第45回全日本教育工学研究協議会全国大会(島根大会)で本学教員・院生・研究生が発表

 10月18~19日の2日にわたって,第45回全日本教育工学研究協議会全国大会(島根大会)が開催されました。「日常的なICT活用が拓くクリエイティブな学びを目指して」というテーマで,全国の教育工学研究者や教員現場の方々,教育情報化関連企業の方々が参加・発表を行われました。

 そのうち,2日目の研究発表において,本教職大学院の院生・研究生が各々の実践研究をもとに発表を行いました。


「学校情報化の取組を通じた学習意欲向上へのアプローチ」
斉田俊平さん(スクールリーダーシップコース,現職院生,M1生)


「中学校社会科における地域資源を活用した授業実践」
南迫勝彦さん(教育実践力開発コース,現職院生,M2生)


「高等学校における遠隔合同授業の試行-京都府北部の高等学校における学舎制導入へ向けて-」
中根新先生(京都府立網野高等学校,平成30年度本教職大学院研究生※)
安見孝政先生(京都府立宮津高等学校,令和元年度本教職大学院研究生※)

※京都府現職教育職員長期研修を利用して,本教職大学院に研究生として所属。

 また,「AIによる授業のアクティブ度の把握と指導改善」というテーマで授業映像の分析結果を活用する方法について,本教職大学院の板垣翔大特任講師がワークショップを実施されました。

 2日目の最後のプログラムのトークセッションには,「2030年への展望を見据える」というテーマで,本教職大学院の木原俊行教授が登壇されました。

 発表された方からは「今回の機会において,昨年度から今年度にかけて取り組んできた研究成果と課題について発表させていただき,多くの方々との交流を通して今後の研究に向けた示唆を得ることができました。」との感想をいただきました。
 今後も,教員や院生,研究生,本教職大学院に関わる方々の研究活動について,発信してまいります。

投稿者:   日時:19:57 | パーマリンク

令和元年度日本教育大学協会研究集会で教員・修了生が発表

 10月5日(土)岡山大学において,令和元年度日本教育大学協会研究集会が開催され,本学教職大学院の教員や修了生が多数発表を行いました。この研究集会は,教育者養成の理論と実際に関する調査研究等を発表し協議することによって,我が国の教育振興に寄与することを目的に開催されるものです。

 午前中の全体会の中では,パネルディスカッションが行われ,本学教職大学院の石川聡子教授が「学校インターンシップ導入と教育実習の制度改革による教職実践力の育成へ」というテーマで本学学部の実習制度改革について発表されました。

 午後は,複数の分科会に分かれて発表が行われ,本学教職大学院からは,3名の修了生が本学教職大学院の教員とともに,連合教職大学院での学校実習や実践課題研究の過程・成果を発表しました。


新家秀雄さん(教育実践コーディネートコース平成31年3月修了,茨木市教育センター 主査)
発表テーマ:外国語教育推進リーダーの校内研修支援に関する実践的研究―プロセスモデルの作成と活用を通して―

木原俊行教授とともに発表。


近藤利之さん(教育実践コーディネートコース平成31年3月修了,大阪府教育庁 指導主事)
発表テーマ:授業改善に関わる指導主事を支援するパッケージの開発―目標と指導と評価の一体化に関わる教員研修を題材として―
木原俊行教授とともに発表。


岩﨑千佳さん(教育実践コーディネートコース平成31年3月修了,大阪教育大学附属平野小学校 主幹教諭)
発表テーマ:創造的実践力の評価の視点と方法の開発―「未来そうぞう科」の実践を通したモデルの作成―

 本学教職大学院の教員では,田中滿公子特任教授が「教師のライフコースの実践的研究―共に学び,共に育つ―」というテーマで,自らのライフコースの事例をもとに実施した他の教育研究者・教育実践者との研究を取り上げ,本発表で更に考察を深めて発表を行われました。

 また,実務家教員が長年培った実践知(経験知)を教材化する取り組みについて,「学校実践知の教材開発プロジェクト―実務家教員による教材作成―」というテーマで,本学教職教育研究センター・和田良彦教授と本学教職大学院・糸井川孝之教授が発表されました。

 その他,本学からは,教職教育研究センター・島﨑英夫教授による「教員養成とへき地・小規模校実習―響働実習の始動―」,科学教育センター・片桐昌直教授他による「コア・サイエンス・ティーチャー養成事業の海外展開としてのEDU-PORT事業」という発表や,教育協働学科健康安全科学講座(学校危機メンタルサポートセンター兼担)・後藤健介准教授他による「安全・防災教育プログラムの開発プロジェクト(第5報)―HATOプロジェクトデジタル教材の普及システムについて―」というテーマでのポスターセッションもあり,それぞれ参加者の方と意見交換を行っていました。

投稿者:   日時:11:43 | パーマリンク

「エビデンスベースの学校改革」公開研修会を実施

 8月21日(水),天王寺キャンパスにおいて「エビデンスベースの学校改革」公開研修会を開催しました。これは,大阪市教育委員会との連携事業である,「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムの今年度の第3回にあたるもので,その成果を広く周知するために,公開研修会として開催しました。
 会場には総勢160名を超える方々にお集まりいただき,その中には大阪市内の学校教員だけでなく,教育委員会事務局の顧問や区長といった地域の教育行政をつかさどる教育委員会関係者の方もお見えになりました。
会場の様子

 まずはじめに,本学の庭山和貴特任准教授より,本研修プログラムについての簡単な説明と,研修の基盤となる「エビデンス」についての講義をいただきました。その中で「エビデンスベースの学校改革は手段・枠組みであり,子どもたちにこんな姿になってほしい,という目的が大切である」と述べられました。
庭山先生

 その後は,昨年からエビデンスベースの学校改革に取り組まれている7校の大阪市内の小中学校の先生方からの実践報告が行われました。それぞれの学校での取り組みを,工夫した点や今後の課題を交えながら発表し,各校の取り組みについて,庭山先生と同じくポジティブ行動支援の研究者である本学の野田航准教授が解説を行いました。それぞれの取り組みによって,学校が変わっていく報告に,来場された方々は熱心に聴き入っていました。
発表の様子

発表の様子

野田先生

 後半は,本学連合教職実践研究科の木原俊行教授,岡田和子特任教授による,「全国学力・学習状況調査の活用」をテーマとした講演が行われ,全国学力・学習状況調査の内容を再確認し,さらにその結果をエビデンスとしてとらえ,どのように授業改善や学校改革に活かしていくのかを述べられました。
木原先生

岡田先生

 参加した方からは,「まずは子どもの意識と教職員の意識のズレを検討するところから始めたい」「ポジティブフィードバックを組織的に行えるように2学期から取り組みたい」「組織として学校改革を図り,子どもの達成感,成長につなげていきたい」「チームで全国学力・学習状況調査の分析をし,本校の課題にあった取り組みは何か考えていきたい」などの声が寄せられました。今後もこの事業を続けることで,大阪の教育の発展に寄与していきます。

投稿者:   日時:15:12 | パーマリンク

実践研究フォーラム2019を開催しました!!

 8月19日(土)13時から,第3回目の開催となる「実践研究フォーラム2019」を開催しました。
 このフォーラムは,修了生が学校あるいは行政の現場で優れた実践者であるとともに研究を続けることを期待し,「修了生の親睦を深めるとともに,実践的な研究成果を発表,交流する機会を設け,教職大学院修了後の研究活動を支援する」ために実施しています。修了生には大変お忙しい中,参加していただき誠にありがとうございます。改めて,御礼申し上げます。

 まず初めに,ゼミ別交流会を実施しました。これは,指導教員と修了生・現院生との親睦等を目的として行われました。最初は,現院生も初めて会う修了生を前に緊張した面持ちでしたが,修了生の多様な話を聞いて打ち解けた様子でした。

 次に,全体会です。まず,木原俊行研究科主任から「改めて,修了生にとって,学び直しの機会にしてほしい」などフォーラム実施の趣旨について話がありました。

 今年の講演は「”Teacher Agency”が支えるフィンランドの教育最先端から」をテーマに,柏木賀津子教授が担当されました。最初に簡単なフィンランド語の紹介があり,会場は和やかな雰囲気とともに講演に聴き入りました。まず,日本とフィンランドの教育の違いやフィンランドの教育改革やFunctional Learningとグループスキルの育成を狙いとした授業などの話がありました。最後に,「教師のTeacher Agency(運営行為への価値観)を変容される要因は何か」について問題提起をされました。

 休憩後は,田中滿公子教授の挨拶の後,ラウンドテーブル形式で6つのグループに分かれました。

 テーブルごとに1名の修了生から教職大学院時代に取り組んだ実践的研究についての現状や新たな取組状況を報告していただき,意見交流等を行いました。併せて,他の修了生からは職場における現状を困り感も含めて話をしていただきました。


発表する修了生の様子

 最後に,振り返りの全体会です。各テーブルではどのような内容の意見交流があったかの報告がありました。振り返りのまとめとして,餅木哲郎教授から「この会には最新の教育情報を伝えるという趣旨もあり,フィンランドの教育事情を報告していただいた」「ラウンドテーブルでは熱心に意見交流をしていただいた」というメッセージが送られました。

 最後には,1時間程度,学園ホール会議室にて懇親会を実施しました。修了生や現院生,教員が様々な話に花を咲かせていました。

 引き続き,多くの修了生と教員及び現院生との交流が行われるとともに,教職大学院修了後の学びのコミュニティが形成されることを願っています。
 皆さん,大変お疲れ様でした。このフォーラムから新たなエネルギーを受け取り,日々の生活をより有意義なものにしていきましょう。

投稿者:   日時:16:44 | パーマリンク

「エビデンスベースの学校改革」研修プログラム(第2回)を実施

 7月25日(木),大阪教育大学天王寺キャンパスにおいて今年度の「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムの第2回が実施されました。

※「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムとは…
 2018年度に独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受けて開始されたもので,大阪市教育委員会と連携して実施。2018年度の成果をさらに向上・持続的なものとするべく,2018年度の研修参加校を引き続き主な対象としながら,より高度な研修を開発・実施することを目的とする。2019年度は大阪市内の小・中学校から24名の教員が受講。

 第2回となる今回の研修では,『校内の意思決定にデータを活用する―問題解決型の会議とは―』というテーマで実施しました。学校ごとに1学期に取り組めたことを振り返り,実際のデータを見ながら,2学期以降の進め方について考える演習を行いました。今年度の研修目的の1つである「データを活用したPDCAサイクルの確立」のための,C(check)・A(action)にあたります。
 また,8月21日(水)に実施する公開研修会の準備を学校ごとに分かれて行いました。

 「エビデンスベースの学校改革」に関する公開研修会は,8月21日(水)に大阪教育大学の天王寺キャンパスにおいて実施します。すでに多くの方からのお申込みをいただいており,受講生も当日に向けて準備を進めてまいります。

投稿者:   日時:22:21 | パーマリンク

堺市教育委員会との連携事業のご紹介

 本学連合教職大学院では,教育委員会と協働し,様々な取り組みを行なっています。今回はそのうちの1つをご紹介します。

  文部科学省2019年度教員の養成・採用・研修の一体的改革推進事業
    「指標を活用した研修の計画・実施・評価システムの開発」

 この事業は,堺市教育委員会と協働で取り組んでおり,学校現場における教員の育成指標の浸透や指標を踏まえた研修の改善をねらいとして育成指標と連動した行政研修の計画・実施・評価のシステムを構築します。

 その最初のステップとして,7月25日(木)に堺市教育センターで行われた,学校園管理職及び主幹教諭・指導教諭を対象とする行政研修の充実に取り組みました。
 まず,本学連合教職大学院の木原俊行教授が,センターの指導主事と協働で,育成指標の内容を踏まえた,研修活動をデザインしました。
研修を行う木原教授

研修の様子

 また,研修の前後に育成指標の内容をルーブリックに具体化し,研修時にそれに基づく自己診断,研修評価アンケートを実施しました。さらに,研修における学びの活用も確認していきます。それらのデータを集約し,研修を評価し,改善する仕組みを整えていきます。
研修評価アンケートの実施

 9月以降も数回,このようなプロセスでの研修の計画・実施・評価を重ねます。そして,その成果を報告書や「研修の計画・実施・評価システム」手順書としてまとめ,堺市教育委員会をはじめとする大阪府内の教育委員会や全国の教職大学院に提供していきます。

投稿者:   日時:22:42 | パーマリンク

「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラム研修の3年目がスタートしました

 6月20日(水),大阪市教育センターにおいて,「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラム研修の第1回が開催され,大阪市の公立学校教員17名が参加しました。

 本事業は,連合教職大学院と大阪市教育センターの研修資源(学問的・実践的・人的資源等)を組み合わせて,教員が<教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力>を身につけることを目的として実施され,今年で3年目になります。

 第1回となる今回は,受講生が自身のICT活用指導力のチェックを行ったり,教育の情報化の歴史や基本的な概念を学びました。また,本研修で利用する,WEB上での課題提出や質疑応答が可能となる教育・学習活動支援システムである「大阪教育大学Moodle2019forClass」の利用説明が行われました。
研修の様子

 また,研修の最後には,2年前に本研修プログラムを修了した学校教育ICT推進リーダーが会場を訪れ,研修を進める上での心構えや,学校教育ICT推進リーダーとしての現在の活動などを話してくださいました。
修了者の話①
修了者の話②

 今後は,約半年をかけて,模擬研修や発表,自校での校内研修などを行いながら<教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力>を身につけていきます。

投稿者:   日時:21:45 | パーマリンク

「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムを実施しました

 5月25日(土),大阪教育大学天王寺キャンパスにおいて2019年度の「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムの第1回が実施されました。

 この研修は,昨年度に独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受けて開始されたもので,大阪市教育委員会と連携して実施するものです。昨年度の成果をさらに向上・持続的なものとするべく,昨年度の研修参加校を引き続き主な対象としながら,より高度な研修を開発・実施することを目的としています。2019年度は大阪市内の小・中学校から24名の教員が受講されます。

 第1回となる今回の研修では,『「データ」に基づいて今年度の取り組みについて考える ―「データに基づく意思決定」を実現するために―』というテーマで,昨年度の取り組みを振り返りつつ,現状の課題の整理を行い,最終的には今年度の行動計画を作成しました。

 大阪市教育委員会との協力で設置している「大阪市教員養成協働研究講座」の教員も参加し,受講生同士の議論の場に示唆を与えられ,活発な意見交換となっていました。

 また,今回は本学初等教育講座の野田 航准教授のご協力のもと,エビデンスに基づく学習指導に関する講義で研修の内容をさらに深めました。

 受講生は今後も複数回の研修を重ね,持続的なシステムとできるよう取り組んでいきます。今年度は8月21日(水)に公開研修会として,研修受講生からの取り組みに関する報告会も予定しています。

投稿者:   日時:15:18 | パーマリンク

教員養成共同研究コミュニティ第1回研究会を開催しました

 令和元年5月21日(火)15時より,教員養成共同研究コミュニティ第1回研究会を開催しました。

 このコミュニティは,大阪における教員養成の高度化を目的として,大阪府内の教育委員会と連合教職大学院が共同して,「教員養成(現職教育を含む)」をテーマに,オール大阪で取り組む共同研究体です。
教員養成研究コミュニティのイメージ

 今回の研究会では,教育委員会と連合教職大学院の関係者25名が集まり,大阪府内の教員育成協議会の議論や,その成果である教員の資質及び能力の育成指標の内容を共通理解するため,各教育委員会が,それぞれが作成した「育成指標」について報告し,相互批評を行いました。

 また,研究会の後半では,本学の教員と各教育委員会の方々とが3つのグループに分かれ,育成指標をどう活用していけるのか,について意見交換を行いました。
意見交換の様子

 今後は,さらに研究会を積み重ね,教育委員会指導主事を対象としたフォーラムの開催(11月16日(土)午後開催予定)や,研究報告書の作成に取り組んでいきます。

投稿者:   日時:19:26 | パーマリンク

連合教職大学院FD&SDを実施しました。

 3月7日(木)午後4時から,FD&SD事業の一環として,研修会を実施しました。研修会は2部構成で,そのうちの第1部はSD事業としても実施され,教員だけでなく職員も参加しました。また,今回の会場は天王寺キャンパスでしたが,テレビ会議システムを利用することによって,柏原キャンパスからも研修に参加いただくことができました。

 第1部は,「教育委員会との連携」をテーマに実施しました。
 まず,庭山和貴准教授から独立行政法人教職員支援機構(NITS)の支援事業として大阪市教育委員会と連携して取り組んでいる「教育委員会との連携による『エビデンスベースの学校改革』研修プログラム開発・実施」について,報告がありました。主な内容はエビデンスの定義や研修プログの内容(1.エビデンスを学ぶ 2.エビデンスを使う 3.エビデンスをつくる),課題としては研修プログラムの持続性などについてでした。

 続いて,京都府の制度を活用して寺嶋浩介准教授の指導を受けておられる中根新先生(京都府立網野高等学校)から,この一年間研究された「遠隔合同授業の実施に向けて」というテーマで報告がありました。主な内容は,遠隔合同授業の導入に向けて必要と思われる内容の調査や今後検証していかなければならないことなどについてでした。

 寺嶋准教授からはNITSが実施した「第2回NITS大賞」で審査員特別賞を受賞された「ICT推進リーダーの養成~教職大学院と教育センターとの連携」をテーマに報告がありました。主な内容は,教職大学院の授業科目「ICT環境の活用」と大阪市教育センターの「ICTフロンティア研修」の一部を合同で実施したときの成果についてでした。

 第1部の最後は,寺嶋准教授から報告のあった講義を受講された斉田俊平先生(大阪市立城北小学校)から,「課題を抱える学校においてICT活用を活性化するためのアクションリサーチ」をテーマに報告がありました。主な内容はICT環境の新たな整備や情報モラル教育の推進など現任校で取り組まれている事項の成果や今後の課題についてでした。

 第2部は連合教職大学院における『今年度の事業及び研究成果の報告』をテーマに行いました。深野康久教授から部局活性化経費活用事業で取り組まれた「学校実践知(経験知)の教材化・開発-実務家教員の経験知を活用するために-」をテーマに報告がありました。主な内容は,教職大学院に勤務するいわゆる実務家教員がチームを編成して,教員として培った経験知を教材化したことについてでした。その後,4つにグループ分かれ,各人から今年度の事業及び研究活動の成果を報告しあい,相互理解を深めました。

 今後も私たち教員の資質向上に向けて,様々な事に取り組んでいきたいと思います。

投稿者:   日時:21:00 | パーマリンク
1 / 3123