Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:保健センター

インフルエンザに注意

インフルエンザが流行する季節になりました。インフルエンザはいったん流行が始まると短期間に多くの人へ感染が広がります。各自、感染予防に努めましょう。

・インフルエンザ予防のためには
■予防接種を受けましょう。予防接種を受けても感染することはありますが、重症化を防ぐためにも、流行前にワクチン接種をすることは大切です。医療機関によってはワクチン不足になる場合もあるため、早めに受診や予約をすることが望ましいです。

■熱や咳、くしゃみ等の症状がある時は、マスクをしましょう。マスクがない場合、咳やくしゃみをする時はティッシュやハンカチで口・鼻を覆いましょう。マスクは保健センターでも配っています。

■突然の高熱から始まり、咽頭痛、頭痛、関節痛、倦怠感など、強い全身症状が現れるのが一般的ですが、近年では微熱や平熱であっても検査するとインフルエンザだったということは多くみられます。
周りの人へ感染拡大しないためにも、疑わしい症状がみられたら早めに医療機関への受診を心がけましょう。

■インフルエンザに罹患した場合は必ず、所属する各キャンパスの保健センターへ連絡してください。
保健センターホームページ内「学校感染症に罹患した場合には?」をご参照ください。