Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:障がい学生修学支援ルーム

修学支援を利用される方へ

障がいのある学生からの修学に関わる支援要請に基づき、
支援ルームは必要な部局等と連携し、
一人ひとりのニーズに応じた支援計画を作成します。

【支援開始までの手続き】

①支援ルームへお越しください(メールでの受付もおこなっています)
 ※可能であれば「相談申込書(PDF)」にご記入のうえご提出ください。
②コーディネーターによる面談をおこないます
 ※可能であれば診断書もしくは「主治医による意見書(PDF)」,その他の障がい等の根拠となるような書類をご提出ください。
③支援内容を調整します
④支援利用を始めます

※支援ルームでは,学生はもとより保護者,教職員等からのご相談も随時受けつけています。

支援に関する提出書類

支援内容の具体例

支援ルームが提供する支援の内容を紹介します。

【共通事項】
○修学相談
○支援計画の作成
○授業担当及び指導教員との連絡・連携,配慮事項等の伝達
○定期試験等での配慮(時間延長など)
○ノートテイクに必要な用紙、ペンおよびコピーの提供など
○支援に必要な機器の貸出

【視覚障がい】
○授業で使用する教材の拡大
○支援協力学生による代筆,代読,映像教材の解説
○点訳

【聴覚障がい】
○ノートテイク
○パソコンテイク
○手話による支援
○映像情報の文字化

【肢体不自由】
○教室配置・座席の配慮
○移動の支援
○ノートテイク

【その他(発達障がい・内部障がい・病弱等)】
○授業担当及び指導教員との連絡・連携など