木)内
       日本地学教育学会大阪大会事務局
       Tel:072-978-3386
       E-mail:廣木義久(大会実行委員長) hiroki@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
            吉本直弘(事務局長)
 yoshimo@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:16:52 | パーマリンク