【院生ブログ】教職大学院の授業から

 私の教職大学院での実践課題研究のテーマは,「対話的な学びに関する授業実践・分析」です。この研究をすすめるにあたり,1回生後期・2回生前期に履修した授業が「学習開発研究/学習開発研究演習(図画工作)担当:松井准教授」です。

 この授業では,シーサー作りや藍染等,さまざまな日本の伝統工芸に挑戦しました。添付している写真は,藍染の一場面です。「子どもの力で輪ゴムを止めるには・・・?」「実は輪ゴムは止めるより外すときのほうが大変」「こんな道具で色をつけたら定着するのか?」等,一つ試しはじめると,次の気づきや新たな発想が生まれ,それをまた試して・・・の繰り返し。いつも90分があっという間でした。中には,「ハート形を入れて染めたら、ハート形になるか?」「角だけ染めたらどんな模様ができるか?」等,子どもとの「対話」につながるのでは?!という具体的な問いが生まれることもありました。ここで大きく膨らんだイメージは,実際に現場での「食紅を使った折り染め」の授業実践にも発展しました。
藍染の様子

 教職大学院と学校現場の両立はなかなか大変ですが,ここでの表現活動や対話は「面白い!」「子どもと一緒にやってみたい!」というワクワク感に満ちていて,いつもパワーをいただいていました。授業は終わってしまいましたが、これからも子ども一人ひとりの多様な学びのあり方を大切に,残る半期の研究活動に取り組みたいと思います。松井先生,どうもありがとうございました!

投稿者:   日時:21:45 | パーマリンク

【院生ブログ】「校種・教科・年齢・経験」横断的な視点から広がる思考と視野 ~わたしが見つけた教職大学院の魅力〈その1〉~

 こんにちは。今日は,教職大学院の魅力〈その1〉についてお伝えしたいと思います。

 私には,「コレ」という専門教科はございません。大学院に来られる方の多くは,自身の専門となる教科を持っておられます。ですが,教職大学院では私のように専門教科がなくても,さまざまな教科・領域の専門について学べるチャンスがあります。もともと,教科等横断的な視点から研究をしたいという思いがあったので,『広領域』という領域があることに魅力を感じ,受験を決意しました。

 私は,この前期の授業で「カリキュラム・マネジメント」や「教育課程」といった必修科目だけでなく,「作曲」「合唱」「小学校英語」「工芸」というように多岐に渡る教科の専門的学びを得ることができました。専門的な学びに触れ,学びの地図をどんどん広げていくことは教師自身もすべきなのではないでしょうか。それが「社会に開かれた教育課程」の実現に繋がると考えています。

 自身の研究テーマに沿った学びと同時に「教育」の世界観を広げ,さまざまな切り口から「教育」をみてみることも面白いとは思いませんか?

教職大学院の魅力

教育実践力コース(身体と表現:広領域) 阪下真美

投稿者:   日時:22:52 | パーマリンク

ZOOMを用いたICT推進リーダー養成プログラム研修を実施しました。

 8月20日(木)に,大阪市教育委員会との連携事業である「ICT推進リーダー養成プログラム研修」の第10回目~第12回目を,ZOOMを用いたオンラインで実施しました。

 今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり,初回から第9回までは,オンデマンドによる研修となっていましたが,今回,オンラインではありますが,初めて対面(同時双方向)での実施となりました。
ZOOMの様子

 研修では,これまでのオンデマンドでの取り組みについて各自で振り返り,その意見を他の参加者と交換しながら,考えを深めていきました。特に,グループディスカッションでは,参加者同士が,ICT活用指導力についての考えや,研修カリキュラムのアイディア,そして,オンライン学習とリアルに対面で行う学習の必要性について,活発に議論を交わしました。中には,学校種が違う参加者の意見について,深く掘り下げて議論する場面もありました。
グループディスカッション

 また,グループディスカッションを通して得た考えは,LMS(学習管理システム)の掲示板を活用し,参加者全員で共有されます。これらが参加者の今後の学びのヒントとして活かされていきます。
グループディスカッション

 今後は,今回の研修の振り返りや,所属校での授業実践・教員研修を経て,ICT推進リーダーとしての力を身につけていきます。

投稿者:   日時:23:01 | パーマリンク

【院生ブログ】子どもの持つ援助ニーズを探る中での学びの深化 ~M1前期授業を終えて~

 私は,この4月から連合教職大学院に入学し,援助ニーズ教育実践コースに在籍しています。京都府公立小学校での勤務を経て,現在は私立幼稚園の管理職として勤務しながら教職大学院に通う,現職教員院生という立場です。

 本年度の前期は,授業科目を6科目(週4日)と,学校実習科目である基本学校実習Iを履修しました。新型コロナウイルス感染症の影響もありましたが,授業科目については,LMS(学習管理システム)やZOOM等を活用してのオンライン授業を中心に展開され,また,学校実習科目では,自身の所属する幼稚園での60時間以上の実習を無事に行うことができました。

 援助ニーズ教育実践コースでは,基本学校実習Iの到達目標として,「子ども個人や子ども集団の援助ニーズに気づき,学校における教育課題との関連を検討すること」と設定されています。学校実習での気づきや学びを,日々の授業の中で重ねながら学ぶことで,子どもの持つ援助ニーズをとらえる様々な考え方・方法を学ぶことができ,自身の学びが深まっていくことを実感しました。

 授業や実習指導等が進み,これまでの教職経験を振り返る中で,「この考え方・方法をあの時知っていれば,~ができたかもしれない」という反省と同時に,「早速明日から生かそう」という明日以降の実践に対する希望も様々な場面で沸きました。

 自身が関心を持つテーマについての実践研究を進めていく中で,教職大学院での学びと日々の実践が,これからの自分自身の教職経験を支える存在になるものと考えます。

 今回はM1前期の様子の概要のお伝えになりますが,今後は,これから教職大学院への入学をお考えの方に少しでもイメージが湧くようなお伝えができるよう努めたいと思います。

援助ニーズ教育実践コースM1 岡部祐輝

投稿者:   日時:13:53 | パーマリンク

【院生ブログ】教育者としての新たな一歩 ~実践と理論の往還の必要性に気づいた前期授業~

【お知らせ】
 本ブログでは,これまで教職員が記事を作成し,教育研究活動やイベントの様子等,連合教職大学院の魅力を数多く発信してまいりました。

 今年度より,在学中の院生の方々にもご協力いただき,教職大学院の受験を検討している方々向けに,教職大学院の実際の姿が身近に感じられ,入学後の姿がイメージできるよう,記事を作成いただくことになりました。

 今後も多くの情報を発信してまいりますので,引き続き,連合教職大学院ブログをよろしくお願いいたします。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 こんにちは!
 私は,大阪府小学校教員として8年間勤務したのち,教職大学院に入学しました。

 現場での経験は,毎日が「学び」であり,子どもたちとともに「驚き」「発見」「創造」する喜びを日々感じていました。その一方で,「多忙」なために理論を追究するまでには至らず,実践あるのみという状態でした。

 今,私は8年間の実践をふり返りながらも,『学習指導要領』や『教育課程』,『カリキュラム・マネジメント』といった視点から理論を深めることができています。そこから新たな気づきを見つけることもできました。

 ‘理論と実践の往還’は,思考回路をさらに広げ,新しい景色を見せてくれます。教師が広い視野を持つことは,これからの教育に欠かせない一つの要素ではないでしょうか。

教育実践力コース(身体と表現:広領域) 阪下真美

投稿者:   日時:19:17 | パーマリンク

オンライン授業に元・教育センター長がゲストティーチャーとして登場

 現在,大阪教育大学では,一部の科目を除いた各授業科目について「インターネットを活用した授業」で実施しており,連合教職大学院においてもインターネットを活用した授業が行われており,様々な工夫が盛り込まれています。

 今回は,スクールリーダーシップコース共通科目の「スクールリーダーシップの理論と実践(担当:田村教授)」での活動をご紹介します。
田村教授

 この授業は,現在はZoomを用いたオンライン授業を実施しており,6月16日,23日の2回に渡り,元・大阪府教育センター長である山﨑政範教育委員会・学校連携コーディネーターにゲストティーチャーとして登場していただきました。

 山﨑先生には,16日の授業の中で,大阪府教育委員会教職員企画課の参事として評価・育成システムの制度管理・運用に携わり,管理職への評価育成研修を担当した経験を活かし,教職員の評価・育成システムについてご講義いただきました。
山﨑先生

 翌週23日の授業では,Zoomの機能を使い,グループワークを実施しました。学校種ごとにあらかじめ設定された演習事例に基づき,学校長として教員を評価するロールプレイを行い,院生同士が評価する側,される側の役割を演じる中で,評価の難しさを体験しました。

 院生からは,「山﨑先生の「評価は手段,目的は育成」という言葉が印象に残った」「評価のために,日常における教員間のコミュニケーションを大事にしなければならないと思った」といった感想が寄せられました。山﨑先生からは,「Zoomを用いた授業は対面に比べて空気感がなく,いつも不安になるが,院生が提出する振り返りシートを見ると,しっかりと理解されているようで嬉しく思います」とのお言葉をいただきました。

 連合教職大学院では,これからも各教員が工夫を凝らし,様々な形態の授業を展開していきます。

投稿者:   日時:13:39 | パーマリンク

2020年度「エビデンスベースの学校改革」授業・研修プログラムを開始

 5月16日(土),23日(土)に,ウェブ会議システムであるZoomを用いて,2020年度「エビデンスベースの学校改革」の授業・研修プログラムが実施されました。

 本研修プログラムは,2018年度に独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受けて開始され,大阪市教育委員会と連携して実施してきました。そして,いよいよ今年度より,本学連合教職大学院の授業科目(スクールリーダーシップコース共通科目)と,大阪市教育委員会での研修プログラムの同時開講が始まりました。

 今年度は,スクールリーダーシップコースの現職教員院生25名と,大阪市から研修として受講する教員22名,合計47名が受講します。受講生は1年間にわたって,エビデンスのある教育実践に関する知識や,データの活用方法を学び,それぞれの学校の課題解決に活かしていくことになります。

 第1,2回は,新型コロナウイルス感染拡大防止のため,オンラインでの実施となりました。受講生からは「スライドが全画面に表示されるので見やすく,思っていた以上に集中して受講することができた」「接続するまではどのような感じになるか不安だったが,授業が始まってからはあっという間だった」などの感想が聞かれました。


Zoomで講義を行う庭山准教授

 さらに,講義だけでなく,4~5名に分かれてのグループワークもZoomの機能を活用して行いました。グループワーク後には,全体共有を行い,議論をさらに深めることができました。


参加する受講生の様子

 第1,2回の講義内容をもとに,受講生はそれぞれの学校の課題解決に向けた具体的な計画を立てました。学校再開後,立案した計画をそれぞれの学校現場で少しずつ実行していき,その振り返りを次回の講義・研修において行うことで,講義・研修で得た知識・技能を学校現場の子ども達の成長へと繋げていきます。

投稿者:   日時:13:07 | パーマリンク

授業「グローバルリテラシー」で,ベトナムからの外国人研究者・修了生と共に学ぶ

 10月24日(木),天王寺キャンパス中央館416講義室で実施される「グローバルリテラシー」という授業で,外国人研究者・修了生とともに学ぶ院生の様子を取材しました。

 本教職大学院のスクールリーダーシップコースでは,院生が専門的かつ多元的に学びを進めることを目的とした5つのコースプログラムを用意しており,この「グローバルリテラシー」という授業は「グローバルスクールプログラム」の1科目に位置づけられてます。

 この授業では,2ヶ月間,ベトナム・ホーチミン市師範大学から本学へ派遣されている3名の外国人研究者と院生がグループを組み,教科連携でグローバルな課題を扱うCLIL(内容言語統合型学習)の授業づくりをしています。講義はおおむね英語で行い,思考場面では得意な方の言語を使う,バイリンガル形式で授業が進みます。

 この日の授業の前半では,外国人研究者から,「ベトナムの小学校教育の紹介ー日本の教科書から学ぶ目的でー」というテーマで,数学・理科・美術の教科書を取り上げたプレゼンテーションを行ってもらいました。11月には,日本の理数や国語教育を英語で聞いてもらいます。

 プレゼンテーションの後は,グループに分かれて気付きや疑問を院生が外国人研究者に投げかけたり,熱心に意見交換をしていました。

 また授業の後半では,教育実践力開発コースを修了した梶谷真希さん(現在,関西学院大学初等部 教諭)をお招きし,「カナダの初等教育とCLILの実践」というテーマで,自身の留学経験をもとにカナダの教育の様子を日本と比較しながらプレゼンテーションをされました。

 自身が経験し学んだTESOL(テソル,Teaching English to Speakers of Other Languagesの略)について,実際に現地の小学校で行ったアクティビティをおりまぜながら受講生に伝えていました。

 こうした本教職大学院で開講している科目は,科目等履修生制度を利用して受講することが可能です。昼間に授業を実施する柏原キャンパス,夜間に授業を実施する天王寺キャンパス,どちらでも受講科目をご用意しており,教職大学院に入学した院生が必ず受講する研究科共通科目も受講できるので,教職大学院での学びを体験いただけます。

【大阪教育大学ホームページ・科目等履修生】
https://osaka-kyoiku.ac.jp/forcandidate/kyomu/kenkyu-kamokutou2.html

 また,冒頭で説明したスクールリーダーシップコースにおけるコースプログラムは,科目等履修生制度とは別に,「履修証明プログラム」という社会人等の学生以外の方を対象とした教育プログラムとしても受講いただけます。本教職大学院では平成31(2019)年度より開設しております。この「履修証明プログラム」では,現在本教職大学院で学ぶ院生と共に受講することができることに加え,修了者に対して学校教育法の規定に基づく履修証明書を交付します。

【連合教職大学院ホームページ・履修証明プログラム】
https://osaka-kyoiku.ac.jp/rengokyoshoku/rishuushoumei.html

 本教職大学院での学びを体験するひとつの方法として,ぜひご検討ください。

投稿者:   日時:16:04 | パーマリンク

韓国から授業見学に来られました!!

 1月23日(水)午後7時40分からの「学校を基盤とするカリキュラム開発」という木原俊行教授と福永光伸教授が担当する講義に,ソウル教育大学からお二人の先生が来られました。呉成哲教授(Oh Seongcheol)と朴相哲教授(Park Sangcheol)のお二人です。

 授業は,「この講義の目標は何か?」,「今日の授業で取り組むべき内容は?」という木原先生からの問い掛けに,受講生がお二人の先生に説明する事から始まりました。院生は9つのグループ分かれて主体的なグループ活動を行い,最後にグループの代表が本日の取り組んだ内容を報告しました。

 お二人は,院生が与えられた課題に対して主体的に取り組んでいる様子を熱心に見ておられました。

写真左から,朴教授,裴教授,呉教授

 呉教授から「新しい教科を実施することに関する教員の負担感やその負担感は学校段階による違いはあるのか」について質問がありました。院生からは「現職院生の学校での課題をテーマに新教科・領域を構想しているので,やらされているという負担感は少ないのではないか」や「教員の入れ替わりがある中で,教員の意思統一が課題。新しいことをしようという方向に進む教員は半分くらいいればいい。」などの意見がありました。学校段階については「高校では受験という壁があるので,否定的と考える」や「受験の壁はあるが,1・2年生で取り組む事は可能」などの意見がありました。
 朴教授からは学校を中心とするカリキュラムを指導する上で重要と考えている視点について,3つ教えていただきました。1つ目は,教師が学習指導要領の作成に関わって積極的に参加すること,2つ目は学習指導要領が学校の実情にあったものであること,3つ目は開発した学習指導要領を学校現場で意思疎通をして実践しようとする取り組むことであるという事です。そして,最後に,1970年~80年代において学習指導要領に関する韓国で有名な格言も教えていただきました。「国家がどんなに優れた学習指導要領を開発しても,学校においてキャビネット(文章を整理する棚)に入れたままでは無用になる」という格言です。この格言の意味をみなさんはどう捉えますか?

 なお,今年度も通訳として裴光雄教授にご協力をいただきました。ありがとうございました。
 

投稿者:   日時:16:58 | パーマリンク

神奈川県から視察に来られました!!

 11月22日(木)の科目「校内研修のコンサルテーション」に他府県からの視察者がありました。
 横浜国立大学教職大学院教授・野中 陽一さんと神奈川県立総合教育センター指導主事・持田 訓子さんのお二人です。お二人の話によると,「スクールリーダー育成に関わる講義」や「指導主事の育成に関わる講義」の状況を学ぶために,視察に来たという事でした。
 なお,今日の講義は,ゲストティーチャーとして大阪市教育センター指導主事・井上 伸一さんを招き,校内研修に関わる指導主事の業務の一環と現場での様子を直接,現役の指導主事から学ぶ内容でした。
「校内研修のコンサルテーション」大阪市教育センター指導主事井上伸一さん

「校内研修のコンサルテーション」授業風景

「校内研修のコンサルテーション」視察に来られたお二人と木原研究科主任

 野中さんからは,「現場の人がいることが学びになる」という言葉をいただきました。お二人は遠いところお越しいただきありがとうございました。また,井上さんも遅くまでご協力を賜り,ありがとうございました。

投稿者:   日時:12:49 | パーマリンク
1 / 3123