第1回実践研究フォーラムを開催しました

 8月19日(土)午後2時から,第1回実践研究フォーラムを開催しました。本フォーラムは,『修了生が学校あるいは行政の現場で優れた実践者であるとともに研究を続けること,修了生と在学生等の親睦を深めること,修了生に実践的な研究成果を発表,交流する機会を設け,修了後の研究活動を支援すること』を目的に教員組織の一つである教務委員会が企画を担当し,本年度初めて開催しました。

 まず,全体会では森田研究科主任の味のある挨拶,そして「『チームとしての学校』から考える事」をテーマに深野特任教授からチームとしての学校における教員に期待される役割などについて問題提起がありました。

 次に,ラウンドテーブルでは,修了生,現役の院生,教員を織り交ぜたグループごとに分かれ,修了生が報告者となって自らの実践を語り,参加者は報告者に寄り添って傾聴し,一緒になって修了生の実践の省察を行いました。

 最後に,3つのグループからラウンドテーブルの内容を報告してもらうとともに,木原専攻主任が今日のフォーラムの内容を素早くまとめたパワーポイントの資料をもとに講評を行いました。教職大学院を修了して,学校をはじめとする教育現場で活躍する修了生の姿が輝いていました。これからも,”探究する事”,そして,”自ら学び続けること”を忘れないでほしいと感じました。

投稿者:   日時:18:00 | パーマリンク

大阪市との共同開催の講義で,修了生がゲストティーチャーになりました

 本日(8月10日)の「ICT環境の活用」の講義では,本研究科修了生であり,大阪市立滝川小学校の指導教諭である坂口朋子さんをゲストにお迎えして,<情報モラル>のカリキュラムと授業の開発に関する講義が行われました。

 この講義は,本研究科が(独)教職員支援機構から支援を受け,大阪市教育センターとの共同開催でもあり,大阪市の<ICTフロンティア>の先生方も参加されました。

投稿者:   日時:14:36 | パーマリンク

院生全員によるリフレクション・ミーティングを実施!!

 8月5日(土)13:00から,今年度第1回目の全体RM(リフレクション・ミーティング)を行いました。内容は,ポスターによる発表と質疑応答でした。

 まず,M1生は,実習校の特色等を調べるとともに,自ら取り組もうとする研究テーマに関連した実習校の取組等について発表しました。引き続き,M2生が課題研究に繋がる実習計画を実践し,その結果を発表しました。発表後の質疑応答ではうまく言葉の意味が伝わらず苦労した院生もいたようです。

 その後,1階のホールへ移動して,院生をはじめ参加した全員で振り返りを行いました。院生からは「報告書をまとめる上で課題を感じた」「実習校だけでなく他校にも役立つような内容にしてほしい」「M2生とM1生の知識の違いを感じた」という感想が述べられました。参加者からは,「独りよがりの学びにならないようにしてほしい」「主体的・対話的で深い学びを体現されている」「各テーマは学校における喫緊の課題である」「学びへの熱を感じた」という言葉をいただきました。最後に,森田研究科主任から「院生の頑張りが見えた一日であった」という講評がありました。

 大阪府・大阪市・堺市の各教育センターの方や実習校で指導していただいてる指導教員をはじめ,多くの方に発表を聴いていただきました。お忙しい中,本当にありがとうございました。また,この春,終了した院生も来られました。併せて,御礼を申し上げます。

投稿者:   日時:14:35 | パーマリンク

科目『専門職としての教員』の最終講義から!!

 7月29日(土)午後1時05分から、科目『専門職としての教員』の最終講義がありました。

 この授業は、受講生の協同学習などを通して、必修領域である第1領域から第4領域で学んだ内容を受講生自らが総覧するとともに、大学院における個々の学修を具体化する事により、受講生自身が『専門職としての教員』とは何かを考え、高度専門職としての教員に求められる資質・能力を身につけることをめざします。今回はその最終授業にあたります。

 前半は、3つのグループに分かれて一人5分間のプレゼンを行いました。

 後半は、ホールに集合して、各グループから選ばれた現職院生3名とストレートマスター3名の計6名が受講生全員の前で再度、一人8分のプレゼン及び発表に対する質疑応答を行いました。

 これからも教職に関する事を学び続け、自ら考える『専門職としての教員』像に向けて、努力してほしいと思います。

投稿者:   日時:13:53 | パーマリンク