教育実践力開発コースがコースRMをしました!!

 6月14日(金)午後6時から教育実践力開発コースの院生がコースRMを行いました。内容は8月3日(土)の全体RMに向けての準備も兼ねた,発展課題実習Ⅰにおける研究テーマの取組及び進捗状況の発表です。

 まずはじめに,コース代表から今日の狙い等について説明があった後,4つのグループに分かれて一人あたり8分の発表,7分の質疑応答という時間設定で発表を行いました。
院生の発表②

院生の発表①

 全体の振り返りでは,各グループの代表者から「データのとり方や分析等も含めたデータの活用の在り方について考える必要がある」「全体RMに向けて改めて,研究テーマに使用している用語の意味を整理すること」などの発言がありました。
全体の振り返り

 また,教員側からは,「質的データの分析をどうすればよいのか」「データをうまく取れなかったとき,自分の実践を言語化することも大切である」「研究テーマが絞れてきている印象を受けた」などの発言がありました。
教員のコメント

 この時期,一部の院生は発展課題実習中であり,精神的に大変だったのではないかと思います。お疲れ様でした。なお,いよいよ始まる教員採用試験に向けても精進してください。

投稿者:   日時:13:47 | パーマリンク

研究倫理やRM等に関する連絡を実施しました。

 6月10日(月)午後2時から柏原キャンパスC5棟305にて,教育実践力コースと特別支援教育コースの院生に対し,峯明秀専攻主任から研究倫理やRM等に関する説明がありました。

 主な内容は次のとおりです。
 まず,研究者にとって大切な規範の一つである研究倫理については,eラーニングでの研究倫理研修を受講しておくことや,主指導教員の了解の上,6月28日(金)の提出締切までに「倫理審査申請書」を作成・提出するよう指導がありました。その際,今後,取り扱う個人情報等のデータの改ざんや他の研究者の論文の不正使用などしないようにとの注意喚起もありました。
 次に,基本学校実習Ⅰ終了後のRM(リフレクション・ミーティング)については,8月9日(金)に実施する事やその実施に向けポスター等の準備をしておくよう,指示がありました。
 第1タームが終わり,いよいよ、6月13日(木)から第2タームが始まります。そして,教職大学院での学習とともに,60時間以上の学校実習が始まります。これまで学んだ理論知を学校という実践の場に活かすとともに往還できるよう実習に励んでください。なお,健康には十分,注意して臨んでください。

投稿者:   日時:14:22 | パーマリンク

「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムを実施しました

 5月25日(土),大阪教育大学天王寺キャンパスにおいて2019年度の「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムの第1回が実施されました。

 この研修は,昨年度に独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受けて開始されたもので,大阪市教育委員会と連携して実施するものです。昨年度の成果をさらに向上・持続的なものとするべく,昨年度の研修参加校を引き続き主な対象としながら,より高度な研修を開発・実施することを目的としています。2019年度は大阪市内の小・中学校から24名の教員が受講されます。

 第1回となる今回の研修では,『「データ」に基づいて今年度の取り組みについて考える ―「データに基づく意思決定」を実現するために―』というテーマで,昨年度の取り組みを振り返りつつ,現状の課題の整理を行い,最終的には今年度の行動計画を作成しました。

 大阪市教育委員会との協力で設置している「大阪市教員養成協働研究講座」の教員も参加し,受講生同士の議論の場に示唆を与えられ,活発な意見交換となっていました。

 また,今回は本学初等教育講座の野田 航准教授のご協力のもと,エビデンスに基づく学習指導に関する講義で研修の内容をさらに深めました。

 受講生は今後も複数回の研修を重ね,持続的なシステムとできるよう取り組んでいきます。今年度は8月21日(水)に公開研修会として,研修受講生からの取り組みに関する報告会も予定しています。

投稿者:   日時:15:18 | パーマリンク