第2回NITS大賞で,寺嶋准教授が審査員特別賞を受賞

 この度,独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)が実施する事業「第2回NITS大賞」において,本教職大学院の寺嶋 浩介准教授が審査員特別賞を受賞いたしました。

 NITS大賞とは,独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)が、学校をとりまく課題の解決に取り組んだ実践例を広く募集し、表彰・公開することにより、優れた実践例を普及していく事業です。
(引用:独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)HPより)
 今回は,全国各地の学校や教育センターで実践された様々な活動について4部門86件のエントリーがあり,その中から優秀賞・審査員特別賞が選ばれます。今回,寺嶋准教授の活動は「先導的プログラム実践部門」において唯一の受賞となりました。

 2月2日(土)には,東京・丸の内のフクラシア丸の内オアゾ「Hall A」で活動発表会・表彰式が行われ,寺嶋准教授は「ICT推進リーダーの養成 教職大学院と教育センターとの連携」という実践取組について発表されました。

 この取組は,本学教職大学院と大阪市教育センターが連携して,開発・実施した「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラムに関するもので,双方が持つ研修資源(学問的・実践的・人的資源等)を組み合わせたプログラムです。教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力を身につけることを目的とし,教員研修・教職大学院での講義・オンライン研修等を組み合わせた内容となっています。


審査員特別賞の表彰を受ける寺嶋准教授

 表彰式の最後には,審査員の方々から発表全体に対する講評があり,前向きな取組が全国各地で実施されていることに感銘を受けた,いずれの取組も自校だけでなく地域・全国へ広げていってほしい,と評価されていました。


独立行政法人教職員支援機構高岡理事長と優秀賞・審査員特別賞を受賞された皆さま

投稿者:   日時:14:11 | パーマリンク

第3回全体RMを行いました

 2月3日(日)午前9時40分から,全体RMを実施しました。本連合教職大学院の修了生,各教育委員会関係者の皆様,実習先の先生方をはじめ,外部からも多数の参加がありました。お忙しい中,本当にありがとうございました。

 さて,全体RMでは,院生を4つのグループに分け,午前(9:40~12:30)はM1生が,午後(13:30~16:30)はM2生が,これまでに取り組んだ実践課題研究の成果を報告しました。


M1生の発表の様子


M2生の発表の様子

 16:40からの全体会では,堺市・大阪市・大阪府の各教育委員会の代表の方から,「主体的に向き合い,対話したくなる,もっと深く学びたくなる。その内容についての発表があり,大変興味深くうかがった」,「子どもたちに対して,研究がワクワク感を深めるものになっているか。研究を通して子どもたちにどんな力をはぐくむのか。どの子をイメージして研究を深めるのか。という3つの視点で発表を聴かせてもらった」,「今の学校現場のニーズに合った内容の研究発表があり,ありがたいと感じた」などの御言葉をいただきました。

 また,3つのコース長からは,M2生の実践課題研究に対する総括とそれぞれのコースにおける優秀者の発表がありました。最後に,木原研究科主任からは「今日は教育実践の課題と解決に関する語りの舞台になった。これも実習校等の先生方の協力の賜物です」「M1生においては概念規定の甘さがしばしば指摘されていた」「M2生に対しては,PDCAサイクルによって実践研究を発展させた。根拠をもって主張していた」などの言葉がありました。

 なお,本年度のコース優秀賞の3名の方には賞状を贈りました。 (写真左から,学校マネジメント:中田恵理子さん,教育実践コーディネート:安田加弥さん,教育実践力開発:平尾留惟さん)

 修了生の皆さんは,これからの社会を担う子どもたちを育てる教育現場において,日々過ごされると思います。これからも自ら「学び続ける教員」として,ご活躍をされることを祈念しています。

投稿者:   日時:16:58 | パーマリンク

韓国から授業見学に来られました!!

 1月23日(水)午後7時40分からの「学校を基盤とするカリキュラム開発」という木原俊行教授と福永光伸教授が担当する講義に,ソウル教育大学からお二人の先生が来られました。呉成哲教授(Oh Seongcheol)と朴相哲教授(Park Sangcheol)のお二人です。

 授業は,「この講義の目標は何か?」,「今日の授業で取り組むべき内容は?」という木原先生からの問い掛けに,受講生がお二人の先生に説明する事から始まりました。院生は9つのグループ分かれて主体的なグループ活動を行い,最後にグループの代表が本日の取り組んだ内容を報告しました。

 お二人は,院生が与えられた課題に対して主体的に取り組んでいる様子を熱心に見ておられました。

写真左から,朴教授,裴教授,呉教授

 呉教授から「新しい教科を実施することに関する教員の負担感やその負担感は学校段階による違いはあるのか」について質問がありました。院生からは「現職院生の学校での課題をテーマに新教科・領域を構想しているので,やらされているという負担感は少ないのではないか」や「教員の入れ替わりがある中で,教員の意思統一が課題。新しいことをしようという方向に進む教員は半分くらいいればいい。」などの意見がありました。学校段階については「高校では受験という壁があるので,否定的と考える」や「受験の壁はあるが,1・2年生で取り組む事は可能」などの意見がありました。
 朴教授からは学校を中心とするカリキュラムを指導する上で重要と考えている視点について,3つ教えていただきました。1つ目は,教師が学習指導要領の作成に関わって積極的に参加すること,2つ目は学習指導要領が学校の実情にあったものであること,3つ目は開発した学習指導要領を学校現場で意思疎通をして実践しようとする取り組むことであるという事です。そして,最後に,1970年~80年代において学習指導要領に関する韓国で有名な格言も教えていただきました。「国家がどんなに優れた学習指導要領を開発しても,学校においてキャビネット(文章を整理する棚)に入れたままでは無用になる」という格言です。この格言の意味をみなさんはどう捉えますか?

 なお,今年度も通訳として裴光雄教授にご協力をいただきました。ありがとうございました。
 

投稿者:   日時:16:58 | パーマリンク