秋吉博之教授,深野康久特任教授の退職記念講演が行われました

 3月22日(金)16時から,平成30年度末でご退職される秋吉教授,深野特任教授の退職記念講演が天王寺キャンパス西館ホールで行われました。

 木原研究科主任よりご挨拶をいただいた後,まず秋吉教授からは「理科教育ー実践から研究への軌跡ー」をテーマに,アフリカのケニアで理数科教育強化プロジェクトに参画し,生物教育の専門家として技術協力をした日々の話をお聞かせいただきました。

また,深野特任教授からは「学校組織と学校経営戦略ーこれからの研究構想ー」をテーマに,教職大学院における実務家教員と研究者教員の連携の在り方について,これまでの経験をふまえた話をお聞かせいただきました。

 この講演には在学生だけでなく1期生からの修了生も参加があり,両先生の講演は,院生と教員が共に築いてきた教職大学院の創成期の日々を振り返る機会にもなりました。
 両先生の今後のご活躍を心よりお祈りしております。

投稿者:   日時:11:31 | パーマリンク

連合教職大学院FD&SDを実施しました。

 3月7日(木)午後4時から,FD&SD事業の一環として,研修会を実施しました。研修会は2部構成で,そのうちの第1部はSD事業としても実施され,教員だけでなく職員も参加しました。また,今回の会場は天王寺キャンパスでしたが,テレビ会議システムを利用することによって,柏原キャンパスからも研修に参加いただくことができました。

 第1部は,「教育委員会との連携」をテーマに実施しました。
 まず,庭山和貴准教授から独立行政法人教職員支援機構(NITS)の支援事業として大阪市教育委員会と連携して取り組んでいる「教育委員会との連携による『エビデンスベースの学校改革』研修プログラム開発・実施」について,報告がありました。主な内容はエビデンスの定義や研修プログの内容(1.エビデンスを学ぶ 2.エビデンスを使う 3.エビデンスをつくる),課題としては研修プログラムの持続性などについてでした。

 続いて,京都府の制度を活用して寺嶋浩介准教授の指導を受けておられる中根新先生(京都府立網野高等学校)から,この一年間研究された「遠隔合同授業の実施に向けて」というテーマで報告がありました。主な内容は,遠隔合同授業の導入に向けて必要と思われる内容の調査や今後検証していかなければならないことなどについてでした。

 寺嶋准教授からはNITSが実施した「第2回NITS大賞」で審査員特別賞を受賞された「ICT推進リーダーの養成~教職大学院と教育センターとの連携」をテーマに報告がありました。主な内容は,教職大学院の授業科目「ICT環境の活用」と大阪市教育センターの「ICTフロンティア研修」の一部を合同で実施したときの成果についてでした。

 第1部の最後は,寺嶋准教授から報告のあった講義を受講された斉田俊平先生(大阪市立城北小学校)から,「課題を抱える学校においてICT活用を活性化するためのアクションリサーチ」をテーマに報告がありました。主な内容はICT環境の新たな整備や情報モラル教育の推進など現任校で取り組まれている事項の成果や今後の課題についてでした。

 第2部は連合教職大学院における『今年度の事業及び研究成果の報告』をテーマに行いました。深野康久教授から部局活性化経費活用事業で取り組まれた「学校実践知(経験知)の教材化・開発-実務家教員の経験知を活用するために-」をテーマに報告がありました。主な内容は,教職大学院に勤務するいわゆる実務家教員がチームを編成して,教員として培った経験知を教材化したことについてでした。その後,4つにグループ分かれ,各人から今年度の事業及び研究活動の成果を報告しあい,相互理解を深めました。

 今後も私たち教員の資質向上に向けて,様々な事に取り組んでいきたいと思います。

投稿者:   日時:21:00 | パーマリンク

学校教育ICT推進リーダー(2期生)の認定式を行いました。

 2月26日(火)に,(独)教職員支援機構より受託事業の助成を受けて展開してきた,大阪市教育委員会との連携による「学校教育ICT推進リーダー養成プログラム」開発事業のプログラム修了式が,大阪市教育センターで実施されました。

 本事業は,連合教職大学院と大阪市教育センターの研修資源(学問的・実践的・人的資源等)を組み合わせて,教員が<教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力>を身につけることを目的として計画・実施されており,先日開催された教職員支援機構主催のNITS大賞でも審査員特別賞を受賞しました。

 プログラムを修了した16名の大阪市の教員には,連合教職大学院と大阪市教育センターの連名により<学校教育ICT推進リーダー>の称号が付与され,修了証書(兼称号授与書)とICT推進リーダーのバッジが手渡されました。

 研修を担当した連合教職大学院の寺嶋准教授からは,「今回の研修で終わりではなく,これからは推進リーダーとして大阪市の教員を引っ張ってほしい。」との言葉が,また,大阪市教育センター教育振興担当の山口次席指導主事からは,「ICT推進リーダーは,大阪市教育委員会と大阪教育大学の名前を背負うことになる。それに恥じない取組を続けてほしい」との言葉が伝えられました。

投稿者:   日時:19:40 | パーマリンク

今年度最後の「エビデンスベースの学校改革」研修を実施しました。

 2月13日(水),天王寺キャンパスで今年度最後の「エビデンスベースの学校改革」研修が行われました。

 この研修は,独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受け,大阪市教育委員会と連携して実施しており,大阪市の小学校・中学校から17名の先生が受講しています。受講生は1年間をかけて,エビデンスについての知識,データの活用方法を学び,それぞれの学校で学校改革に取り組んできました。

 最終回である今回は,「持続性のある学校改革を実現するには? ―10年後まで続く取り組みにするために―」をテーマに,今までの研修を振り返りつつ,これまで行ってきた取り組みをさらに向上・持続させる方法を考えました。

 また,本研修の内容と関連して,教員の授業力向上をテーマに2年間の実践研究を行ってきた,教育実践コーディネートコースM2生の現職教員院生に,自身の取り組みについて発表いただきました。

 研修を受講した学校の先生方は,「ここで着いた火を絶やさずに,来年度以降も研修で学んだ取り組みを続け,発展させていきたい」と感想を述べていました。

投稿者:   日時:16:50 | パーマリンク

第2回NITS大賞で,寺嶋准教授が審査員特別賞を受賞

 この度,独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)が実施する事業「第2回NITS大賞」において,本教職大学院の寺嶋 浩介准教授が審査員特別賞を受賞いたしました。

 NITS大賞とは,独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)が、学校をとりまく課題の解決に取り組んだ実践例を広く募集し、表彰・公開することにより、優れた実践例を普及していく事業です。
(引用:独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)HPより)
 今回は,全国各地の学校や教育センターで実践された様々な活動について4部門86件のエントリーがあり,その中から優秀賞・審査員特別賞が選ばれます。今回,寺嶋准教授の活動は「先導的プログラム実践部門」において唯一の受賞となりました。

 2月2日(土)には,東京・丸の内のフクラシア丸の内オアゾ「Hall A」で活動発表会・表彰式が行われ,寺嶋准教授は「ICT推進リーダーの養成 教職大学院と教育センターとの連携」という実践取組について発表されました。

 この取組は,本学教職大学院と大阪市教育センターが連携して,開発・実施した「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラムに関するもので,双方が持つ研修資源(学問的・実践的・人的資源等)を組み合わせたプログラムです。教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力を身につけることを目的とし,教員研修・教職大学院での講義・オンライン研修等を組み合わせた内容となっています。


審査員特別賞の表彰を受ける寺嶋准教授

 表彰式の最後には,審査員の方々から発表全体に対する講評があり,前向きな取組が全国各地で実施されていることに感銘を受けた,いずれの取組も自校だけでなく地域・全国へ広げていってほしい,と評価されていました。


独立行政法人教職員支援機構高岡理事長と優秀賞・審査員特別賞を受賞された皆さま

投稿者:   日時:14:11 | パーマリンク

第3回全体RMを行いました

 2月3日(日)午前9時40分から,全体RMを実施しました。本連合教職大学院の修了生,各教育委員会関係者の皆様,実習先の先生方をはじめ,外部からも多数の参加がありました。お忙しい中,本当にありがとうございました。

 さて,全体RMでは,院生を4つのグループに分け,午前(9:40~12:30)はM1生が,午後(13:30~16:30)はM2生が,これまでに取り組んだ実践課題研究の成果を報告しました。


M1生の発表の様子


M2生の発表の様子

 16:40からの全体会では,堺市・大阪市・大阪府の各教育委員会の代表の方から,「主体的に向き合い,対話したくなる,もっと深く学びたくなる。その内容についての発表があり,大変興味深くうかがった」,「子どもたちに対して,研究がワクワク感を深めるものになっているか。研究を通して子どもたちにどんな力をはぐくむのか。どの子をイメージして研究を深めるのか。という3つの視点で発表を聴かせてもらった」,「今の学校現場のニーズに合った内容の研究発表があり,ありがたいと感じた」などの御言葉をいただきました。

 また,3つのコース長からは,M2生の実践課題研究に対する総括とそれぞれのコースにおける優秀者の発表がありました。最後に,木原研究科主任からは「今日は教育実践の課題と解決に関する語りの舞台になった。これも実習校等の先生方の協力の賜物です」「M1生においては概念規定の甘さがしばしば指摘されていた」「M2生に対しては,PDCAサイクルによって実践研究を発展させた。根拠をもって主張していた」などの言葉がありました。

 なお,本年度のコース優秀賞の3名の方には賞状を贈りました。 (写真左から,学校マネジメント:中田恵理子さん,教育実践コーディネート:安田加弥さん,教育実践力開発:平尾留惟さん)

 修了生の皆さんは,これからの社会を担う子どもたちを育てる教育現場において,日々過ごされると思います。これからも自ら「学び続ける教員」として,ご活躍をされることを祈念しています。

投稿者:   日時:16:58 | パーマリンク

韓国から授業見学に来られました!!

 1月23日(水)午後7時40分からの「学校を基盤とするカリキュラム開発」という木原俊行教授と福永光伸教授が担当する講義に,ソウル教育大学からお二人の先生が来られました。呉成哲教授(Oh Seongcheol)と朴相哲教授(Park Sangcheol)のお二人です。

 授業は,「この講義の目標は何か?」,「今日の授業で取り組むべき内容は?」という木原先生からの問い掛けに,受講生がお二人の先生に説明する事から始まりました。院生は9つのグループ分かれて主体的なグループ活動を行い,最後にグループの代表が本日の取り組んだ内容を報告しました。

 お二人は,院生が与えられた課題に対して主体的に取り組んでいる様子を熱心に見ておられました。

写真左から,朴教授,裴教授,呉教授

 呉教授から「新しい教科を実施することに関する教員の負担感やその負担感は学校段階による違いはあるのか」について質問がありました。院生からは「現職院生の学校での課題をテーマに新教科・領域を構想しているので,やらされているという負担感は少ないのではないか」や「教員の入れ替わりがある中で,教員の意思統一が課題。新しいことをしようという方向に進む教員は半分くらいいればいい。」などの意見がありました。学校段階については「高校では受験という壁があるので,否定的と考える」や「受験の壁はあるが,1・2年生で取り組む事は可能」などの意見がありました。
 朴教授からは学校を中心とするカリキュラムを指導する上で重要と考えている視点について,3つ教えていただきました。1つ目は,教師が学習指導要領の作成に関わって積極的に参加すること,2つ目は学習指導要領が学校の実情にあったものであること,3つ目は開発した学習指導要領を学校現場で意思疎通をして実践しようとする取り組むことであるという事です。そして,最後に,1970年~80年代において学習指導要領に関する韓国で有名な格言も教えていただきました。「国家がどんなに優れた学習指導要領を開発しても,学校においてキャビネット(文章を整理する棚)に入れたままでは無用になる」という格言です。この格言の意味をみなさんはどう捉えますか?

 なお,今年度も通訳として裴光雄教授にご協力をいただきました。ありがとうございました。
 

投稿者:   日時:16:58 | パーマリンク

教育実践力開発コースRMを行いました!!

 1月5日(土)午後4時40分から,本年度最後の教育実践力開発コースのコースRMを行いました。

 内容は,第2セメスターで行った基本学校実習Ⅱの取組を中心に,実践課題研究に向けての展望を他の院生等に向けて発信するものでした。院生を1グループ6人で,4つのグループに分けました。一人12分の発表,10分の質疑応答の時間を割り振りました。グループごとの活動終了後,全体の振り返りも行いました。

 全体の振り返りでは,グループ代表の院生から「実践課題研究の目的がはっきりして来ているが,先行研究を調べていく上で,その目的を達成する方法等が広がってしまった」や「実習前・後で,実習校の様子にズレがあった」などの発表がありました。また,教員からは,「似た研究をしている先輩の報告書等を読むことも大切である」「言葉の概念を明確にする事」,「論理の一貫性を例えば,逆向き設計で考える」「実践中で何かを考える」などの指導・助言がありました。

 年が明けての早々のコースRMでしたが,院生はしっかり準備をしていたと思います。
 残りの一年を悔いのないよう,教員になるために多くの事を学びを続けてほしいです。

投稿者:   日時:12:34 | パーマリンク

日本教職大学院協会研究大会に本学修了生が参加

 12月8日(土)~9日(日)に,東京の一橋大学一橋講堂において,第10回日本教職大学院協会研究大会が開催されました。

 その2日目のポスターセッションに今年は,学校マネジメントコースの修了生の前田良隆さん(大阪府教育庁教育振興室高等学校教務グループ指導主事)が参加しました。与えられた時間は,質疑応答も含めて一人10分です。前田さんが院生時代に取り組んだ「学校組織開発における校長・ミドルリーダーのリーダーシップ-高等学校における2年間の実践を分析事例として」について説明されていました。内容は,『「チームとしての学校」が求められ,教員の年齢構成が変化する中,ミドルリーダーの育成が課題となる。高等学校において,「ミドルリーダーによる学校づくり」という校長の方針のもと,教職経験の少ない教員でプロジェクトチームを構成し,教育施策を活用して学校改善に取り組んだ。その結果,校長とミドルリーダーの双方のリーダーシップが効果的に働くことは,学校の活性化に重要であることを明らかになった。』というものでした。

 前田さんから,「現在の職場でも様々な調査を行い,また,それらを基にした根拠が求められる。この際,本研究によって得た知見等は役に立っている」との声を聞きました。大変お忙しいところ,発表していただきありがとうございました。

投稿者:   日時:15:24 | パーマリンク

弘前大学教職大学院の先生方等との意見交換会を行いました。

 11月27日(火)に弘前大学教職大学院の先生方と青森県教育委員会の方々が本学を来訪し,授業見学を含む,意見交換会を実施しました。

 はじめに,連合教職実践研究科主任の木原教授から大阪教育大学連合教職大学院についての説明が行われ,その後,訪問団は,1回生の共通科目である「課題をかかえる子どもへの実践的対処法」を見学しました。
 この授業は研究者教員と実務家教員とのチーム・ティーチングで行われており,また受講生も現職教員院生と学部卒院生が入り混じっているため,様々な立場から活発な意見が交わされていました。

 授業見学の後は,教職大学院と教育委員会との連携についての意見交換が行なわれました。
 本学で教育委員会と連携した事業を進めている寺嶋准教授,庭山特任准教授から連携事業の内容や成果,連携をすすめる上での課題・問題点などが説明され,弘前大学教職大学院・青森県教育委員会の先生方は,自治体の規模・環境の違いを考えどのように連携をしていくかを検討されていました。

投稿者:   日時:13:02 | パーマリンク