【職員ブログ】院1回生による学部科目での授業実践

 1月21日,柏原キャンパスで学部2回生を対象として開講される「倫理学の基礎」(担当教員:倉本教授)の授業に,教職大学院1回生4名が参加し,「これからの未来を良く生きるために!―必要な○○力ってなんだろうー」をテーマに模擬授業を行い,学部生と意見交換を行いました。
意見交換の様子

 プレゼンターは,教職大学院の教育実践力コース科目「教材・題材開発研究(個人と社会)B[倫理]」(担当教員:倉本教授)を選択受講している東さん,遠山さん,八尋さん(以上ストレートマスター)と,山下さん(大阪府立高校の現職教員院生)です。本日の授業実践に向け,同受講生の南條さん(ストレートマスター)や阪下さん(大東市立小学校の現職教員院生)とともに,大学院授業の中で準備を重ねてきました。
発表の様子

 本日の学部授業では,Society5.0時代を見据えた未来がどうなっていくか,どんな職業がなくなっていくのか,そもそもAIってどんなものなのか,ではこれから必要な力は何か,などを考えさせる模擬授業が展開されました。「現代人チーム」と「未来人チーム」に分かれてやり取りする寸劇(?)も盛り込まれ楽しく学べます。本日授業参加がかなわなかった阪下さんの役を倉本先生が担い,南條さんはビデオメッセージでの参加となりましたが,院生6名が考えたチームティーチングによる授業実践を,学部生と共有できる機会となりました。
発表の様子2

 学部生は,終始真剣な面持ちで耳を傾け,模擬授業におけるグループワークや発表に積極的に取り組んでいました。模擬授業終了後には,「AIがあれば高校教師は必要なくなるかどうか」や授業の展開方法などについて,学部生・院生間で活発に意見交換がなされました。
意見交換の様子2

 柏原キャンパスのコースでは,こういった学部生との交流により刺激を受けられることもメリットの一つかもしれません。

投稿者:   日時:22:28 | パーマリンク

【院生ブログ】M1後期授業のご紹介 ~社会環境と子どもの心身の理解~

 後期になり,新型コロナウイルス感染症感染拡大予防策を講じていただきながら,天王寺キャンパスで学ぶことが出来る日や授業が設定されるようになりました(注:授業や感染症拡大状況によりオンラインでの授業もあります)。
 これまでオンライン上でZoomのブレイクアウトルーム機能などを活用し,グループ討議をするなど,オンライン上でしかお話したことがなかった同回生の方々と直接お会いでき,以下のようなよさがありました。

1)学校種を超えた多岐に及ぶ話ができたこと
⇒私は幼稚園籍ですが,他校種の方々とお話をする機会が授業中だけではなく,教室内で各自の関心ごとに沿ってお話しする中で,他校種の現状をうかがえることは,大変重要な機会となりました。

2)授業内容における質問や感想の述べ合い
⇒オンライン授業ではなかなか互いに相談や質問などを行う機会が少ないと考えますが,対面でお話しできたことにより,自分の授業の理解を同回生の方に確認したり,そこからさらに学びが深まったり派生したりするよさがありました。

3)仕事や実習等と学業を両立していることをを互いにねぎらえること
⇒同じ志や目標を持つ方々とお話しすることはとても心地よく,そして改めてやる気がみなぎります!日中の仕事で疲れていても,同回生の方々と共に学ぶことのできる空間は,とても刺激を受けます。

 このように対面でも学べる機会が選択肢として増えたことには,教職大学院並びに担当の先生方のご準備のおかげで成り立っています。あらためて感謝申しあげたいと思います。

 後期の授業の様子を一つご紹介します。月曜日7限「社会環境と子どもの心身の理解」では,私の理解になりますが,主に子ども・家庭・そして同僚教員などとの関係性を考える中で,各自の援助ニーズやその背景を知り,様々な手立てや援助方法について考えるスキルを学ぶ授業となっています。担当される先生が15回の授業を,3名の先生で分担しご担当くださることで,3名の先生のご専門の分野について深く学ぶことが出来ることは,学生として大変ありがたかったです。
 また本授業は,対面,ZoomでのLIVE授業,オンデマンド配信授業,ハイブリッド授業(対面とZoomの同時進行型)など,多様な授業形態で,コロナ禍において刻々と変わる状況に応じて,授業形態を工夫くださっています。写真は,ハイブリッド授業の模様ですが,教室に来て対面授業をしている方と画面ではZoomを接続している方とおられます。
ハイブリッド授業の様子

 本授業を通して,子どもや家庭が現在抱えている困り感や背景をより深く知ることができ,その上で,その困り感や背景に対応できる援助スキルや考え方を授業で学び,自身の明日からの実践の中で活かしながらまた授業で学ぶという,理論と実践の往還型の学びが出来ることは,教職大学院の一番の良さであると思います。
 後期も間もなく終盤を迎えますが,新型コロナウイルス感染症拡大が一日も早く収束に向かい,今の学びがより深く広く展開できることを願っています。それと同時に授業実施に向け,動いてくださっている皆様方に改めて御礼申しあげます。

                                 援助ニーズ教育実践コースM1 岡部祐輝

投稿者:   日時:21:55 | パーマリンク

【職員ブログ】授業の中で指導主事の方にお話を伺いました。

 みなさんこんにちは。教職大学院担当事務のAです。今回は,教職大学院の授業に,堺市教育センターの指導主事の方にご協力いただけるとのことなので,見学に行ってまいりました。

 授業科目は,スクールリーダーシップコース教育委員会指導主事プログラム科目の「学校に対するコンサルテーション」です。これまでのブログでも紹介していますが,今年度から堺市教育委員会と連携し,堺市教育センターと天王寺キャンパスを接続し遠隔講義として実施している科目です。

 お話ししてくださる指導主事の方は,福岡さんです。この方,実は,2019年4月に自主的に教職大学院に入学なさった,現在M2生で,この授業科目を昨年度にすでに履修されています。ちなみに,教職大学院には学校の先生だけでなく,複数名の指導主事の方が在籍しています。

福岡さん

福岡さんのご紹介

 福岡さんには堺市教育センターの講義室にお越しいただき,その様子を遠隔講義として天王寺キャンパスへ配信していました。職場=センターの講義室なので,移動する必要が無くて便利ですね。授業の中ではご自身の指導主事としての経験や学校への関わり方についてお話しいただきました。堺のセンターでも天王寺キャンパスでも,講義の受講生たちはそれを聞き,校内研修の支援のあり方,その工夫に関して活発に意見交換を行っていました。

発表の様子

発表の様子(天王寺キャンパス)

堺市側の様子

発表の様子(堺市教育センター)

 最後に,本授業にご協力いただいた福岡さんに,今回の感想をお聞きしました。
 「堺と天王寺をつなぐ遠隔の講義に初めて参加させていただきました。天王寺で受講されている方の様子をスクリーンで見ることができ,一体感を感じることができました。昨年度,この講義で学んだことを実践し,振り返ることができる機会となりました。ありがとうございました。」

 今後も引き続き,教職大学院の活動を紹介してまいります。

投稿者:   日時:21:31 | パーマリンク

New Normal ― 新しい学校生活への支援 ―

 本学連合教職大学院では,コロナ禍における新たな取り組みとして,「New Normal ― 新しい学校生活への支援 ―」というプロジェクトを立ち上げ,教職大学院の修了生・在学生や附属学校園から授業動画や実践事例等を集約し,広く社会に配信することを目的としてHPを開設いたしました。

【連合教職大学院HP・New Normal ― 新しい学校生活への支援 ―】

 各動画等には,動画作成者から,教材の作成の仕方や,ICT活用のポイント,動画作成時の注意点などの解説をいただいておりますので,現職教員の方も是非ご覧ください。

 今後も継続して,動画・教材等のコンテンツを掲載していく予定です。

なお,このプロジェクトは,学内予算「学長特別プロジェクト経費」の採択を受け,実施しています。

投稿者:   日時:22:03 | パーマリンク

学校教育ICT推進リーダー(4期生)の修了式を実施

 11月20日(金),大阪市教育センターにおいて,「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラム研修の修了式が実施されました。

 本事業は,本学連合教職大学院と大阪市教育センターが連携し,人材養成の側面から双方の研究資源(学問的・実践的・人的資源等)を組み合わせて,教員が<教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力>を身につけることを目的として実施される研修プログラムで,今年で4年目になります。

 最終回となる今回は,この1年間研修プログラムに参加した4期生に加えて,過去この研修プログラムを受講して現在活躍している学校教育ICT推進リーダーも参加しました。これまでの振り返りや他の参加者の取組みをヒントに,今後のアクションプランをそれぞれ組み立てることをねらいとして,それぞれ交流しました。
交流の様子

 今年の研修プログラムを修了した11名の大阪市の教員には,本学連合教職大学院と大阪市教育センターの連名により<学校教育ICT推進リーダー>の称号が付与され,修了証書(兼称号授与書)とICT推進リーダーのバッジが手渡されました。

授与式の様子

集合写真

投稿者:   日時:13:34 | パーマリンク