本学連合教職大学院の魅力を伝える紹介動画が完成!

 この度,本学連合教職大学院の紹介動画が完成しました。(※画像をクリックすると,YouTube 大阪教育大学公式チャンネル「OKUChannel」へ移動します。)

●連合教職大学院紹介2019 (ダイジェスト版)

●連合教職大学院紹介2019

 高度専門職業人の養成に特化した専門職大学院の中でも,実践的指導力を備えた教員養成を目的とする教職大学院は,近年徐々に設置数が増えてきており,国私立で54大学院(平成31年度4月時点)が設置されています。
 本学連合教職大学院は大阪教育大学,関西大学,近畿大学の連合で平成27年度に設置し,多くの修了生を輩出してきました。そして,変化し続ける社会,多様化する学校教育の課題に応えていくため,平成31年4月に改組を行い,1専攻4コースへと拡充し,さらに多様化し続ける学校教育の課題に即応できる教員の養成を目指しています。

 改組により生まれ変わった本学連合教職大学院について,当ブログをはじめ,様々なところで発信しているところですが,この動画をご覧いただければ,本学連合教職大学院の概要をはじめ,本学連合教職大学院で学ぶ院生の様子,彼らが教職大学院で学ぶ理由をお分かりいただけると思います。

 教員をはじめ,修了生や現在学んでいる院生にも多数協力いただいて完成いたしました。
 是非ご覧いただき,本学連合教職大学院の魅力に触れてください。そして,授業公開等,本学連合教職大学院の学びを体験いただける機会もご用意しておりますので,少しでも気になる方はぜひご活用ください。

投稿者:   日時:13:53 | パーマリンク

授業「グローバルリテラシー」で,ベトナムからの外国人研究者・修了生と共に学ぶ

 10月24日(木),天王寺キャンパス中央館416講義室で実施される「グローバルリテラシー」という授業で,外国人研究者・修了生とともに学ぶ院生の様子を取材しました。

 本教職大学院のスクールリーダーシップコースでは,院生が専門的かつ多元的に学びを進めることを目的とした5つのコースプログラムを用意しており,この「グローバルリテラシー」という授業は「グローバルスクールプログラム」の1科目に位置づけられてます。

 この授業では,2ヶ月間,ベトナム・ホーチミン市師範大学から本学へ派遣されている3名の外国人研究者と院生がグループを組み,教科連携でグローバルな課題を扱うCLIL(内容言語統合型学習)の授業づくりをしています。講義はおおむね英語で行い,思考場面では得意な方の言語を使う,バイリンガル形式で授業が進みます。

 この日の授業の前半では,外国人研究者から,「ベトナムの小学校教育の紹介ー日本の教科書から学ぶ目的でー」というテーマで,数学・理科・美術の教科書を取り上げたプレゼンテーションを行ってもらいました。11月には,日本の理数や国語教育を英語で聞いてもらいます。

 プレゼンテーションの後は,グループに分かれて気付きや疑問を院生が外国人研究者に投げかけたり,熱心に意見交換をしていました。

 また授業の後半では,教育実践力開発コースを修了した梶谷真希さん(現在,関西学院大学初等部 教諭)をお招きし,「カナダの初等教育とCLILの実践」というテーマで,自身の留学経験をもとにカナダの教育の様子を日本と比較しながらプレゼンテーションをされました。

 自身が経験し学んだTESOL(テソル,Teaching English to Speakers of Other Languagesの略)について,実際に現地の小学校で行ったアクティビティをおりまぜながら受講生に伝えていました。

 こうした本教職大学院で開講している科目は,科目等履修生制度を利用して受講することが可能です。昼間に授業を実施する柏原キャンパス,夜間に授業を実施する天王寺キャンパス,どちらでも受講科目をご用意しており,教職大学院に入学した院生が必ず受講する研究科共通科目も受講できるので,教職大学院での学びを体験いただけます。

【大阪教育大学ホームページ・科目等履修生】
https://osaka-kyoiku.ac.jp/forcandidate/kyomu/kenkyu-kamokutou2.html

 また,冒頭で説明したスクールリーダーシップコースにおけるコースプログラムは,科目等履修生制度とは別に,「履修証明プログラム」という社会人等の学生以外の方を対象とした教育プログラムとしても受講いただけます。本教職大学院では平成31(2019)年度より開設しております。この「履修証明プログラム」では,現在本教職大学院で学ぶ院生と共に受講することができることに加え,修了者に対して学校教育法の規定に基づく履修証明書を交付します。

【連合教職大学院ホームページ・履修証明プログラム】
https://osaka-kyoiku.ac.jp/rengokyoshoku/rishuushoumei.html

 本教職大学院での学びを体験するひとつの方法として,ぜひご検討ください。

投稿者:   日時:16:04 | パーマリンク

最後の教育実践力開発コースRMを行いました!!

 9月27日(金)18:00から,教育実践力開発コースのリフレクション・ミーティング(RM)を行いました。

 まず,院生のコース代表・水野さん(教育実践力開発コース・M2生)が,発展課題実習Ⅱ及び実践課題研究の進捗状況を実習計画書等を通して説明するというこのRMの趣旨確認を行いました。

 その後,4つのグループに分かれ,発表・意見交換等を行いました。彼らが教職大学院生を修了するまでに行う,最後のコースRMであり,どのグループでも活発な意見交換が行われました。

 最後の全メンバーによる振り返りでは,院生のリーダー役の人からは「思考力など抽象的概念の評価に課題がある」「研究内容が分かるよう様な題目を考える」などの反省等がありました。また,教員側からは「各セメスターで取り組んだ内容の積み重ねが見えにくい」「報告書では実践過程を示すことが大切である」「児童生徒の変容にも触れてはどうか」などの指導助言がありました。

 修了まで残りの半年間,各自の研究目的を見据えて,有意義な実践課題研究ができるよう,悔いのない院生生活を過ごしてほしいと思います。

投稿者:   日時:21:26 | パーマリンク

第4回関西指導主事フォーラムを開催!!

 平成30年10月20日(土)13時から,大阪教育大学天王寺キャンパスにおいて,第4回関西指導主事フォーラムを開催しました。大変お忙しい中,参加していただきました皆様方には,心からお礼を申し上げます。
 さて,第1部は森田英嗣理事の挨拶で始まりました。その後,兵庫教育大学理事・副学長の米田豊先生に「これからの指導主事への期待-学校,先生への共感から分析へ-」というテーマで講演をしていただきました。参加者からは「指導助言のあり方や研究授業の意義等大変勉強になりました」「子どもを真ん中において進めるテイクという指導主事の方針。その通りと思いました」などの声をいただきました。
森田理事の挨拶

米田豊兵庫教育大学理事・副学長

 第2部では,3つの分科会に分かれました。それぞれ次のようなテーマに従って話題提供がありました。
 第1分科会では,「大阪府・大阪市・堺市の教員としての資質の向上に関する指標について」と題して,連合教職大学院の教育実践コーディネートコースの院生代表3名が科目「行政研修の企画・運営」という講義の学びの一環として,調査した指標の特徴等を挙げて説明しました。
第1分科会の様子

第1分科会の様子

 第2分科会では,「大阪府の先生の力も引き出す教育センターの取組みについて」と題して,大阪府教育センターの主任指導主事である戸出克彦様から「大阪府教員等研修計画」をもとに,学び続ける教員について話題提供をしていただきました。
第2分科会の様子

第2分科会の様子

 第3分科会では,「学校・先生の力を引き出す教育政策について」と題して,大阪府吹田市教育員会の主幹・指導主事である山口亮一様から吹田市における学校・先生の力を引き出すために,教育行政からのアプローチや教育施策について,話題提供をしていただきました。
第3分科会の様子

第3分科会の様子

 参加者からは「他市の取組を聞くことができて,参考になった」「自治体の垣根を越えて話ができるので面白かった」などの声をいただきました。
 フォーラム終了後のアンケートからは「指導主事として何をしていかなければならないか改めて考えるよいきっかけとなり,よい刺激となりました」「他市の指導主事の方と交流することができ,大変よい機会になりました」などの声をいただきました。
 大変お忙しい中,講演や話題提供をしていただいた講師の皆様方,本当にありがとうございました。
 また,フォーラムに参加していただきました皆様方には,本フォーラムにおいて主体的に学ばれたことがネットワークの構築に繋がるとともに,参加者自身の資質向上に役立ち,学校や先生の「ええとこ」を伸ばすための教育施策に,少しでも役立つことを願っています。本当にありがとうございました。

投稿者:   日時:17:08 | パーマリンク

教育実践力開発コース コース全員でRM!

 9月29日(土)午後1時05分から午後4時30分まで,教育実践力開発コースのコースRMを実施しました。

 はじめに,4つのグループに分かれて,一人につき6分の発表と7分の質疑時間が与えられました。院生は実習の手引きに示された学校実習の到達目標に向かって,自身がどのような実習に取り組むのか(院生によっては,取り組んだのか)について,実習計画書等に基づいて発表しました。発表ごとに,よりよい実習に繋げるために,教員及び他の院生から意見等をもらいました。


            【各グループの発表の様子】

 その後,1つの教室に集まり,全体会として各グループの振り返りをしました。

            【全体会での振り返りの様子】

 M2生にとっては,実践課題研究報告書の完成に向けた最後の実践の場です。実習校の児童生徒の学習がより充実するような実習をしてください。

投稿者:   日時:19:30 | パーマリンク

学校実習前の学習会

 5月26日(土)午後1時05分から,教育実践力開発コースの院生が,基本学校実習Ⅰに臨む前の心構え等について学習しました。

 まず,岡先生から,「学校現場に入る際の心構え2」として,改めて,学校を観る観点等についての説明がありました。コミュニケーションの大切さや人間関係の大切さを強調されていました。

 次に,庭山先生から,「”支援する”とは?」として,発達障害についての基本事項や,児童生徒を支援するためにポイントとして①児童生徒の困難さに気づく②どういう工夫をしたらできるのかという2点について説明がありました。

 参加した院生からは,「まず,相手の意見を尊重する大切さが理解できた」や「叱るや怒る行動よりも,児童生徒のいい所を見つける事が大事だとわかった」などの声がありました。

 基本学校実習Ⅰでは,時間にして,60時間以上の実践に取り組みます。実践と理論との融合ができるよう心掛けるとともに,実習をさせていただく学校の児童生徒の成長を願って,教職員の教育活動の一部に参画してください。

投稿者:   日時:14:33 | パーマリンク

コースRMを行いました!!(IN 教育実践力開発コース)

 1月6日(土)午後4時40分から,本年度最後の教育実践力開発コースのコースRMを行いました。内容は,第2セメスターで行った基本学校実習Ⅱの取組を中心に,実践課題研究に向けての展望を他の院生等に向けて発信するものでした。院生を4つのグループに分け,一人8分の発表,約16分の質疑応答の時間が割り振られています。また,各グループの活動終了後,全体の振り返りも行いました。

 全体の振り返りでは,院生からグループで特に話題になった事,例えば,「グループワークの校種による違い」,「実践研究としてのゴールの不明確さ」など教員から指摘された事の報告がありました。また,教員からは,「教育活動と研究活動の2つをこれからも追究してほしい」,「研究活動の対象や目的などが明確になるテーマを考えてほしい」などの指導・助言がありました。

 年が明けての早々のコースRMでしたが,院生はしっかり準備をしていたと思います。残りの期間を悔いのないように学びを続けてほしいです。

投稿者:   日時:12:51 | パーマリンク

M1生が基本学校実習Iの振り返りをしました!!

 7月8日(土)午後4時40分から,M1生が第1セメスターで取り組んだ基本学校実習Iについて,RM(リフレクションミーティング)を行いました。なお,今回の実習の目的は2つです。実習校を知る事と実習計画書のテーマに関連した実習校の取組について学ぶ事でした。

 M1生は4グループに分かれ,学んだ事を発表し合いました。教員からは学校を知ることは生徒を知ること,もう一段深い取組みが必要である事や,誰の解釈も同じになるよう言葉の定義をしておこうなどの指摘がありました。

 M1生の皆さんには大学院で学んだ理論と基本学校実習Iの経験や体験等で学んだ事を融合していただくことを期待しています。

投稿者:   日時:16:33 | パーマリンク

M2生によるコースRMを行いました!

 6月23日(金)午後6時から,教育実践力開発コースに在籍する2回生がRMを行いました。

 内容は,発展課題実習Ⅰの内容と実践課題研究報告に向けた状況を発表し,他の院生や教員から指導・助言をいただくものでした。今後も実践課題研究活動を着実に進めていただき,来年4月には教員となって巣立っていってほしいと心より願っています。

 なお,今回はGoogleClassroomを活用して,院生間で振り返りした内容を共有するという新しい試みにも挑戦しました。

投稿者:   日時:13:14 | パーマリンク

教員採用選考試験合格に向けて,こんなことにも取り組んでいます!!

 5月26日(金)午後6時からM1の教育実践力開発コースの院生を対象に『模擬面接の振り返り』を行いました。これはもうすぐ始まる『教員採用選考試験』の対策の一環として実施しました。このために,22日・23日・26日の3日間をかけて,全教員が面接官になり,本番さながらの質問等に回答する院生の姿をiPadで記録しました。

 『模擬面接の振り返り』では,その記録を院生自身が自分の場面も視聴できるようグループ分けを行い,各グループでは,コース担当教員と視聴するとともに,面接の内容について講評し合いました。その後,グループごとに,「最も良かった人の最も良かった場面」を選び,最後に,その場面を全員で視聴しました。なぜ,その場面を選んだかのコメントが適切にされており,個人面接の参考になったのではないかと思います。

 教育実践力開発コースの院生には長丁場の教員採用選考に向け,体調を整え,筆答試験等の準備も併せて行い,合格の栄冠を勝ち取ってほしいと思います。

投稿者:   日時:15:07 | パーマリンク
1 / 212