•  
  •  
  •  

大阪教育大学連合教職大学院

〒543-0054
大阪市天王寺区南河堀町4-88
大阪教育大学天王寺キャンパス
天王寺区総務課大学院係
Tel:06-6775-6634
Fax:06-6775-6633
E-Mail:
kyoshoku@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

運用担当部局:天王寺地区総務課大学院係

「ニュージーランドの多文化共生教育に学ぶ」プログラム

 令和2年度,連合教職大学院では,文部科学省の委託事業「新時代の教育のための国際協働プログラム(教員交流)」に応募し,採択された「ニュージーランドの多文化共生教育に学ぶ」プログラムを進めてきました。

 受講者である本学連合教職大学院の現職教員院生は,プログラムを通して,所属校における多文化共生教育に関する学校改革案を策定し,今も所属校で実践しているところです。

 このページでは,本プログラムの流れ,報告等についてご紹介します。

 

国際協働プログラムとは

 2016年の主要7カ国首脳会議(G7)で採択された「倉敷宣言」に基づき,教育分野におけるG7加盟国間の関係強化を図り,多様化する教育課題に対する教育実践の改善に資することを目的とした,文部科学省による公募事業です。

文部科学省HP・国際協働プログラム

プログラムの主な流れ

時刻
内容
令和2年5月1日
新時代の教育のための国際協働プログラム(教員交流)の採択
6月上旬
参加募集オリエンテーション
6月上旬~7月下旬
参加申込期間
7月下旬
参加応募者面接
8月下旬
受講決定者オリエンテーション
令和2年10月
~令和3年2月
プログラム講義・演習
 国内のニュージーランドの教育に関わる研究者をお迎えし講義いただいたり,ZOOMによるニュージーランドの学校との交流,東京学芸大学教職大学院現職院生との合同セッション等を行いました。
 これらの活動を通して,プログラム受講者は所属校の多文化共生教育に関わる組織的課題を明らかにし,その解決に向けての改革案を作成しました。

連合教職大学院ブログでも紹介しています。
2月20日(土)
「ニュージーランドの多文化共生教育に学ぶ」プログラム報告会
 プログラムを通して作成した所属校の多文化共生教育に関する改革案を発表する場として,報告会を開催しました。
 報告会はZOOMを通して広く発信され,オンラインによる参加者からの質疑にも応答しました。
 最後に,本事業の実施に当たって連携した教育委員会からの参加者からコメントをいただき,総括的な意見交換を行いました。

連合教職大学院ブログでも紹介しています。
3月上旬
連携する教育委員会等による事業評価委員会
3月27日(土)
文部科学省委託事業「令和2年度新時代のための国際協働プログラム」合同成果報告会
 文部科学省委託事業「令和2年度新時代の教育のための国際協働プログラム」の受託者である東京学芸大学,グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)と3団体合同での報告会(オンライン)を開催しました。

合同成果報告会の詳細はこちら(報告会ご案内のページに移動します)
 

プログラム報告書

 「ニュージーランドの多文化共生教育に学ぶプログラム」での活動やその学びを報告書としてまとめましたので,是非ご一読いただき,本学連合教職大学院の取り組みを知っていただけるとありがたいです。
 

※本報告書の複製,転載,引用等には文部科学省の承認手続きが必要です。

※画像をクリックするとPDFが開きます。

*

国際協働プログラムにおける提言書

 本プログラムを通じて得た学びを,多文化共生教育の推進による学校改革に向けた提言書としてまとめました。

 報告書と合わせてご一読いただけますとありがたいです。


※画像をクリックするとPDFが開きます。

*