特別企画「インターメディアの地平」 開催のお知らせ(2月9日~17日)

ポスター
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

部局活性化経費「芸術制作を核とする領域横断的科目の構築」の一環として講演会・ワークショップ・展覧会が開催されます。
今回は本学の卒業生でもあり,領域横断的的な芸術活動を国内外で実施されている美術家栗山斉氏を講師にお招きします。

<講演会>『領域横断的な学習,及びその展開の重要性』
 日時:2012年2月9日(木) 11:00-12:00
 会場:大阪教育大学柏原キャンパスA棟 A-216 [キャンパスマップへ
 参加費:無料

<ワークショップ>『現象と記録 —光と熱の痕跡(フィラメント燃焼によるフォトグラム)—』
 日時:2012年2月9日(木) 13:00-16:00
 会場:大阪教育大学柏原キャンパス ※当日ご案内します。
 参加費:無料
 備考:講演会終了時,講演会場にて受付(先着30名)

<展覧会>『現象と受容』
 会期:2012年2月9日(木)〜2月17日(金)
 開館時間:月曜〜金曜 9:00-17:00 (日曜は休館)
 会場:大阪教育大学附属図書館(本館)下 たまごギャラリー(柏原キャンパス内)[キャンパスマップへ
 入場料:無料

・栗山斉氏のプロフィール
1979年兵庫県生まれ。2003年大阪教育大学教育学部教養学科文化研究専攻欧米言語文化講座(英語圏)卒業。2006年筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻構成コース修士課程修了。2011年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現領域博士後期課程修了 博士号(美術)取得。「無」と「存在」について作品制作を通じて探求。近年では「0=1」という独自の仮説を打ち立て,「無」と「存在」が同等であることを作品によって現象的に実証する試みを行っている。

・作品Webページ    http://hitoshikuriyama.blogspot.com

お問い合わせ:教養学科芸術講座 江藤亮
        tel: 072-978-3729
        E-mail : reto@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:大阪教育大学教養学科 芸術講座美術・書道コース

投稿者:   日時:15:58 | パーマリンク