日本・アジア言語文化講座の小野恭靖教授がNHKラジオ『ラジオ深夜便』に出演(12月6日)

 本学日本・アジア言語文化講座の小野恭靖教授が,NHKラジオ『ラジオ深夜便』に出演します。
 『ラジオ深夜便』は,NHKラジオ第1で23時20分(土日祝は23時10分)から午前5時まで毎晩放送されている深夜番組で,数多くの名物コーナーがあります。そのひとつに午前4時台放送の「明日へのことば」があり,アンカーを務めるアナウンサーがゲストに話を聞きます。このコーナーに小野恭靖教授が出演し,アンカーの中村宏アナウンサーの質問に答えて話をします。テーマは「ことば遊びのススメ」で,“しゃれ” “なぞ” “回文” “判じ物”などの日本語のことば遊びに焦点を合わせます。

放送日時:2014年12月6日(土) 4時05分~4時45分
       『ラジオ深夜便』内「明日へのことば」
放送局:NHKラジオ第1放送(大阪666kHzほか)

投稿者:   日時:16:25 | パーマリンク

教養学科芸術専攻音楽コース 第58回定期演奏会のご案内(11月25日)

teiki
↑クリックするとPDFが開きます。

教養学科芸術専攻音楽コースによる第58回定期演奏会が下記日程で開催されます。

<プログラム>
ベルリオーズ/悲歌 op.18
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18
チャイコフスキー/交響曲第6番 ロ短調「悲愴」 op.74

  ピアノ独奏/山畑 誠(本学教員)
  合唱・管弦楽/教養学科芸術専攻音楽コース
  指揮/ヤニック・パジェ(本学外国人教師)

*音楽コース学生によるロビーコンサート 18:30~

日時:2014年11月25日(火) 開場18:30/開演19:00
場所:いずみホール
    〒540-0001 大阪市中央区城見1-4-70 住友生命OBPプラザビル
入場料:1,200円
     ※内180円については東日本大震災義捐金として「桃・柿育英会」に寄付致します。
チケット取扱い・前売:いずみホール TEL 06-6944-1188
お問合せ:大阪教育大学教養学科芸術講座(音楽)
       TEL 072-978-3720

主催:大阪教育大学教養学科芸術コース(音楽)
後援:音楽コース後援会
協賛:大阪楽友協会

投稿者:   日時:16:03 | パーマリンク

平成26年度数学協働ワークショップ「ウェーブレット理論と工学への応用」開催のご案内(11月6日~8日)

ポスター
↑クリックするとPDFが開きます。

 平成26年度数学協働ワークショップ「ウェーブレット理論と工学への応用」が下記日程で開催されます。

 このワークショップでは,広い意味でウェーブレット解析によって解決できるかもしれないと期待できるトピックスに関して,講演者の方々に理論と工学的応用の現状,さらに解決すべき問題を解説していただき,その問題提起を端緒として参加者がディスカッションする形で,ウェーブレット解析が実際にどのように応用されているかをより深く理解することによって,新しい理論と応用への道が開かれることを目指します。
 

【プログラム】

《11月6日》
 13:00~17:00
  ウェーブレット相談会ならびに個別討論

《11月7日》
 13:00~13:10
  開会の挨拶
 13:10~14:10
  「リフティングウェーブレットと信号解析」
   藤ノ木 健介(東海大学)
 14:25~15:25
  「Meyerウェーブレットを用いたリフティングスキームによる複素数離散ウェーブレット変換」
   章 忠,嶋末 昂祐,戸田 浩,三宅 哲夫(豊橋技術科学大学)
 15:40~16:40
  「シュワルツの核型定理と時不変連続線形システムについて」
   岡 康之(釧路高専)
 16:55~17:55
  「薬草識別のためのウェーブレット」
   新井 康平(佐賀大学)

《11月8日》
 9:00~10:00
  「コンパクトサポートをもつウェーブレットの補間・補外に関するパラメータ領域における考察」
   佐藤 創(元専修大学)
 10:15~11:15
  「地震解析のための海底変位計測のウェーブレット相関法」
   川崎 秀二(岩手大学),木戸 元之(東北大学)
 11:30~12:30
  「不規則サンプリング補間と近似誤差の数理」
   岡田正已,森田正紀(首都大学東京)
 

日時:2014年11月6日(木) 13:00~17:00
        11月7日(金) 13:00~18:00
        11月8日(土)  9:00~13:00
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス 西館第5講義室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
参加費:無料
申し込み:不要
※11月7日に懇親会を行います。
  参加希望者は10月31日までに富山大学・藤田景子さん(keiko@sci.u-toyama.ac.jp)までお知らせ下さい。
お問合せ:守本晃(大阪教育大学情報科学講座)
      TEL 072-978-3665
      E-mail morimoto@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:大阪教育大学,統計数理研究所「数学協働プログラム」

・ワークショップウェブサイト
  http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~morimoto/TENWS/ws2014HP/

・統計数理研究所「数学協働プログラム」ウェブサイト
  http://coop-math.ism.ac.jp/

投稿者:   日時:10:20 | パーマリンク

第14回 スクールリーダー・フォーラムのご案内(11月22日)

プログラム詳細
↑クリックするとPDFが開きます。

 第14回スクールリーダー・フォーラム「ミドルリーダーの実践と育成支援―大学・学校・教育委員会のコラボレーション―」が下記日程で開催されます。

※プログラムなどの詳細はパンフレット画像をクリックしてPDFをご覧ください。

【第14回スクールリーダー・フォーラムの趣旨】
 スクールリーダー・フォーラム(SLF)は,スクールリーダーの「学びの場」を創り出す取り組みです。これは大阪教育大学・大阪府教育委員会・大阪市教育委員会が企画運営する合同プロジェクトですが,福井大学教職大学院,鳴門教育大学教職大学院の組織協力を得て開催されます。
 第14回フォーラムは,ミドルリーダーの実践とその育成がテーマです。ラウンドテーブルでは次の4種類の内容が報告されます。(1)ミドルリーダーの学校づくり実践(校内研究,生徒指導,組織づくり等),(2)校長・教頭のミドルリーダー育成の取組,(3)教育委員会・教育センターのミドルリーダー研修,育成支援事業,(4)大学教員の学校現場と連携した実践。
 ミドルリーダーを核にした多様な実践について,語り聴く活動を通して参加者の交流を図ります。基調講演では教師の成長と条件について問題提起され,総括講演ではミドルリーダーのありかたについてまとめていただきます。これらを通して,学校づくりの現状と未来を考えていきたいと思います。
 このフォーラムでは,スクールリーダー,指導主事,大学教員が一堂に会して,実践を交流していきます。属性やキャリアが異なる参加者が主役となり,ラウンドテーブルではそれぞれの役割を担っていただきます。充実したフォーラムを作り上げていきましょう。

【プログラム】
<第一部>(10:30~12:40 ミレニアムホール)
・開会あいさつ
  越桐 國雄(大阪教育大学理事・副学長)
  津田 仁(大阪府教育委員会教育監)
  沼守 誠也(大阪市教育委員会教育次長)
・基調講演「教師の成長とその条件」
  油布 佐和子(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
・学校現場からの発信
 「次世代の教育の構築を目指して―協働的な校内システムと授業の転換―」
  宮岡 愛子(大阪市立玉出小学校副校長)
 「教員の力を引き出す―教員の育成はテーマづくりから―」
  寺野 雅之(大阪府立茨田高等学校校長)
・ピアノ・チェロの共演
  田中 紘二(大阪教育大学名誉教授),大木 愛一(大阪教育大学教授)

<第二部>(13:40~17:30 214,215教室)
・ラウンドテーブル「ミドルリーダーの実践と育成支援―語り・聴く学習コミュニティ―」
  大阪府教職員,大阪市教職員,大阪教育大学夜間大学院生,福井大学教職大学院生,鳴門教育大学教職大学院生 他
・総括講演「ミドルリーダーへの期待―現在から未来へ―」
  武井 敦史(静岡大学教職大学院教授)
・閉会あいさつ
  大脇 康弘(大阪教育大学教授)

日時:2014年11月22日(土) 10:30~17:30(開場10:00)
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス ミレニアムホール,214・215教室 ほか
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
対象者:スクールリーダー:大阪府内の学校・教育委員会に勤務する教職員,行政職員,および大学研究者
定員:84名(インターネット事前申込制)
参加費:無料
※申込者多数のため募集を締め切りました
参加の可否:申込受付後10日以内にE-mailにて参加の可否をご連絡します。定員に達し次第,締め切らせていただきます。参加者はこの冊子で事前学習してください。
  ◎事前学習論考(リンクをクリックするとPDFが開きます)
問合せ先:大阪教育大学学務部天王寺地区管理課総務係
           yakan@bur.osaka-kyoiku.ac.jp

 
スクールリーダー・フォーラム事務局
・大阪教育大学スクールリーダー・プロジェクト(SLP)
・大阪府教育委員会 教育振興室高等学校課 学校経営支援グループ
・大阪市教育員会 総務部総務課 企画グループ

投稿者:   日時:10:53 | パーマリンク

「ランチタイムコンサート」開催のご案内(10月8日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 本学教員によるランチタイムコンサートが下記日程で開催されます。豪華な顔ぶれが奏でる美しい調べをぜひご鑑賞ください。

【プログラム】
ワルツ スケルツォ作品34 / チャイコフスキー
フルートとピアノのためのソナタ / プーランク
調理場のレビュー / マルティヌー

ヴァイオリン:稲垣 琢磨
チェロ:大木 愛一
フルート:中務 晴之
クラリネット:辻 敦子
ファゴット:吉戸 理恵
トランペット:神代 修
ピアノ:山畑 誠

日時:2014年10月8日(水) 12:30開演
場所:柏原キャンパス音楽棟ホールK-201
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
入場料:無料

主催:教養学科芸術講座(音楽)

投稿者:   日時:16:42 | パーマリンク

公開授業「未来の学校」のご案内(7月28日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます

国立教育政策研究所生涯学習政策研究部の総括研究官である岩崎久美子氏を講師に招き,「未来の学校」と題した公開授業を下記日程で開催します。

【授業テーマ】
未曽有の激しい変化の時代を生き抜くのは次代の大人(今の子ども)たち。
これからの時代を生き抜く力を持った大人を育成するために
今求められる教育とは,そして未来の学校とは?

日時:2014年7月28日(月) 13:05~14:35
場所:大阪教育大学柏原キャンパス A棟106教室
参加費:無料
事前申し込みの必要はありません

◎講義後,岩崎先生を囲んで懇談会を開きます。
 場所:教職教育研究センター長室
     大阪教育大学柏原キャンパス C5棟110
 参加を希望される方は,お気軽に下記連絡先にメールでご連絡ください。

お問い合わせ・お申込み先:
   教職教育研究センター教授 関隆晴
   メール seki@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
   (懇談会の予約受付は7/25(金)まで)

投稿者:   日時:10:19 | パーマリンク

「かしわら女(ひと)と男(ひと)のフォーラム」に大阪教育大学コーラスセッションが出演(6月21日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 「かしわら女(ひと)と男(ひと)のフォーラム 家を楽しみ,職を楽しむ」のオープニングに大阪教育大学コーラスセッションが出演します。フォーラムの詳細はチラシをご覧ください。

日時:平成26年6月21日(土)午後1時30分~3時30分
場所:リビエールホール(柏原市民文化会館小ホール)
入場料:無料
お問い合わせ:柏原市人権推進課 TEL072-972-1544(直通)
◎一時保育あり(1歳6カ月~就学前児)
 保育の予約は,6月13日(金)までに上記へお申し込みください。
◎手話通訳・要約筆記あり

主催:柏原市・かしわら女と男のフォーラム実行委員会

 
大阪教育大学コーラスセッション:
 大阪教育大学の授業である合唱I~VI(女声合唱),声楽アンサンブルA~D(混声合唱),演奏企画実践I・IIの受講生を中心に現在活動しており,2004年に結成された合唱団である。2005年10月,学外での合唱演奏活動が認められ,女性による国際的な奉仕団体「国際ソロプチミスト大阪‐柏原」より「大阪教育大学コーラスセッション・シグマソサエティ」としてボランティア団体の認証を受ける。これまでに11回の定期演奏会,小・中・高等学校での音楽鑑賞会に加え,市民病院などでの演奏活動を行っている。

投稿者:   日時:16:14 | パーマリンク

宮本弘子教授(音楽教育講座)のピアノ演奏を配信

 元ベルリン交響楽団常任指揮者のカール=アウグスト・ビュンテ氏が,音楽教育講座の宮本弘子教授と共演した演奏会の録音を動画サイトに掲載しました。
 ビュンテ氏が来日した際に名誉指揮者として迎えられた関西フィルハーモニー管弦楽団の特別演奏会において,ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」のピアノソロを宮本教授が演奏しています。
 

ピアノ協奏曲第2番 / ラフマニノフ
 指揮 : カール=アウグスト・ビュンテ
 ピアノ : 宮本弘子
 管弦楽 : 関西フィルハーモニー管弦楽団

※動画が表示されない場合はこちらからご覧ください。→http://www.youtube.com/watch?v=YxBXSOUDYJo

投稿者:   日時:16:19 | パーマリンク

「Ensemble Daffodil 12th Recital」開催のご案内(3月8日)

チラシ表 チラシ裏
↑クリックするとPDFが開きます。

アンサンブル・ダッフォディルによる「Ensemble Daffodil 12th Recital」が下記日程で開催されます。

【プログラム】
 女声合唱とピアノのための組曲「ある真夜中に」
  瀬戸内寂聴 作詞 / 千原英喜 作曲
 5つの讃歌 作品140より
  J. G. ラインベルガー 作曲   他

【出演】
 指揮:寺尾 正
 オルガン:山口 聖代
 ピアノ:槇原 聡子

日時:2014年3月8日(土) 開場17:30/開演18:00
場所:ムラマツリサイタルホール新大阪
    〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原2-1-3 ソーラ新大阪21ビル1F
入場料:前売1,500円/当日1,800円
お問合せ:ensembledaffodil@gmail.com

 
Ensemble Daffodil アンサンブル・ダッフォディル:
 大阪教育大学の学生8名により1996年に結成。メンバーは学部生から院生,卒業生に渡り,アンサンブル活動だけでなく,ソリストとして広く活躍する者もいる。現在は寺尾正の指導のもとに活動。2008年より,女声での活動に加え,混声での活動も行っている。
 これまでに11回のリサイタルのほか,リーガロイヤルホテル(大阪)ザ・クリスタルチャペルでのクリスマスコンサート,弥生文化博物館や京都文化博物館でのレクチャーコンサート等に出演。2006年には沖縄県での公共ホール活性化アウトリーチ事業にも参加。その他,施設や小学校等でのボランティア活動も行っている。また,戦前関西で活躍したヨーゼフ・ラスカの作品の再演など,研究活動にも寄与している。

投稿者:   日時:10:24 | パーマリンク

宝塚市「市民のためのオルガンコンサート」にアンサンブル・ダッフォディルが出演(2月8日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 宝塚市などが主催する「第314回 市民のためのオルガンコンサート ‘聖なる響きに満たされて’ ~ヴォーカルアンサンブルとオルガンの世界~」にアンサンブル・ダッフォディルが出演します。

【コメント】
 宗教曲を中心にしたプログラム。ホールいっぱいに拡がる“アンサンブル・ダッフォディル”の清らかで美しい歌声と,オルガンの豊かな響きによるひと時を,どうぞごゆっくりお楽しみください。

【曲目】
 J. G. ラインベルガー / 5つの賛歌 op.140より
 J. N. レメンス / 祈り   ほか

【出演】
 久保田 真矢(パイプオルガン)
 アンサンブル・ダッフォディル(合唱)

日時:2014年2月8日(土) 13:00開場/13:30開演
場所:宝塚ベガ・ホール
入場料:500円(友の会400円)
     ※入場料は当日会場にてお支払いください
     ※未就学児のご入場はご遠慮ください
     ※宝塚市民以外の方もご入場できます
お問合せ:宝塚ベガ・ホール 0797-84-6192

主催:宝塚市・公益財団法人宝塚市文化財団

 
Ensemble Daffodil アンサンブル・ダッフォディル:
 1996年結成。大阪教育大学 寺尾正の指導のもと,学部生,院生,卒業生他により構成。
 女声での活動に加え,2008年より混声での活動も行なっている。これまでに11回のリサイタルのほか,弥生文化博物館や京都文化博物館でのレクチャーコンサート等に出演。その他,施設や学校等でのボランティア演奏を行なっている。

投稿者:   日時:14:03 | パーマリンク