【院生ブログ】M1後期授業のご紹介 ~社会環境と子どもの心身の理解~

 後期になり,新型コロナウイルス感染症感染拡大予防策を講じていただきながら,天王寺キャンパスで学ぶことが出来る日や授業が設定されるようになりました(注:授業や感染症拡大状況によりオンラインでの授業もあります)。
 これまでオンライン上でZoomのブレイクアウトルーム機能などを活用し,グループ討議をするなど,オンライン上でしかお話したことがなかった同回生の方々と直接お会いでき,以下のようなよさがありました。

1)学校種を超えた多岐に及ぶ話ができたこと
⇒私は幼稚園籍ですが,他校種の方々とお話をする機会が授業中だけではなく,教室内で各自の関心ごとに沿ってお話しする中で,他校種の現状をうかがえることは,大変重要な機会となりました。

2)授業内容における質問や感想の述べ合い
⇒オンライン授業ではなかなか互いに相談や質問などを行う機会が少ないと考えますが,対面でお話しできたことにより,自分の授業の理解を同回生の方に確認したり,そこからさらに学びが深まったり派生したりするよさがありました。

3)仕事や実習等と学業を両立していることをを互いにねぎらえること
⇒同じ志や目標を持つ方々とお話しすることはとても心地よく,そして改めてやる気がみなぎります!日中の仕事で疲れていても,同回生の方々と共に学ぶことのできる空間は,とても刺激を受けます。

 このように対面でも学べる機会が選択肢として増えたことには,教職大学院並びに担当の先生方のご準備のおかげで成り立っています。あらためて感謝申しあげたいと思います。

 後期の授業の様子を一つご紹介します。月曜日7限「社会環境と子どもの心身の理解」では,私の理解になりますが,主に子ども・家庭・そして同僚教員などとの関係性を考える中で,各自の援助ニーズやその背景を知り,様々な手立てや援助方法について考えるスキルを学ぶ授業となっています。担当される先生が15回の授業を,3名の先生で分担しご担当くださることで,3名の先生のご専門の分野について深く学ぶことが出来ることは,学生として大変ありがたかったです。
 また本授業は,対面,ZoomでのLIVE授業,オンデマンド配信授業,ハイブリッド授業(対面とZoomの同時進行型)など,多様な授業形態で,コロナ禍において刻々と変わる状況に応じて,授業形態を工夫くださっています。写真は,ハイブリッド授業の模様ですが,教室に来て対面授業をしている方と画面ではZoomを接続している方とおられます。
ハイブリッド授業の様子

 本授業を通して,子どもや家庭が現在抱えている困り感や背景をより深く知ることができ,その上で,その困り感や背景に対応できる援助スキルや考え方を授業で学び,自身の明日からの実践の中で活かしながらまた授業で学ぶという,理論と実践の往還型の学びが出来ることは,教職大学院の一番の良さであると思います。
 後期も間もなく終盤を迎えますが,新型コロナウイルス感染症拡大が一日も早く収束に向かい,今の学びがより深く広く展開できることを願っています。それと同時に授業実施に向け,動いてくださっている皆様方に改めて御礼申しあげます。

                                 援助ニーズ教育実践コースM1 岡部祐輝

投稿者:   日時:21:55 | パーマリンク