こんなに集まりました

 8月18日(土)13時から第2回目の実践研究フォーラムを開催しました。このフォーラムは,在学生と修了生との親睦を深めるとともに,修了生が実践的な研究成果を発表,交流する機会を設け,教職大学院修了後の研究活動を支援するために実施するものです。修了生には大変お忙しい中,参加していただき誠にありがとうございます。改めて,御礼申し上げます。

 まず,ゼミ別交流会を実施しました。これは,指導教員と修了生・在学生との親睦等を目的として今年から新しく実施しました。修了生が指導教員の研究室を訪れ,現況報告や在学生との交流を行いました。また,中には退職された教員と修了生のゼミもあり,お互いが懐かしそうに語り合っていました。

 次に,全体会です。はじめに,木原研究科主任から「教職大学院で実施するカリキュラムで活用したい」「修了生が在学生のモデルになっている」などフォーラム実施の趣旨について話をされました。続いて,今年の講演は「カリキュラムマネジメント~学校づくりの視点から~」をテーマに,田村知子教授が担当されました。教育課程とカリキュラムの違いはどこにあるのか,また,カリキュラムマネジメントの研究の位置付けや歴史等について話がありました。最後に,学校が組織として効果的・効率的に教育活動を展開するためには,誰が,どのような役割を果たすべきだろうかという問題提起がありました。その中で教員に対しては「カリキュラムの使い手であるのか,作り手であるのかのどちらですか」という問題提起をされました。

 休憩後,6つのグループに分かれて,グループごとに2名の修了生の方から在学時に取り組んだ実践的研究についての現状を報告していただきました。より学校現場の実態に沿った形で研究を続けている方もいれば,新たな課題に在学時に学んだ研究方法を活かしたいなど理論と実践の融合に取り組んでおられると感じました。

 最後に,振り返りの全体会です。各グループのM1生から報告がありました。振り返りのまとめとして,田中滿公子教授から「皆さんは理論的なやり取りはできます。でも,現場での経験が少ない方もいるので,謙虚な姿勢で学校課題に一緒に取り組んでほしい」というメッセージが送られました。

 引き続き,多くの修了生と在学生との交流や,修了後の学びのコミュニティが形成されることを願っています。

 追記 この後,1時間程度,懇親会を実施しました。

投稿者:   日時:18:06 | パーマリンク

全体RMを開催しました!!

 8月4日(土)13:00から全院生がこれまでの学校実習を振り返る全体RMを行いました。内容は3部構成で,第1部はM1生が,第2部はM2生がそれぞれが作成したポスターによる発表を2つの会場に分かれて実施したのち,各会場で振り返りを行いました。



【第1部 M1生によるポスター発表の様子】



【第2部 M2生によるポスター発表の様子】

 第1部の振り返りからは,「自分の研究と学校の課題にズレがあるのではないか。また,自分の研究と先行研究と間にズレがあるのではないか。」や「主体的・対話的で深い学びが研究テーマだが,この言葉の定義が明確ではない」など,研究テーマに対するM1生の声がありました。
 第2部の振り返りでは,「参考文献が明確になっている発表が多かった。自分は実践を中心にまとめていた。」「実践することにより何がどう変わったのか,また,どのエビデンスにより検証するのかも大事である。次への目標が見えてきた。」など,実践課題研究報告書の作成に向けた振り返りも見られました。

 最後の第3部では参加者全員で今日の学びを振り返りました。

 まず,堺市・大阪市・大阪府教育委員会から来られた来賓の方からメッセージをいただきました。

堺市教育委員会の佐古田英樹首席管理主事からは,「M1生について,これからの動きが少し見えて来ましたか。この場で得られた情報を8月中に振り返ってほしい。」「M2生については,具体性を持った発表がされていました。これからの半年をどう過ごすかが大事です。8月が勝負です。」というメッセージを修了生の立場からいただきました。
 
大阪市教育センターの池田勝一郎総括指導主事からは「教育に対して院生の皆さんが真摯に取り組んでいるのが良く分かった発表でした。M1生はういういしい取組でした。子どもたちのためにも,M2生は学校現場で取り組んでほしい内容ばかりでした。」というメッセージをいただきました。

 

そして大阪府教育センターの加納啓司小中学校教育推進室長からは「ポスターにまとめる過程が大事です。どう伝えるかも,どう話を始めるかも大事です。実践から課題を発見し,考察する。また課題が生じる。今,大切な主体的・対話的深い学びをされていると実感しました。」とのメッセージをいただきました。

 
 最後に,木原俊行連合教職実践研究科主任から,M1生に対して「基本学校実習Ⅰではリサーチが大切です。よく学校の実態を把握していました。より多くのクラス,より多くの時間,より多くの教科で引き続き実態把握をしてください。」,M2生に対して「これから研究が主になります。目的について実践する。評価データで検証する。実習校に応じた研究ができていると感じました。実践研究を一貫した論理で伝えることは難しい事です。これからのスケジュールも考えて文章化(報告書作成)をしてほしい。いいネタを持っている。その内容も確からしい。次の次元へと努力をしてください。」などのエールを送られていました。

 昨日から準備等大変だっと思います。お疲れ様でした。今日の学びを思い出だけにするのではなく,これからの学びの糧にしてください。

投稿者:   日時:12:01 | パーマリンク

「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラム研修を実施しました

 大阪市教育センターとの共催により「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラム研修が,8月6日(月)から7日(火)の2日間にわたって,天王寺キャンパスで開催されました。

 この研修は,昨年度,独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受けて開始されたもので,連合教職大学院の教育実践力開発コースの授業科目「ICT環境の活用」の一部を活用しており,受講生は学部卒の院生とともにICTについて学びました。

 研修は主に本学連合教職大学院の寺嶋浩介准教授が担当しました。また,1日目には,「Web上のデジタルコンテンツ」というテーマで,ゲスト講師であるNHK青少年教育理科班の後藤大介デスクにご講義いただき,2日目には,昨年度「学校教育ICT推進リーダー」に認定された大阪市立大和川中学校の小谷拓先生にお越しいただき,「これからの教育の情報化」をテーマにご講義いただきました。

 本研修が,勤務校内外において研修を企画・運営し教育の情報化について積極的に推進できるスペシャリストを養成することをねらいとしていることもあり,各グループで研修授業の構想を練り,発表をするという課題もありました。グループによっては2日目の研修開始前に教室に集まり,発表の内容について話し合っているところもあり,参加者の熱意が感じられました。

 受講生は今後も複数回の研修を重ね,「学校教育ICT推進リーダー」を目指していきます。

投稿者:   日時:12:34 | パーマリンク

大阪市教育委員会との連携研修を実施しました

 8月1日(水),天王寺キャンパスにおいて,「エビデンスベースの学校改革」研修が行われました。

 この研修は,独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受けて実施している【「エビデンスベースの学校改革」を推進可能な教員を養成するための研修プログラム開発】事業の一環であり,連携機関である大阪市教育委員会から選出された17名の小学校・中学校の先生が受講しています。

 はじめに大阪市教育委員会大学連携企画担当の比嘉直子課長にご挨拶をいただきました。

 その後,本学連合教職実践研究科の庭山和貴特任准教授が,研修の概要・目的の説明,「エビデンスとは何か」といったことや,各学校での現状の把握や現在の取り組み等について,グループワークや発表を交えながら講義を行いました。発表の場面では,各受講生が自分の学校で実施している様々な取り組みを発表し,他の受講生方はとても熱心に聞き入っていました。

 また,受講者以外にも,受講者の学校の管理職の先生や,大阪市教育委員会,大阪市教育センターの方々,本学連合教職大学院の院生も研修に参加し,非常に活気のある研修になりました。

 今後も複数回にわたって研修や視察・報告会が予定されており,連合教職大学院が大阪市教育委員会と連携して,よりよい学校を目指して活動していきます。

投稿者:   日時:12:30 | パーマリンク