携帯ウェブサイト
運用担当部局:学生支援課学生支援係

国民年金学生納付特例制度

本学は学生納付特例事務法人の指定を受けており、窓口で国民年金の学生納付特例制度の申請ができます。

日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられています。
学生納付特例制度は、本人の所得が一定以下の学生が申請すれば、国民年金の保険料を納めることが猶予される制度です。

【対象者】
大学(大学院)等に在籍する学生等【留学生(正規生のみ)を含む】で、学生本人の前年の所得が基準額以下の者
【所得基準】:118万円+扶養親族等の数×38万円
*科目等履修生や研究生は学生にはあたりません。

【申請手続】
1)住民登録をしている市町村の国民年金の窓口又は年金事務所2)柏原キャンパス:学生支援課学生支援係
天王寺キャンパス:天王寺地区総務課学務係
記入した申請書と年金手帳(氏名の記載ページ)のコピーと在学証明書を提出してください。なお申請書は、十分注意事項をよく読んで作成してください。
申請は毎年必要です。

【申請して承認された場合】
1)学生納付特例期間中の障害や死亡といった不慮の事態には、満額の障害基礎年金または遺族基礎年金が支給されます。
2)学生納付特例期間は、老齢基礎年金の受給資格期間には含まれますが、老齢基礎年金の額の計算の対象となる期間には含まれません。このため、将来、満額の老齢基礎年金を受けるために、10年間のうちに保険料を納付(追納)することができる仕組みとなっていますので、忘れずに追納してください。

【届け出が遅れた場合】
学生納付特例制度は、申請のあった月より2年1ヶ月遡ることができます。
承認される前保険料を納めなければ未納期間となり、その間に万が一の事態が起こっても年金は支給されません。
詳しくは日本年金機構ホ-ムペ-ジをご覧ください。

学生支援課学生支援係  TEL 072-978-3312 
天王寺地区総務課学務係 TEL 06-6775-6677