講演会「第3回 数学教育の会」開催のご案内(12月1日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

講演会「第3回 数学教育の会」が下記日程で開催されます。本学大学院実践学校教育専攻を修了し、小・中学校教諭や校長、教育委員会指導主事などとして活躍した研究者らが、来年度から始まる小学校の新学習指導要領について、現場での準備状況などを中心に講演します。

【講演内容】
・小学校算数「同種の二つの量の割合」指導について
 渡邉耕太(堺市教育センター)
・プログラミング教育
 中谷友哉(京都橘大学学部生)、西村徳寿(京都橘大学)
・算数科におけるカリキュラムマネージメントについての一考察
 藤田英治(太成学院大学)
・新学習指導要領の“三つの柱”を考える
 西川恭一(京都文教短期大学)
・新学習指導要領移行措置の現状と課題について
 草地貴幸(岡山大学教育学部附属小学校)
・魏志倭人伝の教材化とその教育的価値について
 平野年光(和算教材化研究会)

日時:2019年12月1日(日) 9:00~12:15
場所:天王寺キャンパス 中央館 214教室
 キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
参加費:無料
お申込み:不要(ただし準備の関係上、できるだけ下記お問合せ先へご連絡をお願いいたします)
お問合せ:富永研究室 tommy@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:11:50 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。