Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

学校教育教員養成課程 小中教育専攻 音楽教育コース

 

演奏実践力と教育実践力を兼ね備えた教員

大学の先生に教えてもらったことを子どもに教えていくというだけの教師でなく。自ら授業を創造していける教師をめざします。そのために音楽については、実技とともに理論的な勉強もします。それは人間が生み出した音楽を、文化として捉えその過程と背景と作品・演奏まで大きく捉えた授業をするためです。

求める学生像

教職に就くことを強く希望し、演奏実践力、教育実践力の両方を高める意欲のある人

現在の教育に求められている音楽科の学習活動を展開できる能力を身につけようとする意欲のある人

 

 

学びのポイント 1

教師に求められる実践的指導力が身に付くカリキュラム

音楽の授業を実践していく上で必要となる能力の中で、積み重ねが必要な技能については1回生で基礎から学びます。2回生からは、教科専門について実技面と理論面の両方から学び深めると共に、教科教育では教科としての音楽科の教育理論や授業理論、ICTの活用について実践的に学んでいきます。また、毎年2月に行われる、学生自らが企画運営する「定期演奏会」で1年間の学習の成果を発表し、自らの学びを振り返ります。

学びのポイント 2

教科専門と教科教育が連携した指導体制

教科専門で学んだ知識・技能を教科教育の理論に基づき授業の中で活用できる力を養う体制で授業が行われます。例えば声楽やピアノのレッスンの多くはグループで互いの演奏、つまり音楽表現を批評し合う形態で行われます。そこでは音楽科教育法で学ぶ、子どもが表現意図をもち音楽表現の創意工夫を通して技能を習得するプロセスを実際に体験することになります。また、模擬授業や研究授業を行う際には教科専門、教科教育両方の教員からアドバイスを得る体制が取られています。

学びのポイント 3

4年間積み上げ型の教育実習

教師としての実践的指導力を身に付けるために「観察実習(1回生必修)」→「体験実習(2回生選択)」→「基本実習(3回生必修)」→「発展実習(4回生選択)」と、4年間を通して教育実習を積み上げていきます。それぞれの教育実習には、音楽科授業と連動させて取り組みます。

 

募集人員

10人

学習領域

音楽科教育学、 器楽(ピアノ,打楽器、箏、三味線)、声楽、音楽学、作曲

取得できる免許・資格

  • ●:

    小学校教諭一種

  • 〇:

    中学校教諭一種(音楽)、高等学校教諭一種(音楽)

  • 資格:

    学校図書館司書教諭、社会教育主事、図書館司書

  • ●:

    卒業要件単位で取得できる教員免許状

  • 〇:

    卒業要件以外の単位を併せて履修することによって取得できる教員免許状
    (ただし、授業時間割上の制約によって希望する免許状が取得できるとは限りません)

4年間の学び

学校での音楽教育は今大きく変わろうとしています。上手な演奏を作ることを目指した授業から、子どもが音楽表現をすることで育っていく授業への転換です。そこでは「音楽」という概念も広がりをもってきます。西洋の古典的な音楽や日本の唱歌だけでなく、日本の伝統音楽、世界の諸民族の音楽、ポップス、パソコンメディアを使った音楽、さらには環境にある音も音楽になっていきます。本専攻では、このような広い視野から人間と音楽とのかかわりを軸として、これからの日本の新しい音楽教育を創っていく人を育てようとしています。

1回生

音楽の教師になるための基礎を学ぶ

「教職入門」で教職についての基礎を学ぶと共に、「ソルフェージュ」「こえ」「ピアノ伴奏法」の実技科目、および、「音楽学」「創作表現(編曲法)」「ICT基礎」の理論科目で音楽教育にかかわる基礎を習得します。

主な授業
  • 教職入門

  • ソルフェージュ I・II

  • ピアノ伴奏法

  • 演奏表現(こえ) I・II

  • 音楽学 I A

  • 創作表現 I (編曲法)

  • ICT基礎 a・b

  • 発達と学習の心理学

  • 小学校教科専門科目

2回生

教科教育と教科専門の確かな能力を身につける

教科専門の授業では、実技面で「演奏表現(こえ)(ピアノ)」、「創作表現」「合奏Ⅰ(打楽器)」で演奏表現力、音楽作品を作る能力を身につけると共に、理論面では「音楽学」で日本を含む世界の様々な音楽の営みについて理解を深めます。教科教育の授業では「音楽教育学」で音楽教育の概要を視野に入れ、「音楽科教育法」で授業の理論と実践について学びます。

主な授業
  • 音楽学 I B

  • 初等音楽科教育法

  • 音楽教育学 I

  • 中等音楽科教育法 I・II

  • アンサンブル指揮法

  • 合唱指導法 I・II

  • 教育課程・方法論

  • 生徒指導・進路指導論

3回生

大学で学んだ成果を基本実習で発揮

学びのメインは4週間の基本実習になります。基本実習では、皆さんが教科専門、教科教育のそれぞれの授業で身に付けた全ての能力が統合され、実際の授業の中で児童・生徒の学力の育成にどのように生きて働くかが課題となります。また、「定期演奏会」の企画運営を通して、学校行事等を行う能力を身につけます。

主な授業
  • 基本教育実習

  • 和楽器アンサンブル A・B

  • 創作表現 III・IV

  • 演奏表現「こえ」 III・IV

  • 演奏表現「ピアノ」 III・IV

  • スコアリーディング I・II

  • ミュージカル演習

  • 混声合唱 I・II

  • 教育相談の心理学

4回生

課題を発見、解決しながら、学び続ける教師になる力をつける

演習を通して学ぶ授業が多くなります。より実践的な学びを通して、基本実習などで得た課題を解決するための力をつけていきます。それらの学習が、教員採用試験や大学院の入試につながります。また、卒業に向けて、音楽教育について日頃自分が考えていることを卒業論文にすることを通して考えを一層明確にし、卒業してからの課題をもちます。

主な授業
  • 教職実践演習

  • 音楽教育実践演習

  • 演奏表現演習 A I~C II

  • 音楽科内容構成演習

  • 和楽器アンサンブル C・D

  • 音楽学演習 I・II

  • 音楽教育学演習 I・II

  • 卒業研究

教員からのメッセージ

音楽を教育する上で理論より前にある本質的なこと、例えばそれは、小節線の役割とは何か、小節のなすフレーズとは何か、強拍弱拍の変化がいかに楽曲に影響を及ぼすか、など、音楽の本質に切り込んだもの、教育者として理解していなければならないことを教育しています。それは音楽作品を鑑賞して物語を作るというようなものとは違い、音楽の本質を、音楽で正面から考えるということです。そのために物理的な動きから音楽をいかに表現できるかということを考える指揮に関する授業、音楽経験の有無に全く依存しない、五線紙を用いない新たな作曲法など、多彩な可能性を網羅した授業を用意しています。
(音楽教育講座 猿谷紀郎)