「教育の情報化推進フォーラム2020」で上出吉則特任教授が事例発表(3月5日)

親子プログラミング体験会の様子
2020年11月の親子プログラミング体験会

 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)が開催する「教育の情報化推進フォーラム2020」で、数学教育部門の上出吉則特任教授が事例発表を行います。
 同会では、教育の情報化に関する調査・研究開発とその成果の普及活動を行い、より良い教育の実現と人材の育成に役立つことを目的に「ICT夢コンテスト」を実施しており、上出特任教授は昨年11月にアリオ八尾(大阪府八尾市)で実施した親子プログラミング体験会の実践報告により、2020年度優良賞を受賞しました。今回はその受賞内容について発表します。
 なお、同フォーラムはオンライン(Zoomウェビナー)で行われます。詳細はウェブサイトをご覧ください。

日時:2021年3月5日(金)~6日(土)
   〈上出特任教授発表〉 3月5日 14:45~15:00(Zoomウェビナー3 E1)
発表タイトル:Scratchで作成した算数教材での親子プログラミング体験会 ~産官学連携で教員養成系大学としての新たなイノベーション~
参加費:無料
申込方法:日本教育情報化振興会のウェブサイトからお申し込みください。
    https://www.japet.or.jp/event/forumedu2020/

投稿者:   日時:17:14 | パーマリンク

講演会「第4回 数学教育の会」開催のご案内(12月6日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

講演会「第4回 数学教育の会」が下記日程で開催されます。今回は、今年から全面実施された小学校の新学習指導要領と、和算(算額問題)の教材化について、算数・数学教育の研究者らが講演します。また、算数の教育法を学ぶ学生による発表もあります。
なお、人数制限のため、参加希望の方は事前申し込みが必要となります。

【講演内容】
・教科書比較
 学生発表(算数科教育法履修学生 2or3講演)
・小学校算数「同種の二つの量の割合」指導の工夫
 渡邉耕太(堺市教育センター)
・思考力・判断力・表現力を育てる一つの取り組みについて
 西川恭一(神戸教育短期大学)
・算額問題の教材化 −垜術問題の解読と解答及び小学生への教材化について− その1(理論編)
 平野年光(和算教材化研究会)
・算額問題の教材化 −垜術問題の解読と解答及び小学生への教材化について− その2(教材化編)
 山本景一(桃山学院教育大学)

日時:2020年12月6日(日) 13:00~16:30
場所:天王寺キャンパス 中央館 214講義室
 キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
参加費:無料
申込方法:参加希望の旨をメールにてご連絡ください。
申込締切:11月30日(月)
申込・問合せ:富永雅(大阪教育大学) tommy@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:14:53 | パーマリンク

アンサンブル・ダッフォディル チャペルコンサートのご案内(12月25日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

「リーガロイヤルホテルのチャペルコンサート Rの音楽会」で、アンサンブル・ダッフォディルのコンサートが開催されます。
チャペルに響きわたる、ヴォーカルアンサンブルの美しく優しい歌声をお楽しみください。

<予定曲目>
 赤鼻のトナカイ
 キャロルの祭典 / B.ブリテン
 ジングルベル
 『メサイア』より / ヘンデル  他

日時:2019年12月25日(水) 18:30受付/19:00開演
場所:リーガロイヤルホテル ザ・クリスタルチャペル
  大阪市北区中之島5-3-68
入場料:3,700円(税込、自由席)
お問合せ:リーガロイヤルホテル 営業推進課(宴会予約)
  TEL 06-6448-1163(受付時間 10:00~17:30)

Ensemble Daffodil アンサンブル・ダッフォディル:
大阪教育大学の8名により、1996年に結成。メンバーは学部生から院生、卒業生に渡り、アンサンブル活動だけでなくソリストとして広く活躍する者もいる。現在は寺尾正の指導のもとに活動。2008年より、女声での活動に加え、混声での活動も行っている。これまでに、16回のリサイタルのほか、リーガロイヤルホテル(大阪)ザ・クリスタルチャペルでのクリスマスコンサート、弥生文化博物館や京都文化博物館でのレクチャーコンサート等に出演。2006年には沖縄県での公共ホール活性化アウトリーチ事業にも参加。その他、施設や小学校等でのボランティア活動も行っている。また、戦前関西で活躍したヨーゼフ・ラスカの作品の再演など、研究活動にも寄与している。

投稿者:   日時:17:00 | パーマリンク

イエロー・ライン・プロジェクト 10周年記念の会 開催のご案内(11月30日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

美術教育講座の加藤可奈衛教授らが実施している地域住民との交流活動「イエロー・ライン・プロジェクト」の10周年記念行事が下記日程で開催されます。菜の花、ひまわり、河内木綿の花の色「黄色」をキーワードに、人と環境を「アートでつなぐ」活動を展開してきたプロジェクトの歴史を、展示やトークなどで振り返ります。

【プログラム】
・イエロー・ライン・プロジェクトの10年を振り返って(加藤)
・10周年記念の会に寄せて(ゲストコメント)
・ティータイム ~イエローパン・ハーブティーなど~
・~しずく形の生き物スライド・トーク~(岩崎)
・フリートーク&コメント

日時:2019年11月30日(土) 13:00~16:00(開場12:30)
場所:柏原市立市民プラザ 大会議室
 〒582-0007 大阪府柏原市上市1丁目2番
参加費:無料
お問合せ・参加連絡先:イエロー・ライン・プロジェクト
 TEL・FAX 072-978-3730
 E-mail tyosoken@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:17:31 | パーマリンク

「CLIL実践研究会」開催のご案内(11月17日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

連合教職大学院グローバルプログラムとして、「CLIL*実践研究会」を天王寺キャンパスにて開催します。世界的なCLIL実践研究者であるウィーン大学のダルトン・パッファー先生による講演と、事例発表・ワークショップが行われます。
*CLIL : Content and Language IntegratedLearning(内容言語統合型学習)

【プログラム】
<基調講演>
“What can empirical research tell us about CLIL implementations? –Mapping the landscape”(発表:英語;日本語資料有)
 講師:Christiane Dalton-Puffer,Ph.D. (University of Vienna)
<事例発表&ワークショップ>
発表1 “The English lessons that focus on the real world in public high school: Story retelling to Jigsaw”
 重野金美(大阪府立岸和田高等学校)
発表2「ストーリー、文字、ユニバーサルデザインを取り入れたCLIL」
 村上加代子(甲南女子大学)
 諸木宏子(英語教室・絵本アドバイザー)
フロアーセッション「CLILの良さを日本の学校にどのように取り入れて行くか」
 柏木賀津子(大阪教育大学)
ミニトーク・閉会挨拶
 工藤泰三(名古屋学院大学)

日時:2019年11月17日(日) 12:30~17:00
場所:天王寺キャンパス中央館 ミレニアムホール
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
参加費:大学生 無料(学生証を持参ください)/教員・院生 1000円
定員:120人(事前申し込み制・先着順)
申し込み方法:件名に「CLIL」と記載し、所属と氏名を明記してメールでお申し込みください。
締め切り:11月14日(木) ※当日受付はありません。
申し込み・問い合わせ:kashiwag@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:16:58 | パーマリンク

講演会「第3回 数学教育の会」開催のご案内(12月1日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

講演会「第3回 数学教育の会」が下記日程で開催されます。本学大学院実践学校教育専攻を修了し、小・中学校教諭や校長、教育委員会指導主事などとして活躍した研究者らが、来年度から始まる小学校の新学習指導要領について、現場での準備状況などを中心に講演します。

【講演内容】
・小学校算数「同種の二つの量の割合」指導について
 渡邉耕太(堺市教育センター)
・プログラミング教育
 中谷友哉(京都橘大学学部生)、西村徳寿(京都橘大学)
・算数科におけるカリキュラムマネージメントについての一考察
 藤田英治(太成学院大学)
・新学習指導要領の“三つの柱”を考える
 西川恭一(京都文教短期大学)
・新学習指導要領移行措置の現状と課題について
 草地貴幸(岡山大学教育学部附属小学校)
・魏志倭人伝の教材化とその教育的価値について
 平野年光(和算教材化研究会)

日時:2019年12月1日(日) 9:00~12:15
場所:天王寺キャンパス 中央館 214教室
 キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
参加費:無料
お申込み:不要(ただし準備の関係上、できるだけ下記お問合せ先へご連絡をお願いいたします)
お問合せ:富永研究室 tommy@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:11:50 | パーマリンク

ランチタイムコンサートのご案内(10月16日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

教育協働学科芸術表現講座によるランチタイムコンサートが下記日程で開催されます。国内外で活躍する本学卒業生2人と本学教員が共演します。

<プログラム>
A.スカルラッティ / 「トランペットソロを伴う7つのアリア」より 1.トランペットよ鳴れ 5.テブロを熱く
G.プッチーニ / オペラ『ジャンニスキッキ』より「私のお父さん」
G.ヴェルディ / オペラ『リゴレット』より「慕わしい人の名は」
G.ドニゼッティ / オペラ『ランメルモールのルチア』より「狂乱の場」

<出演>
ソプラノ:宮村果歩(本学卒業生)
ピアノ:山鹿萌子(本学卒業生)
フルート:中務晴之(本学教員)
トランペット:神代修(本学教員)

日時:2019年10月16日(水) 12:15~12:45
場所:柏原キャンパス音楽棟ホール(K-201)
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
入場料:無料
主催:教育協働学科芸術表現講座(音楽)

投稿者:   日時:16:38 | パーマリンク

中務晴之教授フルートリサイタルのご案内(9月29日・10月4日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

教育協働学科芸術表現講座の中務晴之教授が、大阪と東京でフルートリサイタルを開催します。大阪では10年ぶり、東京では実に30余年ぶりとなります。

<プログラム>
J.S.バッハ / フルートソナタ ロ短調 BWV.1030
T.ベーム / シューベルトの主題によるファンタジー 作品21
S.プロコフィエフ / 無伴奏ソナタ ニ長調 作品115(原曲ヴァイオリン)
C.フランク / ヴァイオリンソナタ イ長調 FWV.8

ピアノ:阿部裕之

【大阪公演】
日時:2019年9月29日(日) 13:30開場/14:00開演
場所:ザ・フェニックスホール
 大阪市北区西天満4-15-10
入場料:一般3500円(当日4000円)/学生2000円(当日2500円)※全席自由
チケット取扱い:
 ザ・フェニックスホールチケットセンター TEL06−6363−7999(平日10:00~17:00受付)
 イープラス http://eplus.jp
協賛:あいおいニッセイ同和損保、ザ・フェニックスホール

【東京公演】
日時:2019年10月5日(日) 17:30開場/18:00開演
場所:紀尾井町サロンホール
 東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル1階
入場料:一般3500円(当日4000円)/学生2000円(当日2500円)※全席自由
チケット取扱い:
 イープラス http://eplus.jp
 株式会社グローバル 企画営業部 TEL03-5389-5111

[両公演共通]
後援:一般社団法人日本フルート協会
協賛:株式会社アルタス
主催・お問合せ:株式会社グローバル 企画営業部
 TEL03-5389-5111
 concert@global-inst.co.jp

投稿者:   日時:16:04 | パーマリンク

「総合的な学習の時間」の意義と将来像を考える 授業公開のご案内(7月30日)

チラシ画像
↑クリックするとPDFが開きます。

 関隆晴本学名誉教授による教養基礎科目「地域連携学校教育入門-現代社会を生きる-」で、本学附属平野小学校の四辻伸吾副校長をゲストに招き授業を行います。同小では本学旧平野分校跡地を総合的な学習に活用しており、四辻副校長の話を通じて総合的な学習の時間の意義と将来像について考えます。
 本授業を公開しますので、多くの学生、教職員、地域の方のご参加をお待ちしております。

【テーマ】
 「大阪教育大学附属平野小学校の総合的な学習の時間 一粒の種から地球を考えよう!」
  講師:四辻 伸吾(附属平野小学校副校長)

日時:2019年7月30日(火) 12:55~14:25
場所:柏原キャンパス A棟107教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ

◎講義終了後、四辻先生を囲んで懇談会を開きます。(於:大学会館(M棟)3階サンカフェ)
 参加希望の方はお気軽に下記お問合せ先へご連絡ください。

お問合せ:seki@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:15:37 | パーマリンク

「報道カメラマンとハンセン病」授業公開のご案内(7月23日)

チラシ画像
↑クリックするとPDFが開きます。

 関隆晴本学名誉教授による教養基礎科目「地域連携学校教育入門-現代社会を生きる-」で、37年にわたりハンセン病の療養所へ通い続け映像を記録した、報道カメラマンの宮崎賢氏をゲストティーチャーに招いて授業を行います。
 本授業を公開しますので、多くの学生、教職員、地域の方のご参加をお待ちしております。

【テーマ】
 「報道カメラマンとハンセン病~映像で記憶を語り継ぐ~」
  講師:宮崎 賢(報道カメラマン)

日時:2019年7月23日(火) 12:55~14:25
場所:柏原キャンパス A棟107教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ

◎講義終了後、宮崎氏を囲んで懇談会を開きます。(於:大学会館(M棟)3階サンカフェ)
 参加希望の方はお気軽に下記お問合せ先へご連絡ください。

お問合せ:seki@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:17:28 | パーマリンク
1 / 1612345...10...最後 »