カリキュラム

4つのコースについて

大阪教育大学では,大学院段階での教員養成機能を教育学研究科から連合教職実践研究科(教職大学院)に移行し,拡充するための改組を平成31年4月に行い,連合教職実践研究科は新たに1専攻4コースで構成される大学院へと発展しました。

高度教職開発専攻
連合教職実践研究科 
コース 対象 主な修学キャンパス 募集人員
(目安)
スクールリーダーシップ 現職教員等
(勤務経験3年以上)
天王寺キャンパス
(昼夜間開講 ※)
30名
援助ニーズ教育実践 現職教員・学部卒学生等 30名
教育実践力 現職教員・学部卒学生等 柏原キャンパス
(昼間開講)
80名
特別支援教育 10名

※天王寺キャンパスを主な修学場所とする各コースに係る基本的な授業開講は夜間(6時限目 18:00~,7時限目 19:40~)ですが,土曜日開講授業,夏季集中講義等,一部の授業については昼間に設定される場合があります。
 学校実習科目については,昼間に実施されます。また,現職教員等の場合は,勤めながら(原籍校等)の学校実習も可能としています。

修了要件と学位

大学院連合教職実践研究科に2年以上在学し,所定の授業科目のうちから計46単位以上修得した者に対し,専門職学位課程を修了したことを認め,教職修士(専門職)の学位が授与されます。

科目区分 単位数 内 容
研究科共通科目 18 「教育課程の編成及び実施に関する領域」,「教科等の実践的な指導法に関する領域」,「生徒指導及び教育相談に関する領域」,「学級経営及び学校経営に関する領域」,「学校教育と教員の在り方に関する領域」の5領域の科目と,学校現場における実践的課題を解決する研究開発力養成のための科目として「教育研究方法演習」や,「学校安全と危機管理」などを設定しています。
学校実習科目 10 「基本学校実習Ⅰ・Ⅱ」と「発展課題実習Ⅰ・Ⅱ」(特別支援教育コースについては,「基本学校実習Ⅲ・Ⅳ[特別支援]」と「発展課題実習Ⅲ・Ⅳ[特別支]」)の計4科目10単位を修得します。
コース科目 10~14 各コースが目標とする資質能力を育成するための科目を設定しています。詳細については,ページ下の授業科目一覧・授業概要一覧をご参照ください。
課題研究科目 入学時から明確な意図と達成目標を持った研究テーマを設定して,課題解決に向けた実践的探究を進めます。
自由選択科目 0~4 研究科共通科目・コース科目から,各コースで定める履修基準に応じて単位を修得します。

授業科目・授業概要

授業科目一覧

授業概要

カリキュラム・ツリー

カリキュラム・ツリーとは,「育成する資質能力」と「授業科目」との対応関係を可視化し,カリキュラム・ポリシーに基づき,教育課程がどのように体系的に編成されているのかを明示したものです。

連合教職実践研究科では,令和元年度より,各コースごとにカリキュラム・ツリーを策定いたしました。

※以下のコース名をクリックすると,カリキュラム・ツリー(PDF形式)が開きます。

連合教職大学院における実習